今年の梅雨はドライで行こう!

旅プロが指南する雨対策のノウハウ#5:’20注目&おすすめレイングッズ

  • 2020/7/4
旅プロが指南する雨対策のノウハウ#5:'20注目&おすすめレイングッズ

ライダーにとっては憂鬱な、梅雨の季節。雨にも負けず走り回るのが真のライダー(笑)だが、とはいえやはり濡れずに快適に走りたいもの。また安全に走るためにも雨対策は重要なポイントだ。ここではそんな雨対策の秘訣を解説しよう。本記事では’20年の注目&おすすめのレイングッズを紹介する。

ストレッチパーカージャケット SDW-9104[NANKAI]

ストレッチパーカージャケット SDW-9104[NANKAI]

ストレッチ生地でどんなシーンでも動きやすいストレッチパーカー(パンツ付き)。ライディングジャケットとしてはもちろんのこと、普段着からアウトドア、緊急時のレインウエアとしても使える。耐水圧は10,000mm、透湿5,000g/㎡・24hrで、激しい雨でも十分なスペックだ。●価格:9020円

ウォーターシールド バイカーZIPパンツ ルーズフィット[ラフ&ロードスポーツ]

ウォーターシールド バイカーZIPパンツ ルーズフィット[ラフ&ロードスポーツ]

防水透湿仕様のパンツ。ルーズフィット仕様でノーマルよりもゆったりと履ける。多種多様なポケットと快適なベンチレーションを両モモに備えている。表生地には強靭なバリアクロスを採用し、パンツ裾のアジャストフラップも兼ねた牛革製ヒートガードも装備。●価格:2万680円

デュアルテックスコンパクトレインスーツ RR5232[ラフ&ロードスポーツ]

デュアルテックスコンパクトレインスーツ RR5232[ラフ&ロードスポーツ]

数あるラインナップのなかで最小(収納時)、最軽量のレインスーツ。手のひらに乗るほどのコンパクト設計だ。小さくても機能は一人前のレインスーツとして必要十分。常時携帯したい人にオススメだ。●価格:8580円

ROMライディングレインスーツ[レッドバロン]

ROMライディングレインスーツ[レッドバロン]

レッドバロンがリリースするレインウェア。最上級のものに採用されているストレッチ素材を採用。耐水圧2万mm。透湿度2万g/㎡・24hという圧倒的なレベルを実現。大雨の中での走行でも安心して走れる性能を実現している。フード取り外し可能をはじめ、袖口Wアジャストも採用している。●価格:1万4850円

ラフレイングローブ RR8912[ラフ&ロードスポーツ]

ラフレイングローブ RR8912[ラフ&ロードスポーツ]

天気に煩わされずに使える全天候型のグローブ。透湿防水素材HIPORAで外からの雨を防ぎながら、体から発せられる蒸気(汗)を排出するという優れた性質に加え、内装を吸汗速乾素材のクールマックスにすることでサラサラな快適さをキープ。左手親指にはシリコンワイパー付き。●税込価格:4378円

フレックスウォーマーグローブ SDG-3305[NANKAI]

フレックスウォーマーグローブ SDG-3305[NANKAI]

雨のライディングに強いコンフォータブルグローブ。レイングローブとしても高機能なデイリーユースタイプ。高い防水・透湿性を持つ「ハイポラ」フィルムを内装している。表素材甲側には、ナイロン550D「コーデュラ」を採用。●税込価格:4070円

VOYAGER GORE-TEX GREY GAERNE[GAERNE]

VOYAGER GORE-TEX GREY GAERNE[GAERNE]

完全防水ではないが、GORE-TEX搭載で防水性、通気性はともに最高水準。スニーカーのように歩くことができ、履き心地も快適。それでいて、基本的なプロテクションは完備している。脱ぎ履きに便利なジッパーは、バイクを傷つけないようシューズの外側に配置。●税込価格:26,950円

DRYMASTER BOA ライディングシューズ[RS TAICHI]

DRYMASTER BOA ライディングシューズ[RS TAICHI]

防水/透湿機能を兼ね備えるドライマスターと、BOAフィットシステムを融合。アウトサイドに配置したBOAリールが操作性を高めている。オリジナルソールを採用し、衝撃吸収材を内蔵したインソールとの相乗効果により、ライディング時も歩行時も抜群の履き心地を実現。●価格:1万9800円

Gベクターライディングシューズ GSM1052[ゴールドウイン]

Gベクターライディングシューズ GSM1052[ゴールドウイン]
街中でも履けるデザインながら、走行時に必要な機能を備える。

今回、雨中+シャワーテストを5分ほど行ったが、浸水はなかった。取材中に突然の雨にも降られ、雨中を20分ほど走ったが、全く靴下は濡れず! ただし、透湿もあって完全防水ということではなさそうなので、豪雨の際は帽子靴下と組み合わせれば最強だろう。●価格:1万7050円

G-MIDLAND GORE-TEX[GAERNE]

G-MIDLAND GORE-TEX[GAERNE]

フルグレインレザーを採用した高級ブーツ。防水耐久性、防風性、透湿性を高度な次元で兼ね備えたGORE-TEXを採用。すね部分には樹脂製のプロテクターを内蔵。ダメージを受けやすいくるぶし、かかと部分にはプラスチック製のプロテクターを装着している。●価格:4万1250円

838 RANGER ツーリングブーツ[ジャンニ ファルコ]

838 RANGER ツーリングブーツ[ジャンニ ファルコ]

フルグレインオイルドレザーをブーツアッパーに使用したブーツ。高性能防水透湿素材「ハイテックス」のブーティーを内蔵して全天候に対応しているのが特徴だ。くるぶし部に衝撃を受けたときにのみ硬度を増す知的衝撃吸収材D3Oを内蔵している。●価格:2万9700円

防水通気靴下 Hytherm Pro socks[DexShell]

防水通気靴下 Hytherm Pro socks[DexShell]
オススメは「ハイクルーソックス」。長めのソックスでふくらはぎまでカバーしてくれる。

メリノウール素材を採用していて、他の繊維と比較しても撥水機能に優れており、足元から出る汗を素早く吸収して蒸発する。肌触りが良く快適に履き続けられる。実際に試したが、外側は濡れても内側は一切濡れなかった。●価格:4175円

※この記事はバイクツーリング専門誌『モトツーリング』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトツーリング

バイクツーリングの専門誌『モトツーリング』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2