YMショートニュース

’19年バイク駐車違反件数が約1万件減少【8年連続減も駐車場整備は依然進まず】

  • 2020/6/8

●まとめ:沼尾宏明
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

’19年の二輪車駐車違反件数は、前年から1万705件減の万2317件(8.7%減)。8年連続マイナスとなり、10県で違反件数が増加したものの、21都道府県で減少。違反件数が最も多かった東京は3万3632件、2位は神奈川の2万7036件で、ともに前年から3000件以上と大きく減少した。

ちなみにクルマを含む駐車違反件数(確認標章取付件数)は前年比8.6%減の110万1499件。そのうち二輪車の占める比率は10.2%で、前年から0.3%減少した。

駐車違反件数は、監視員が導入され、取り締まりが強化された’06年6月から急増。’05年の約11万件に対し、’06年は27万6516件、翌’07年は52万145件にまで達した。これ以降、販売台数減やライダーの自粛もあり、徐々に件数は減ったが、いまだ大都市圏の二輪駐車場は少ない。’19年現在、都内の二輪保有台数約100万台に対し、駐車場は687か所、収容台数は約1万4000台。保有台数のわずか1.4%に過ぎない(四輪は約11%)。違反が減ったのは朗報だが、駐車場不足は依然、課題として残されている。

'19年バイク駐車違反件数が約1万件減少【8年連続減も駐車場整備は依然進まず】

バイク通勤したくても「駐車場がない」という問題も。バイクは省スペースだけに、デッドスペースを活用したパーキングなど様々な方法があるはずだ。写真はスクーター王国・台湾の例。 [写真タップで拡大]

最新の記事