ネオクラの皮をかぶった本格派

’19 トライアンフ スクランブラー1200XC試乗インプレ【最新ネオクラの新境地】

  • 2020/5/30
トライアンフ スクランブラー1200XC

’19年に発売されたトライアンフのスクランブラー1200XCに試乗。ボンネビルT120の脚長版という枠を越えた、本格デュアルパーパスモデルに仕上がっている。

●文:大屋雄一 ●写真:真弓悟史

[◯]スムーズなサスペンションに感動。旅バイクとしても優秀

トライアンフにストリートスクランブラーという車種がある。900ccのボンネビルT100をベースにフロントホイールを19インチ化し、さらに右出しのアップマフラーで往年のデュアルパーパス風に仕立てたモデルだ。ホイールトラベル量はボンネビルと同じ前後120mmのままなので、走りはオンロード車の粋を出ないが、ネオクラシックブームの昨今においてそれに不満を言う人はない。

このスクランブラー1200も同じノリで誕生した……。その認識が誤りであることは、またがった瞬間に気付かされる。乗車1Gで沈む際の前後サスペンションの動きが滑らかで、走り出してからも作動性の良さに感心することしきり。何より驚いたのはレスポンスのいいハンドリングだ。フロント21インチ/リヤ17インチという本格的なアドベンチャーモデルと共通のホイールサイズだが、キャスター角が25.8度と立ち気味だからか、倒し込んでから旋回力が発生するまでのタイムラグが短く、まるでフロント19インチ車のようにスイスイと向きを変える。しかも、試乗した標準モデルのXCですら前後ともホイールトラベル量が200mmと長く、発生するピッチングの中心と重心との距離が近いような動きを見せる。時間の都合で未舗装路こそ走れなかったが、荒れた路面の峠道で振り回すように楽しめたのは、車体設計が優れている証拠と言えよう。

トライアンフ スクランブラー1200XC

【TRIUMPH SCRAMBLER 1200 XC】■全長2285 全幅840 全高1200 軸距1530 シート高840(各mm) 車重225kg ■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 90ps[66.2kW]/7400rpm 11.2kg-m[110Nm]/3950rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量16L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=90/90-21 R=150/70R17 ●価格:192万1900円 ●色:黒 緑

トライアンフ スクランブラー1200XC

【タイガーに迫る本格スペック】フロント21インチ、リヤ17インチのワイヤースポークホイールを採用。バハ1000に比肩するデザートレース“メキシカン1000”を完走するほどの潜在能力を秘める。ハンドルはライザーの向きを反転することで前後20mmの調整が可能だ。

エンジンもいい。ボンネビルT120の1200ccの水冷並列2気筒をベースに、専用チューンで最高出力を80→90psとし、その発生回転数を6550→7400rpmに引き上げている。ビッグツインらしい鼓動感を味わわせつつも、しびれが残るような振動はなし。5種類から選べる走行モードは、ABSやトラクションコントロール、スロットルレスポンスの組み合わせを変えるもので、基本的に常用するのはロードモードでOK。2000〜3000rpmにおけるスロットルでの加減速が非常に心地良く、それを味わうためだけに下道オンリーのロングツーリングに出かけたいと思ったほどだ。

ブレーキも強力かつタッチが上質で、この機種にマッチしている。

トライアンフ スクランブラー1200XC

シート高が840mmと高くて座面も広いため、足着き性はご覧の通り。だが、リヤセクションが低いので乗降車はしやすかった。ライデイングポジションは完全にオフロード車系だ(175cm/62kg)。

トライアンフ スクランブラー1200XC

【専用チューニングにより90psを発生】270度クランク採用の水冷並列2気筒は、ボンネビルT120の80psに対し90psを発生。トルクアシストクラッチやクルーズコントロールも採用。アップマフラーはステンレスの2-1-2型。

トライアンフ スクランブラー1200XC

【ネオクラシック最高峰の足回り!】(左)伸/圧減衰調整を持つショーワ製のφ45mm倒立式フロントフォークはカートリッジ内蔵。ホイールトラベル量は前後とも200mmと長めに確保。フロントキャリパーにはブレンボのM50を採用する。(右)リヤショックはフルアジャスタブルのオーリンズ製。アルミスイングアームはアルマイト仕上げで、軸間距離はXCが547mm、XEが579mmと異なる。

トライアンフ スクランブラー1200XC

画面切替など多機能なTFTディスプレイを採用。グーグルと提携したターンバイターンナビや、通信モジュールの追加でGoProの操作も可能に。

トライアンフ スクランブラー1200XC

ナンバー灯も含めて灯火類は全てLEDを採用する。フライスクリーンおよびグラブラック(リヤキャリア)は純正アクセサリーだ。

トライアンフ スクランブラー1200XC

(左)シートはキーロックにて取り外し可能。フラットな形状により着座位置の自由度が高い。(右)オフロードブーツとの相性も考慮したステップ。XEの方はブレーキペダルの高さ調整可能。

トライアンフ スクランブラー1200XC

(左)エノットタイプのキャップを採用。タンクはボンネビルをベースにフォークの逃げを追加工。(右)スマートキーを採用。センサーはシート下とヘッドライト内にあり、検知エリアは1m以内。

トライアンフ スクランブラー1200XE

【上級版1200XEも設定】フロントフォーク径をφ45→47mmとし、前後ともトラベル量を200→250mmに伸長。IMUを活用したコーナリングABS&コーナリングトラクションコントロールシステム、グリップヒーターなどを採用する上位モデル。●価格:205万6400円。

[△]足の熱さがつらいかも。特に夏は覚悟が必要だ

往年のスクランブラーのアイコンであるアップマフラーの宿命で、どうしても熱気が足を襲う。足着き性は決して良くはないが、タンデムシート部分が極端に高い最新のアドベンチャーモデルよりも乗り降りがしやすく、その点はいいと思った。

[こんな人におすすめ]ネオクラシックの皮をかぶった本格派。あなどるなかれ

スチールチューブにアルミクレードルを組み合わせた専用フレームや、オーリンズと共同開発のリヤショックなど、聞けば聞くほどこの車両価格はむしろ安いのでは!? と思うように。アドベンチャーバイクとしても評価できるモデルだ。

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

トライアンフ SCRAMBLER 1200 XCの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

トライアンフ SCRAMBLER 1200 XC

トライアンフ SCRAMBLER 1200 XC

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 4

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

179.49万円

価格帯 172.99~194.99万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す