国内ジャストサイズの復権

’20新車バイク総覧〈300〜400ccミドル|外国車〉KTM BMW ハスクバーナ他

  • 2020/5/29
'20新車バイク総覧〈300〜400ccミドル|外国車〉KTM BMW ハスクバーナ他

国内ではジャストサイズとなる400ccクラス。近年では外国車メーカーが参入。BMW・GSの対抗馬となるKTM390アドベンチャーが投入されるなど、活況を呈している。〈ラインナップ〉■KTM 390 アドベンチャー|390 デューク|RC390 ■BMW G310GS|G310R ■ハスクバーナ ヴィットピレン 401|スヴァルトピレン 401 ■ドゥカティ スクランブラー シックスティツー

●文:沼尾宏明、中村友彦、田宮徹

KTM 390アドベンチャー:日本人に最適!? ベストサイズの冒険車

KTMが’20年から発売を開始する「390アドベンチャー」は、既存の1290/790/690アドベンチャーで培った技術を転用して開発された。鋼管トリレスフレーム+水冷単気筒の基本設計は390デュークと共通で、19/17インチのキャストホイールや豊富なストロークの前後サスペンション、オフロードモード付きABSなどは新規開発。ガソリンタンクは390デューク+1.1Lとなる14.5Lの容量を確保している。

KTM 390アドベンチャー

【KTM 390 ADVENTURE】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.77kg-m/7000rpm ■車重158kg(乾) 14.5L ■タイヤF=100/9019 R=130/80-17 ●価格:75万9000円

KTM 390 アドベンチャー

カラーバリエーションは2色展開。

KTM 390デューク:KTMのボトムクラスを担うミドルクラスネイキッド

’11年から展開が始まったスモールデュークシリーズは、’17年型で大幅刷新を実施。マスクは1290スーパーデュークに通じる構成となり、フレームはシートレールの固定を溶接→ボルト留めに変更。ライディングポジションや吸排気系、TFTメーターなども見直しが行われた。

KTM 390デューク

【KTM 390 DUKE】■水冷4スト単気筒 373cc 44ps 3.77kg-m ■149kg(乾) シート高830mm 13.4L ●価格:64万1000円

KTM RC390:超軽量+強烈パンチのビッグシングルSS

ノーズが尖ったフルカウルにプロジェクター2眼が個性的な本格スポーツ。ベースは先代デューク390で、エンジンは電スロなどで単気筒ながら怒濤の43.5psを発生する。車体はお得意の鋼管トレリスフレームで、250ツインと比べても圧倒的に軽量だ。足はWP倒立フォークにラジアルキャリパーを組み合わせ、サスペンション設定やキャスター角も専用となる。’20はグラフィックを変更し、ホイール色を橙→黒とした。

KTM RC390

【KTM RC390】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 43.5ps 3.6kg-m ■149kg シート高820mm 9.5L

KTM RC390

液晶メーターは、ギヤ段数、燃料計、メンテ情報を表示。RPMアラームも搭載する。

BMW G310GS:アニキじゃビビる荒れ地もイケる? 軽量コンパクトが光るGS

BMWの屋台骨を支えるGSシリーズの末弟は、G310Rの基本設計を転用して開発。アドベンチャーツアラーとしての資質を身につけるため、ライディングポジション関連部品と外装を専用設計し、前後サスはストロークを延長。タイヤサイズはこの分野の定番となる19/17インチ。

BMW G310GS

【BMW G310GS】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 313cc 34ps 2.8kg-m ■170kg シート高835mm 11L ●価格:69万5000円~

BMW G310R:特徴的な後傾シングル搭載最も身近なビーエムだ

インド生産の世界戦略車として、BMWの支持層拡大に貢献しているG310R。チューブラータイプのスチールフレームに搭載される水冷単気筒エンジンは、マスの集中化と吸排気効率の向上を実現するため、2輪では珍しい前方吸気/後方排気を採用している。

BMW G310R

【BMW G310R】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 313cc 34ps 2.8kg-m ■159kg シート高785mm 11L ●価格:62万3000円~

ハスクバーナ スヴァルトピレン401:アップハンドル&ブロックタイヤ。ピレンBROSのスクランブラー

’13年からKTMファミリーの一員となったハスクバーナは、以降は単気筒デュークシリーズのシャシー+エンジンを転用したピレンシリーズを続々と開発。外観に面影は感じられないが、スヴァルトピレン/ヴィットピレン401の開発ベースは390デュークだ。

ハスクバーナ スヴァルトピレン401

【HUSQVARNA SVARTPILEN 401】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps 3.77kg-m ■152kg(燃料除く) シート高835mm 9.5L ●価格:69万5000円

ハスクバーナ ヴィットピレン401:今、もっともモダンで未来的デザイン買いなカフェレーサー

スクランブラー仕様のスヴァルトピレンが、ピレリ製ブロックパターンタイヤ+ブリッジ付きアップハンドルを採用するのに対して、ヴィットピレンはロードスポーツとしての魅力を徹底追及。タイヤはメッツラーのオンロード用で、低めのハンドルはセパレート式。

ハスクバーナ ヴィットピレン 401

【HUSQVARNA VITPILEN 401】■水冷4スト単気筒DOHC4 バルブ 373cc 44ps 3.77kg-m ■151kg(燃料除く) シート高835mm 9.5L ●価格:68万円

ドゥカティ スクランブラー シックスティツー:中免でもオッケー! 軽快さ極まるヨンヒャクのドカ

’17年から発売が始まったシックスティツーは、現行ドゥカティで唯一となるアンダー400ccモデル。兄貴分と共通のトリレスフレームに搭載されるのは、排気量を803→399ccに縮小した空冷のデスモデュエ。2-1式の排気系はエンジン特性に合わせた専用品。

ドゥカティ スクランブラー シックスティ2

【DUCATI SCRAMBLER SIXTY2】■空冷4ストL型2気筒2バルブ 399cc 40ps 3.5kg-m ■183kg シート高790mm 14L ●価格:92万円

関連するアーカイブ

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。