ネオクラ・カフェレーサーの姿をリミニでキャッチ

Scoop! 4気筒ネオレトロスポーツ「BIMOTA KB4」は、すでにプロトタイプが公道を走っている!

  • 2020/5/24

イタリアのビモータ(BIMOTA)は、新型コロナウイルスによるロックダウンが解除されたことに伴い、活動を再開。さっそくKB4の開発にも取り掛かっているようだが、その姿がスクープ撮されたのでお伝えしたい。丸型ヘッドライトにセパハンの組み合わせによる「ネオレトロ・スポーツ」の姿は新鮮だ!

ネオクラシックな外観にフルLED! 車体の左側面には謎の導風ダクト??

オイオイ、もう見えちゃったよ!

イタリアのリミニ在住のライダーが偶然にもビモータ KB4を撮影したという情報をキャッチした我々は、さっそく画像を入手。あまり鮮明ではないが、その姿をお伝えしよう。

ビモータは、EICMA2019においてカワサキとタッグを組んで電撃的な復活を発表した際に、その場でテージH2を発表。これはニンジャH2のスーパーチャージドエンジンをフレームレス構造のハブステア機構と組み合わせたスーパーマシンで、大きな話題となった。そしてその際、KB4というマシンの開発も示唆し、控えめなCGを公開していた……。

BIMOTA KB4

【BIMOTA KB4】 こちらはEICMA2019で公開されたCGだ。スチールトレリスとアルミプレートによるハイブリッドフレームなど、特徴的な車体構成も見て取れる。

KB4は、カワサキ・ニンジャ1000SXの自然吸気4気筒エンジンをハイブリッドフレームに搭載した、次世代のカフェレーサーだ。テージH2とは異なり、一般的な構造のフロントフォークや自然吸気エンジンといった伝統的な車体構成で、旧き良きビモータをイメージするライダーにも受け入れやすいスタイルとなっている。

昨秋公開のCGではカウルに彩色が施されていたほか、5月13日の記事では真っ白なカウルのプロトタイプ(だいぶボカシが入っていた)だったが、今回のスクープ撮では黒いカウルの姿をキャッチしている。これがカーボンカウルかどうかまでは判別できないが、ヘッドライトなどのディテールは見て取れるので、見たままではあるが、わかる範囲で解説したい。

まず車体構成だが、イメージCGの通りスチールパイプにアルミ部材を組み合わせたハイブリッドフレームに、倒立フォークやリヤ1本サスペンションという構成なのがわかる。丸型ヘッドライトは形状からLEDでほぼ確定、ウインカー類もこの大きさはLEDだろう。フレームの後半部分はエンジンの後ろ側に回り込んでおり、ドライブチェーンはフレームの外側を通る構成だ。フロントブレーキキャリパーは、ラジアルマウントのモノブロックタイプだろうか。ホイールベースはそれほど長くなさそうで、コンパクトな車体と思われる。

BIMOTA KB4

丸型ヘッドライトにコンパクトなウインカー、カウル左右の導風口も見える。

外装については、燃料タンクとアッパーカウルのボリューム感が印象的だ。トップブリッジ上にはステアリングダンパーがあるのが見えるが、この解像度ではメーカーまでは判別できない。シートカウルは小ぶりな作りで、少なくとも現状ではタンデムステップもなく、1人乗りを想定しているように見える。

謎なのは、車体の左側面を通るダクトのようなものだ。一見するとサイドカウルのデザインのようにも思えるが、アッパーカウルには吸気口が左右に配置されることもあって、中空構造で導風しているのは間違いなさそう。ラムエアダクトという線が濃厚だが、タンデムシート近くまで伸びているようにも見えることから、もしかするとシート下にラジエターまたはオイルクーラーなどを配置している可能性もある。

サイレンサー後端はニンジャ1000SXそのものに見えるが、プロトタイプだからなのか、製品版もこのままいくのかは、引き続き注視していきたい。いずれにしても、正式発表はそう遠くなさそうだ!

BIMOTA KB4

サイレンサー後端やフレームの形状、導風タクトらしきものが見える。

BIMOTA KB4

スーパースポーツよりは長く、ツアラーよりは短く見えるホイールベース。ニンジャ1000SXは1440mmだから、それに近い数値になるだろうか。

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。