英国を象徴するパートナーシップから誕生

映画「007」公式ジェームズ・ボンドモデル、トライアンフ「スクランブラー1200 ボンド エディション」登場!

  • 2020/5/21
トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、映画「007」シリーズ初となる公式ジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」を発表した。全世界で限定250台、日本では限定20台が2020年6月下旬に259万円で発売される。

007モデル専用デザインが各所に施され、シリーズ第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場のカスタムマシンを再現

2019年12月、トライアンフは映画「007」シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズとパートナーシップを締結し、シリーズ最新作となる第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のアクションシーンでトライアンフのバイクを使用。英国の老舗バイクメーカーと英国の作家が原作を執筆したスパイアクション映画「007」が手を組んだこのコラボレーションを記念し、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」が誕生した。

全世界で250台、日本においては限定20台という稀少な限定モデルで、シリーズ第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場したスクランブラー1200のカスタムマシンをイメージして製作された。ベースとなったのは、スクランブラー1200シリーズ最上位モデルのXEだ。

【TRIUMPH Scrambler 1200 Bond Edition[2021]】主要諸元■全長未発表 全幅905 全高1250(ミラー含まず) 軸距1570 シート高870(各mm) 車重207kg(乾)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 1200cc 90ps/7400rpm 11.22kg-m/3950rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70R17 ●価格:259万円 ●色:黒 ●発売時期:2020年6月下旬

『BOND EDITION』のロゴなど専用デザインが随所に

007のロゴが入ったマフラーヒートガードやサイドパネルのほか、ロゴ刺繍入りの本革シート、TFTディスプレイに専用スタートアップ画面採用、劇中イメージに沿った「007」専用ボディカラーを採用。また、各部のフィニッシュをブラックアウトし、ディテールに一切の手抜きはない。シリアルナンバー入りプレートと専用バッジが付き、オーナーにはトライアンフのニック・ブロアCEOの直筆サイン入りシリアルナンバー証明書も入った「Bond Edition専用ハンドオーバーパック」が手渡される。

6種類のライディングモードやコーナリングABS、コーナリングトラクションコントロールなどを実現する先進の電子制御システムはスクランブラー1200XEそのままに、ボンドエディションにはグリップヒーターやクルーズコントロール、USB電源ソケットも標準装備となる。気になる価格は259万円、発売時期は2020年6月下旬だ。

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション

最新の記事

ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。