音楽再生やナビ機能、通話・メッセージなどが利用可能

もうiPhoneを羨まずに済む? ゴールドウイングに「アンドロイド オート(Android Auto)」適用開始!

  • 2020/5/13

ホンダの「ゴールドウイング(Gold Wing)」シリーズ最新モデルは、2017年のフルモデルチェンジの際にアップル カープレイ(Apple CarPlay)を二輪車として初採用。以降、iPhoneユーザーのみが恩恵にあずかっていたわけだが、やっとアンドロイドユーザーも同様の機能が利用できるようになった。

ようやくAndroid端末ユーザーも機能を活用できる!

なんだかいつもiPhoneが優遇されているなぁ……とヤサグレていたアンドロイド端末ユーザーに朗報だ。2017年にフルモデルチェンジしたゴールドウイングはアップル カープレイを採用していたが、ついにアンドロイド版の同様の機能である「アンドロイド オート(Android Auto)」が適用開始になる。

アンドロイド オートは、シンプルなインターフェースと音声入力機能を通じて、ライダーが運転への集中を保てるように設計されているのが特徴だといい、Googleアシスタントの使用により、運転中にハンドルバーから手を離すことなく、お気に入りの音楽やメディア、メッセージアプリなどへ簡単にアクセスできる。

音楽再生やナビゲーション機能、通話・メッセージ機能などシームレスにつながる各種アプリケーションサービスが利用可能になる「アンドロイド オート」は、日本国内では2020年6月15日より、ソフトウェアの更新方法をホームページにて案内開始予定。今後、適用対象モデルも拡大していく。

ホンダ・ゴールドウイングシリーズ ●価格:278万7400円~338万1400円 ※写真はGold Wing Tour Dual Clutch Transmission〈AIRBAG〉 [写真タップで拡大]

【Android Auto】※写真は合成 [写真タップで拡大]

最新の記事