内蔵バイザーとインカム装着のしやすさが抜群

[NOLAN]X-lite X-903 試用インプレッション|インカムに最適、視界が良好なバイザーもマル

  • 2020/4/8
[NOLAN]X-lite X-903

イタリアの老舗から機能満載のツーリングフルフェイスが登場。インカムが抜群に装着しやすく、ワイドな内蔵バイザーなども快適だ。

(※本記事は新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発出以前に取材を行ったものであり、宣言期間中の不要不急のバイク走行を推奨する意図はありません)

●文:沼尾宏明 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:デイトナ ℡0120-60-4955 https://www.daytona.co.jp

ケーブルが露出せず、帽体の安定感も優秀

新機構に意欲的なノーランが、またもアイデア満載の新作、X-903をリリースした。レーシングモデルX-803譲りのエアロフォルムを継承するが、用途はツーリング向けで、軽量なカーボン&ケブラーの複合帽体に内蔵サンバイザーを融合。最大の特徴はインカムの取り付けやすさだ。配線が外部に露出しないため、見た目がスマートな上に風切り音も抑制。余ったケーブルの収納ポケットなど細部の工夫も見事だ。

実際に被ると、タイトでスポーティなX-803と違い、頬を中心にやさしくもしっかり頭全体を包み込む印象。首裏のベルトによってセンターパッドの位置をずらし、被りの深さを変更できるのも便利だ。

吸気ダクト全開だと40km/h程度から額上部に走行風を感じる。周囲の音は比較的聞こえるが、100km/hでも不快な風切り音や巻き込み風はなく、帽体も安定していた。

驚いたのは内蔵バイザーのクリアな視界だ。紫外線をほぼ全てカットするUV400仕様で、冬晴れの日差しでも周囲がよく見えて快適。ワンタッチ式バックルも備え、まさにツーリングに好適な一品だ。さらに、装着が簡単なマグネット式シールドシステムも目からウロコだった。ほぼ曇らない「ピンロックシート」が付属しているのもありがたい。

[NOLAN]X-lite X-903

【COLOUR VARIATION】セナター(左)、モダンクラス(右) ※タイトルカットは「カバルカーデ」

[NOLAN]X-lite X-903

●価格:5万9400円(モダンクラス)/6万9300円(セナタ―)/7万1500円(カバルカーデ) ●色:カバルカーデ=青、つや消し黒、セナタ―=白、モダンクラス=つや消し黒、白 ●サイズ:S/M/L/XL ●規格:SG

【結論】スポーティなのに安楽。貴重なモデルだ

ツーリング向けながら、レーシーな外観で空力性能にも優れ、快適機能も揃う。あまり例のないヘルメットと言えるだろう。特にインカムを使うライダーに強く勧めたい。より軽さを追求したい人は、今春発売予定のカーボン版をチェックだ。

[NOLAN]X-lite X-903 のディテール

[NOLAN]X-lite X-903

【スポイラーが優れた空力特性を発揮】風洞実験で決定したX-803のエアロ帽体を継承。ダクトは額が3段階、口元は2段階に開閉できる。いずれも大型で操作しやすい。

[NOLAN]X-lite X-903

【スッキイリ配線!インカムのコードを内部に通せる親切設計 】チンガード左側のゴムを外すと、配線用の穴(横16×縦6mm)が出現。見た目も空力の面でも有利だ。この部分はフラットでインカムの固定もしやすい。

[NOLAN]X-lite X-903

【内部にもインカム用の工夫が随所に】マイクやφ40mmスピーカー用ホールのほか、余ったケーブルの収納ポケットを帽体の左内側に完備。ケーブルを通す溝まで切られ、ブラブラすることもない。

[NOLAN]X-lite X-903

内装は着脱式。バンドでセンターパッドの位置が大きく調整できる。前傾するバイクで浅く被りたい際にイイ。

[NOLAN]X-lite X-903

シールドの着脱は簡単。軸に強力な磁石を内蔵し、取り付けの際は近づけるだけで押し込まなくても装着できる。

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。