迷車ソムリエ・ムッシュ濱矢の言いたい放題

愛と青春のオフロードバイクを振り返る【懐かしのアドベンチャーマシン×厳選5台】

  • 2020/2/20
アドベンチャーマシン

オフロード専門誌『ゴー・ライド』連載中の「令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシン」より、バイクが熱かった時代にラインナップされた、懐かしのオフロードマシンを、”迷車ソムリエ”ことムッシュ濱矢が振り返る。日本人にぴったりな、400ccより大きく750ccよりも小さいおすすめアドベンチャーを紹介する。

●文:濱矢文夫(※カタログスペック、価格はすべて当時のものです)

今や、デュアルパーパスツーリングモデル、通称”アドベンチャー”というカテゴリーは完全に定着して市民権を得た。大排気量で背の高いのを皆さん器用に乗りこなしているけれど、やっぱり平均的日本人体型にはデカい。そこで、今回は日本人にぴったりな、400ccより大きく750ccよりも小さいおすすめアドベンチャーを集めてみた。それも近年では市場に出回る数が少なく、旅先でカブらないというオマケ付き。だからタイトルは、『愛と青春のオフたち』というより『愛とマイナーのアドベンたち』である。

絶妙なサイズ感(悪く言えば中途半端アドベンチャー)な俺たち

  • スズキ XF650 フリーウインド
  • カワサキ KLR650 天涯
  • ホンダ NX650 ドミネーター
  • BMW F650 ファンデューロ
  • ヤマハ XTZ660 テネレ

今回紹介する5台には共通点がある。ひとつは単気筒エンジンだということ。次に前足の動きが軽くなるフレームマウントのカウルが装着されていること。そして中途半端な排気量だということ。悲しいかなBMW以外は日本メーカーモデルなのに日本国内で正規販売されなかった。その理由は簡単で、”売れない”と判断されたから。せっかく大型に乗れるようになったら、憧れのナナハン以上のビッグバイクに乗りたいと思うのは人の常。この排気量のレゾンデートル(存在意義)は、ヨーロッパに大きな市場があったからだ。

アドベンチャーはツーリングモデルだから、大排気量で多気筒エンジンのほうがパワーもあり滑らかなフィールで長距離がラクというのは分かる。でも、その反面、デカい、昭和生まれにはデカい。それを振り回せて乗れるテクニックと体躯があればいいけれど、なかなかそうはいかない。だったら大きさに気を使いながら乗るより、手足のように自由自在動かせたほうが楽しいじゃないか。…ということで、この絶妙なサイズのアドベンチャーを並べてみたワケ。単気筒エンジンでより軽いから、オフロードだってもっと積極的に乗れるじゃないか。積載や快適性においても十分っス。

普通に生きてきたまっとうな日本人ライダーなら、まず知らない車種ばかりだけど、どれも侮れない魅力が詰まっている。アドベンチャーが人気だからこそあらためて注目したい愛すべきマイナー車。問題があるとすれば、中古車マーケットでのタマ数が少ないことだけだ……。

スズキ XF650 フリーウインド:よくある名前なのによく見かけないレア具合

今回の中では新しい方なのに、知名度がとことん低い。だがそれがいい。よその国では今も新車が売られているDR650シリーズの油冷単気筒エンジンをベースに、キャブレターを2個付けてツインプラグ化し力を加えた。前19インチホイールのオン/オフのバランスを考慮した、いわゆる中庸系。シート形状とかBMW F650系の影響あり をり はべり いまそかり。日本で正規販売しなかったとはいえ、本邦でのマイナー度は見かけたら宝くじを買いたくなるか、思わず親指を隠してしまいそうなレベル。いつも出るのにほぼセリフがなく顔を思い出せない『暴れん坊将軍』の御庭番衆(二人)のよう。

スズキXF650 フリーウインド
【SUZUKI XF650 FREEWIND】主要諸元 ■全長2205 全幅865 全高1230(各mm) 車重162kg ■油冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 644cc 47ps/7000rpm 変速機6段 ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-17

カワサキ KLR650 天涯:じつは歴代カワサキ車の中で最もアドベンチャーらしかったりする

漢字で「天涯」というのが素敵。喜多郎のテーマ音楽をバックに石坂浩二の声が流れてくる『NHK特集 シルクロード』的な景色が見えてくる。これが「天蓋」だと、お姫様のフリフリ蚊帳付ベッドを思い浮かべるところ。48psの最高出力と5.6kgfのトルクと水冷単気筒エンジン651ccと考えると十分なパワーに、23リットルの大きなタンク。前が21インチで前後のホイールトラベルが230mmもありオフも得意。福島の郷土玩具”赤べこ”のように首だけ左右に動く兄弟車のKLR650と違い、フレームマウントのハーフカウル。旅好きにはうらやまけしからん仕様の冒険野郎マクガイバー。

カワサキKLR650天涯
【KAWASAKI KLR650 天涯】主要諸元 ■全長2220 全幅920 全高1300 (各mm) 車重159kg ■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 651cc 48ps/6500rpm 5.6kg-m/5500rpm 変速機6段 ■タイヤサイズF=90/90-21 R=130/80-17

ホンダ NX650 ドミネーター:「Dominator=支配者」の名は盛り過ぎのような気がする

白くて爽やかな不人気車・NX125。AX-1の海外仕様スポークモデルのNX250、そしてこのNX650。日本人の感覚だと、かつて♪あってもなくてもどうでもいい♪と歌われた今は亡き目蒲線のようなシリーズだが、欧州などでは定番モデルとして活躍。ちなみに他に150/200/350/400もあるけれど、目撃したことがない。RFVCの空冷単気筒エンジンはXR系だが、始動はキックの鬼にならなくていいセルモーター。このエンジンは、他にXR650Rと一字違いでキャラがまったく違うXR650Lも使った。2気筒のトランザルプより軽快さが魅力。

ホンダNX650ドミネーター
【HONDA NX650 DOMINATOR】主要諸元 ■全長2190 全幅890 全高1220 (各mm) 車重176kg ■空冷4ストローク単気筒OHC4バルブ 644cc 32ps/6000rpm 4.6kg-m/5000rpm 変速機5段 ■タイヤサイズF=90/90-21 R=120/90-17

BMW F650 ファンデューロ:気持ちは分かるけれど、ちょっと張り切りすぎた

妖怪ウォッチかゲゲゲの鬼太郎にこういう顔の妖怪が出てきそう。東京ゲゲゲイにもいそう。突然坊主にしたくなるとか、突然金髪にしたくなるとか衝動的に新しいことをやってしまった感もあるけれど、BMWとしたらメインとなる保守層以外の、より台数が出るクラスで新しいユーザーが欲しかった。自社初となる単気筒エンジンはロータックスが生産。デュアルパーパス的なこのファンデューロはフロント19インチホイールだったが、18インチでロードツーリングモデル的なF650STもあるし、にゅーっと顔が伸びたウナギイヌのようなF650CSスカーバーという変わり種もあった。

BMW F650 Funduro
【BMW F650 Funduro】主要諸元 ■全長2180 全幅880 全高1220(各mm) 車重191kg ■水冷4ストローク単気筒 652cc 31ps/7000rpm 3.3kg-m/6000rpm 変速機5段 ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/800-17

ヤマハ XTZ660 テネレ:XT600Zの後継モデル。空冷から水冷5バルブに

“テレネ”といい間違う人が多いという事実。その昔、とあるショップにジレラのサトルノの中古車を見に行った時に、店長さんが「あ、ジラレね」といったのを思い出す。かくいう私も長らく十字軍の相手だったサラセン人をサセラン人と覚えていた。バイクでは『ゼルビス』を『ザンザス』もある。話が脱線して失礼。名はダカール夢、ダカール狂気のテネレ砂漠から。

ヤマハXTZ660テネレ
【YAMAHA XTZ660 TENERE】主要諸元 ■全長2265 全幅835 全高1355(各mm) ■水冷4ストローク単気筒DOHC5バルブ 659cc 変速機5段 ■タイヤサイズF=90/90-21 R=120/90-17

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。