第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

[オフロードマシン!! GoRIDE]がお届けする懐かしのオフ車を一挙紹介

【迷車ソムリエ・ムッシュ濱矢の】令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシンたち #ゴー・ライド

  • 2019/8/8

「オフロードマシン!!GoRIDE(ゴー・ライド)」の人気コーナー『令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシン』を今回はお届けしよう。バイクが熱かった時代にラインナップされて、懐かしのオフ車を振り返っていく、ちょっと箸休め的コーナーだ。しかし、読者の思い出補正がバッチリはまり、楽しみにしてくれているかたも多いという。今回、WEBヤングマシンで初登場だ。みなさんの青春時代に振り返って楽しんでいただこう。

文:濱矢文夫

Vol.1:甘酸っぱい思い出。わが青春の原チャリ編

これまで数多のオフロードマシンが登場して消えていった。その中には誰もが知っている有名モデルだけでなく、人知れず消えた日影のモデルもあった。売れないこと=悪い、ではない。前に進むことができればすべていいバイク。ここは、そんな精神でメジャー、マイナーさまざまなオフ車を掘り起こして並べ、うまい棒のような軽いコメントで解説する、外角高めに外れたボール球のような企画である。反響がなければ次号は消えているだろう(たぶん)。でもバイクと一緒でそれが悪い企画にはならない、といいわけしておこう。

Honda MT50 安定した不安定感がステキすぎる

今見ても斬新なスタイルが素晴らしい。同時期にあったのはCB50のエンジンを積んだXE50で、他メーカーも似たようなスタイル。その中にこれなんだから斜め上を行っている。フレームやエンジンはMB50ベースで、これだけ前衛的スタイルなのに、黒い食パンまんのようなXR風角ライト顔にした面白さ。ジャンプするとXバックボーンフレームにぶら下げたようなエンジンをごろんと地面に落っことすんじゃないかとお尻の菊座がもぞもぞしてしまう。卵を抱えたエビのようでもある。いい意味でも悪い意味でも時代を突き抜けたセンスが好きだ。

【Honda MT50】全長×全幅×全高(mm):1905×780×1055 車両重量:86kgエンジン型式:空冷2ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):39×41.4 排気量:49cc 圧縮比:8.2 最高出力:6.5PS/8000rpm 最大トルク:0.58kg-m/7500rpm 始動:キック式 変速:5段 タイヤ前:2.50-19-4PR タイヤ後:3.00-16-4PR 価格:13万6000円

Honda MTX50R もう原付には見えない本格派

MT50と同じMB系空冷エンジンだが落っことさないですむ(落ちないけど)、セミダブルクレードルフレームになって、エンジンも最大トルクを上げ低中速寄りにした。フロント21インチホイールにプロリンクサスのMTX50を1982年に販売。けれどヤマハが同年に水冷のDT50を出したもんだから、HY戦争末期とはいえ「負けられねぇ」とやる気スイッチが入ったホンダ。翌年に水冷化したMTX50Rを発売したのである。空冷MTX50を買った人は涙目。サスストロークは前200mm、後170mmでデザインも含め立派なオフ車。ただ、やや重かった。

【Honda MTX50R】全長×全幅×全高(mm):2070×805×1130 車両重量:97kg エンジン:水冷2ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):39×41.4 排気量:49cc 圧縮比:8.2 最高出力:6.2PS/6500rpm 最大トルク:0.69kgm/6000rpm 始動:キック式 変速:5段 タイヤ前:2.50-21-4PR タイヤ後:3.00-18-4PR 価格:18万5000円

Kawasaki AE50 少し野暮ったいけれど当時クラス最強のメイド

“キリリッっとひきしまった精悍なスタイル”とカタログには書いてあったが、今見ると、バイザーがメイドの頭に載っかっているやつにしか見えない。緑色のメイド(赤もあった)が「お帰りなさいませ、ご主人様」という姿を想像する───わけない。カタログでうたうほど精悍なスタイルだと思えないところが反省会場の議題。AR50のエンジンをベースに5速化とともにトルク特性を低中速域に変更しているけれど、最高出力は当時の原付オフ車最高で自主規制上限いっぱいの7.2PS というのが最速好きのカワサキらしさ。リヤサスは1本足のユニトラック。

【Kawasaki AE50】全長×全幅×全高(mm):1895×805×1080 車両重量:80kg エンジン:空冷2ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):39×41.6 排気量:49cc 圧縮比:8.0 最高出力:7.2PS/9000rpm 最大トルク:0.61kgm/7500rpm 始動:キック式 変速:5段 タイヤ前:2.50-19-4PR タイヤ後:3.00-16-4PR 価格:15万1000円

Suzuki TS50ハスラー アラレちゃんが出てこないハスラー

80年代前半から中ごろにかけてのスズキは神がかっていた。RG250Γで世間をあっといわせ、レーサーレプリカブームの起爆剤になり、クラス最軽量のGSX-R(400)、RG400/500Γ、GSX-R750。オフ系ではロケットのようなRH250の発売。その勢いは水冷化したこのハスラー50にも。RG50Γ譲りのピストンリードバルブエンジンの最高出力、最大トルクはクラス最強。同じ原付水冷オフ車では最軽量。リヤにはフルフローターサス。フォークアウターも黄色でピカチュウも西武線もびっくり。おっさん世代のハスラーは4輪車じゃなく、こっち。

【Suzuki TS50ハスラー】全長×全幅×全高(mm):2045×810×1135 車両重量:85kg エンジン:水冷2ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):41×37.8排気量:49cc 圧縮比:8.6 最高出力:7.2PS/7200rpm 最大トルク:0.72kgm/7000rpm 始動:キック式 変速:6段 タイヤ前:2.50-21-4PR タイヤ後:3.00-18-4PR 価格:17万5000円

Yamaha DT50 原チャリオフの進化のビッグバンや〜

ロードスポーツでヤマハRZ50が登場したからMBX50、RG50Γが出たのと同じで、トレールバイクで、このDT50が登場したから、MTX50R、水冷ハスラー50が誕生したといっても過言ではない。このRZ50譲りのYEIS付ピストンリードバルブエンジンは低中回転域からのツキがよくて乗りやすかった。リヤはモノクロスサス。それながらパワフル。♪ かわいいふりしてあの子わりとやるもんだねと♬ なんて歌が流行っていたころの、実際にかわいい顔した実力派。少年たちは“餃子か!”とツッコむくらいにDT50に乗って心に羽根を持った。

【Yamaha DT50】全長×全幅×全高(mm):1905×790×1100 車両重量:86kg エンジン:水冷2ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):40×39.7排気量:49cc 圧縮比:6.9 最高出力:7.2PS/8500rpm 最大トルク:0.62kgm/8000rpm 始動:キック式 変速:6段 タイヤ前:2.50-19-4PR タイヤ後:3.00-17-4PR 価格:16万9000円

※カタログスペック、価格はすべて発売当時のものです。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。