プロライダーの基本テクニックを簡単マスター

オフロードで操るアドベンチャーバイクのブレーキ&ターン術【内山裕太郎選手のライテク指南】

  • 2019/12/13

『オフロードマシン ゴー・ライド』(偶数月6日発売)の人気コーナー「チビテクアドベンチャー」より、プライベートでビッグオフを楽しんでいるプロライダー・ユータロー先生こと内山裕太郎選手が、最近人気のアドベンチャーマシンのオフロードでの乗りかたをレクチャー。今回は基本的なテクニックとなるブレーキとターンの技術を解説する。

内山裕太郎選手

【内山 裕太郎】中学時代はマウンテンバイク、高校で二輪免許取得後はトレールマシンで林道ツーリングを楽しんでいた。その後、エンデューロに参戦し、各地のレースで優勝。日本代表としてISDEに5回参戦している。身長165cm。

【今回のモデルバイク】 SUZUKI V-Strom650XT ABS 価格:88万円(税抜き)
現在のアドベンチャーマシン人気の火付け役として、とくにヨーロッパで高く評価されているVストローム650。XTはスポークホイール仕様。「フラットな林道を走破し、舗装路ではパワフルで軽快な走りが楽しめます。アドベンチャーマシンとしてのバランスがすごくいいですね」と、ユータロー先生も高評価。

前回解説のおさらい

アドベンチャーマシンはウインドシールド、カウル、ビッグタンクを装着することが多く、250トレールよりもライディングポジションの自由度が少なくなっています。だから、無理にスタンディングせず、すぐに足を着けるシッティングでバランスをとるのがポイントでした。また、アドベンチャーマシンにはABS、トラクションコントロールといった電子デバイスが搭載され、ある程度マシンに任せた走りになります(前回の解説より)

…というところで、今回はダートでのブレーキング方法と、ターンの方法を練習していきましょう。ターンの最大のポイントは、アプローチ部分で自分が曲がれるスピードまで減速しておくことです。これは車種を問わずに当てはまることです。そのブレーキングでは、ABSをカットできたりできなかったりと、各アドベンチャーマシンで制動力の出かたも変わってきます。そうした特性を体感しつつ、いろいろな路面で練習していきましょう。

ABSを上手に使いこなすコツ

ABSが効くとタイヤがロックせず制動力が一定に発揮される代わりに、制動距離は長くなる。しかし、効いてしまえばだれでも同じ制動距離で停止でき、急ブレーキにならず、車体が振られにくくなるメリットもある。一方、ABSを効かさなければ制動力をフルに発揮でき、制動距離を短くできるが、そのブレーキコントロールは非常に繊細。だから、車重のあるアドベンチャーマシンにはABSが装備されるのだ。進入スピードを速くせず、下半身のホールドでマシンを直立させておけば、不意にABSが効いてもバランス修正できる。

作動状態を確認せよABSカット機能のある車種は、走行前にABSがオンかオフかを確認しておこう。ABSカットできる車種は、ダートではリヤはカットしたい。リヤロックさせることでブレーキターンが行なえるようになり、ダートで小回りができるようになるからだ。
下半身でマシンをホールド 腕に力を入れてハンドルを抑え込むと、細かなハンドル操作がしにくくなり、ハンドルでのバランス修正もできなくなる。だから、腕の力を抜いて、上半身はリラックスさせる。その代わりに下半身でマシンをしっかりホールドして、ブレーキング時に体が前に行き過ぎないようにする。ニーグリップというようりヒザから下の足を使って車体を挟み込む。

ターン時はマシンをなるべく傾けず、アクセルを全閉にしない!

前回の解説では、マシンから降りて押し歩きながら180°転回したが、それをマシンに乗って行なうのがターンだ。マシンに乗っても挙動は基本的に変わらず、傾けすぎると一気にバランスが崩れやすい。だからマシンはなるべく傾けずに、向きを変えていくことになる。

【1】アプローチのストレート部分でブレーキングを終了させ、自分が曲がれるスピードまで落とす。ここでは1速まで下げ、早歩き程度のスピードまで落としている。
【2】シッティングポジションなのは、イン側の足を出して、マシンを傾けるきっかけにするため。
【3】マシンが傾きすぎた時にすぐ足を着けるように、イン側の足は出したままにしておく。傾きの少なさを補うために、ハンドルを切ってターンしていく。
【4】ハンドルを切ると前進する力の抵抗になる(ブレーキをかけた状態に近い)ので、アクセル全閉だと、その抵抗でエンストしやすくなる。だから、アクセルは全閉にせず、エンストしない程度のアクセル開度をキープする。アクセル開けすぎはオーバーランになるので要注意だ。
【5】この時、進行方向(コーナー出口)へ顔を向けておくと、マシンの向きも変わってくる。目線でマシンの動きをリードするイメージだ。
【6】マシンの向きが変わり、直立させたらアクセルを開けていく。ターンの最中にフロントブレーキをかけると急ブレーキになりやすい。だから、アプローチ部分でブレーキングを終えるのだ。
半クラッチでエンストを防ぐコーナリングスピードが速すぎるとオーバーラン、遅すぎるとエンストしやすくなる。だが、ターン中のブレーキングは転倒の原因となる。というわけで、半クラッチを使ってスピードコントロールしてやるのだ。スピードが速すぎたり、遅すぎてエンストしそうな場合はクラッチを切る。ただし、アクセルは全閉にせず、トルクが立ち上がってくるアクセル開度をキープする。ターン中はマシンが少しでも前進している状態を作ってやるのがポイントだ。

【車重の軽い250トレールの場合】

【A】 コーナー進入でブレーキング終了は同じだが、ここでマシンをしっかり倒し込んでおく。【B】 抵抗になるのでハンドルはあまり切らない。
【C】 イン側の足を着いてアクセルオン。
【D】一気にマシンの向きを変え、
【E】マシンの向きが変わったら、
【F】マシンを立ててクリア。アクセルターンの要領で小回りもできるのだ。

マシンから降りてスイッチバック

オーバースピードなどでオーバーランしそうになったら、潔くマシンから降りてしまおう。マシンに乗ったまま方向転換するのは体力を浪費しやすく、立ちゴケの原因にもなるからだ。 

【a】マシンから降りたら、車体を直立させる。暴走を防ぐためにエンジンは切り、ギヤはニュートラルに。
【b】そしてフロントブレーキをしっかりかける。上半身を使って両手でハンドルを押し込み、フロントサスを縮める。
【c】 反動でサスが伸びてくるのに合わせて、体を後ろに引く。この時にフロントブレーキを緩めるのを忘れずに!
【d】 フロントサスの反動を使ってバック。マシンがバックし始めたら、ハンドルを切っていく。5 ハンドルを切ったままバック。
【e】ハンドルを切ったままバック
【f】これで切り返せる。足場のいい所でマシンに乗ろう。
関連する記事/リンク
ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。