レオン・ハスラムがテスト初日トップ/総合6位

CBR1000RR-Rはキットパーツで231ps、じゃあHRCファクトリーは!? テストで走りを初披露!

2020年から最新マシンのCBR1000RR-Rを引っ提げてワールドスーパーバイクにファクトリー復帰するホンダは、公式ライダーのアルバロ・バウティスタとレオン・ハスラムの2名とともにスペイン・ヘレスサーキットにおける重要な2日間のテストを完了した。

セットアップに集中し初日ウエットでトップ/2日目ほぼドライで6位

EICMA2019で姿が明らかになってからも、走る姿とその戦闘力はベールに包まれていた新型CBR1000RR-R。スペインのヘレスサーキットで1月22日、23日と行われたワールドスーパーバイク公式テストでは、ついにスポンサーカラーも施されていないブラックボディ状態で姿を現した。

2人のライダーは共に昨年の他チームから移籍してきており、まっさらな新車と最新のホンダに馴染みのないライダーの組み合わせとしては、初日ハスラム1位/バウティスタ10位、2日目ハスラム6位/バウティスタ8位という悪くない結果に。まだまだセットアップに集中したい時期だけに、この数字をもって戦闘力を推し量るのは難しいが、「相当速い!」との声も聞こえており、今後を期待したくなる。

初日:#91 レオン・ハスラム 1位 1’52.149
   #19 アルバロ・バウティスタ 10位 1’54.824

2日目:#91 レオン・ハスラム 6位 1’42.797
    #19 アルバロ・バウティスタ 8位 1’43.579

#91 レオン・ハスラム、ウエットの初日。
#19 アルバロ・バウティスタ。ほぼドライとなった2日目。

CBR1000RR-Rのポテンシャルは?

MotoGPマシンRC213Vと同じボア×ストロークを採用し、国産ではブッチ切りの217.6psを発揮するCBR1000RR-Rの並列4気筒エンジンだが、HRCがリリースするキットパーツを組み込むだけで、簡単に231psに到達するとの情報が入ってきた。レーシングエキゾーストを装着すれば234ps/15500rpmに達するというドゥカティ・パニガーレV4Rと比べても数字的に遜色ない。だが、実際には逆回転クランクで1軸多い構成のV4Rは、クランク軸出力に対する後輪出力ではややロスがあることも考慮すれば、直線勝負でも力負けすることはなさそうだ。ファクトリーマシンの性能も気になるところだが、キット車から数馬力アップで済むことはないはずである。

チームHRCはポルトガルへと移動し、1月26日、27日にポルティマオのアルガルベ国際サーキットで行われるテストに参加する予定だ。

なお、市販車両はまだ世界のどこでも発売されていないが、北米マーケットにおけるCBR1000RR-R FIREBLADE SPの価格は2万8500ドルになったことが明らかに。気になる日本仕様は278万円前後と予想するが……いかに?

#91 レオン・ハスラム
EICMA2019で発表された際に展示された“レース仕様”のCBR1000RR-R SP。

このバイクに関連する記事

関連記事

2020年春に開幕する主要なレースに間に合わせるため、ホンダ・レーシング(HRC)は、ロードレース競技およびサーキット走行専用モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP レー[…]

関連記事

ホンダファクトリーのJSB1000撤退が囁かれるなか、強力なホンダ系チームが復活だ。自身も全日本GP500(1990)とスーパーバイク(1998)、JSB1000(2005~2006)でタイ[…]

関連記事

’20年に登場するホンダCBR1000RR-Rは、エンジン形式までも白紙状態から開発がスタートされ、結果的にはモトGPマシンのRC213Vと同じボア・ストロークを持つ水冷並列4気筒レイアウト[…]

関連記事

2020年に登場するホンダCBR1000RR-Rは、速さを求めてMotoGPで培った技術をフィードバック。 実際にライダーが操縦している状況を考慮し、徹底した空力特性の向上が図られている。 […]

関連記事

ホンダの販売店向け商品説明会でその姿をキャッチされたCBR250RRだったが、さらなる続報が入ってきたのでお伝えしたい。赤フレームにゴールドホイールを組み合わせ、白いボディに包まれた新色の姿[…]

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報