KANATAロゴと赤の差し色でカタナを表現

オートサロン最終日、カタナエディションのスイフトスポーツを目撃せよ!

  • 2020/1/12

ヤングマシン主催のマシン・オブ・ザ・イヤー2019で王座を獲得したスズキのカタナは、まさしく2019年を代表するバイクと言っていい。そしてスズキは、新生カタナのマッシブさと鋭さを4輪のコンセプトモデルにも反映した。

スイフトスポーツ カタナエディション(参考出品車)

2018年インターモトでの発表から大きな反響を呼び、2019年に発売してからもヤングマシン主催のマシン・オブ・ザ・イヤー2019で大賞を受賞するなど注目され続けているスズキ カタナ。天竜浜名湖鉄道とのコラボによるラッピング列車やKATANAミーティングの開催などでも話題を振りまいてきたが、今度は同社の4輪にコラボモデル(コンセプト)が登場だ!

幕張メッセで1月12日まで開催中のオートサロン2020および2020年2月14日~16日に開催される大阪オートメッセ2020で展示されるのは、スズキの大人気コンパクトスポーツカー、スイフトスポーツのカタナエディションだ。

スズキによれば、「スイフトスポーツ」に大型二輪車「KATANA」の力強さと美しさを表現したコンセプトモデルとされ、「KATANA」の造形をヒントに、外装はワイド化して迫力を増したフェンダーにより、グラマラスなシルエットを強調。内装は熱を帯びたマフラーを彷彿させるグラデーションチタンをインパネなどに加飾することで、力強さと美しさをプラス。また、「KATANA」と一緒に展示し、内外装ともに「KATANA」のカラーとリンクする赤いアクセントを随所に施したという。

スイフトスポーツ カタナエディション(参考出品車)
SUZUKI KATANA
SUZUKI KATANA[2019]】●価格:154万円 ●色:銀、黒
カタナもカスタム仕様で、純正オプションの赤キャリパーなどが奢られている。

[写真タップで拡大]

スイフトスポーツ カタナエディション(参考出品車)

[写真タップで拡大]

このバイクに関連する記事

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)