同日にECサイトを公開、受注を開始する!

【待望の再生産】ゼットワン/ゼッツー(Z1/Z2)復刻シリンダーヘッドの受注開始が1月6日に決定!

  • 2019/12/22
kawasaki z1 1972

東京モーターショーで世界初公開された、カワサキが再生産するZ1/Z2用シリンダーヘッドの発売を待っていた熱烈なユーザーに待望のお知らせだ! 「Z2 / Z1 CYLINDER HEAD REVIVAL」のECサイト(販売専用サイト)が2020年1月6日にオープンし、同日に受注を開始する。

1000個が再生産されるZ1/Z2用シリンダーヘッドは黒、銀の2色ラインナップ

再生産されるZ1/Z2用シリンダーヘッド。当時の設計を今の技術で。

カワサキによるZ1/Z2シリンダーヘッドの再生産計画が報じられたのは2019年夏。そして実物が展示されたのは、2019年10月の東京モーターショーだった。

1973年に発売された750RS(Z2=ゼッツー)と、その国外向け輸出仕様である900 super4(Z1=ゼットワン)の人気ぶりはここで振り返るまでもないほどで、世界では累計10数万台以上が販売され、カワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデルとなっている。発売からすでに47年が経った現在も、走行可能な車両が現存もしくはレストア等によって復活し、多くのファンに愛され続けてきた。

KAWASAKI 900 super4(Z1)[1972]
KAWASAKI 900 super4(Z1)[1972]
KAWASAKI 750RS(Z2)[1973]
KAWASAKI 750RS(Z2)[1973]

そんなファンの悩みのひとつは、これからも良好なコンディションを保つために必要な純正パーツの確保だろう。そこでカワサキは、これらのZ1/Z2のシリンダーヘッドの再生産を決定。当時の図面に規定された仕様を、現在の設計基準、製造技術、製造法により具現化するというコンセプトで、新たに開発することにした。じつは再生産といいつつも、当時設計のまま新開発という手法をとっているのだ。もちろん生産は日本国内の明石工場である。

販売は通常のプラザ店ルートではなく、今回オープンするECサイトから。シリンダーヘッド以外の部品について、またZ1/Z2以外の歴史的なモデルの部品についても、ファンの声を聴きながら検討していくというから期待したい。

シリンダーヘッドは銀と黒の2色。受注開始時期および発送開始時期がやや異なる。

シリンダーヘッドはシルバーとブラックの2色がラインナップされ、今回受注を開始するのはシルバーのみ。ブラックに関しては1月下旬からになるというから、続報を注視したい。また、当初のうち買えるのは日本国内のみとなり、海外市場への販売は検討中とのこと。川崎重工からのメッセージおよび車種適合表などは下記URLより確認できる。

https://www.heritage-parts.khi.co.jp/index.html

●銀:25万3000円/2020年1月6日受注開始/2月初旬より順次発送
●黒:26万4000円/2020年1月下旬受注開始/3月上旬より順次発送

機械加工は現在の技術で行う。機械加工とは、その製品に「機能」を与える特別な工程で、特にシリンダーヘッドは機械加工の精度が性能に直結する。
機械加工にはシビアな条件設定、および精度管理が求められる。
現行量産モデルと機械加工工程の管理レベルに差はないという。
要求スペック通りの精度が出ているのか。蓄積された技術と経験を活かしながら、条件設定・精度確認測定を繰り返し行う。

※情報提供:Kawasaki – RIDEOLOGY

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)