スマートフォンアプリと連携する機能も

カワサキ新型「ニンジャ650」と「Z650」の日本仕様が発売に! ユーロ5対応ほか全面改良とデザイン一新

  • 2019/12/20
Kawasaki Ninja 650 Z650

トルクフルな並列2気筒エンジンを搭載し、軽快なハンドリングと使い勝手のよさで日本国内でも評価の高いカワサキのニンジャ650(Ninja 650)およびそのネイキッド版であるZ650。2020年モデルとして新型が海外発表されていたが、時を待たずして日本仕様も登場する。発売日は2020年2月1日だ。

毎月のようにニューモデルを発表するカワサキ、次は650の兄弟2車だ!

秋のショーシーズンに相次いで発表されていたニンジャ650およびZ650は、トルクフルで扱いやすい並列2気筒エンジンがユーロ5に対応しただけでなく、より存在感を高めたデザイン変更や、カワサキ独自の「RIDEOLOGY THE APP」スマートフォン接続機能を獲得するなど、さらに魅力をアップするモデルチェンジが施された。

ヘッドライトは新採用のLEDとなったほか、フルデジタルTFTカラー液晶スクリーンのメーター、軽快なハンドリングの最新タイヤ・ダンロップ製スポーツマックス・ロードスポーツの採用やタンデムシートの形状変更など、2車ともモデルチェンジの内容はほぼ同等となっている。車体色は、ニンジャ650がKRTエディション(ライムグリーン)と白、Z650は黒(フレームは緑)というラインナップだ。

この2車の従来型は、同じエンジンとフレームを持つとは思えないほどにキャラクターがしっかりと作り分けられており、活発で軽快なZ650に対し落ち着いたハンドリングのニンジャ650という好対照だった。車体の違いのみのはずだが、エンジンの特性まで違って感じられるほどでもあったそのキャラクターは、新型にも受け継がれているだろう。

KAWASAKI Ninja 650/KRT EDITION

主要諸元■全長2055 全幅740 全高1145 軸距1410 シート高790(各mm) 車重194kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70ZR7 R=160/60ZR17 ●価格:STD=88万円/KRT EDITION=90万2000円 ●色:緑、白 ●発売日:2020年2月1日

【KAWASAKI Ninja 650 KRT EDITION】ライムグリーン×エボニー
【KAWASAKI Ninja 650】 パールブリザードホワイト

KAWASAKI Z650

主要諸元■全長2055 全幅765 全高1065 軸距1410 シート高790(各mm) 車重189kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70ZR7 R=160/60ZR17 ●価格:84万7000円 ●色:黒 ●発売日:2020年2月1日

【KAWASAKI Z650】メタリックスパークブラック

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)