スマートフォンアプリと連携する機能も

カワサキ新型「ニンジャ650」と「Z650」の日本仕様が発売に! ユーロ5対応ほか全面改良とデザイン一新

Kawasaki Ninja 650 Z650

トルクフルな並列2気筒エンジンを搭載し、軽快なハンドリングと使い勝手のよさで日本国内でも評価の高いカワサキのニンジャ650(Ninja 650)およびそのネイキッド版であるZ650。2020年モデルとして新型が海外発表されていたが、時を待たずして日本仕様も登場する。発売日は2020年2月1日だ。

毎月のようにニューモデルを発表するカワサキ、次は650の兄弟2車だ!

秋のショーシーズンに相次いで発表されていたニンジャ650およびZ650は、トルクフルで扱いやすい並列2気筒エンジンがユーロ5に対応しただけでなく、より存在感を高めたデザイン変更や、カワサキ独自の「RIDEOLOGY THE APP」スマートフォン接続機能を獲得するなど、さらに魅力をアップするモデルチェンジが施された。

ヘッドライトは新採用のLEDとなったほか、フルデジタルTFTカラー液晶スクリーンのメーター、軽快なハンドリングの最新タイヤ・ダンロップ製スポーツマックス・ロードスポーツの採用やタンデムシートの形状変更など、2車ともモデルチェンジの内容はほぼ同等となっている。車体色は、ニンジャ650がKRTエディション(ライムグリーン)と白、Z650は黒(フレームは緑)というラインナップだ。

この2車の従来型は、同じエンジンとフレームを持つとは思えないほどにキャラクターがしっかりと作り分けられており、活発で軽快なZ650に対し落ち着いたハンドリングのニンジャ650という好対照だった。車体の違いのみのはずだが、エンジンの特性まで違って感じられるほどでもあったそのキャラクターは、新型にも受け継がれているだろう。

KAWASAKI Ninja 650/KRT EDITION

主要諸元■全長2055 全幅740 全高1145 軸距1410 シート高790(各mm) 車重194kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70ZR7 R=160/60ZR17 ●価格:STD=88万円/KRT EDITION=90万2000円 ●色:緑、白 ●発売日:2020年2月1日

【KAWASAKI Ninja 650 KRT EDITION】ライムグリーン×エボニー
【KAWASAKI Ninja 650】 パールブリザードホワイト

KAWASAKI Z650

主要諸元■全長2055 全幅765 全高1065 軸距1410 シート高790(各mm) 車重189kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70ZR7 R=160/60ZR17 ●価格:84万7000円 ●色:黒 ●発売日:2020年2月1日

【KAWASAKI Z650】メタリックスパークブラック

関連する記事/リンク

関連記事

トルクフルな並列2気筒エンジンを搭載し、軽快なハンドリングと使い勝手のよさで日本国内でも評価の高いカワサキのニンジャ650(Ninja 650)。その2020年モデルとして欧州&北米で新型が発表された[…]

関連記事

H2SX譲りの電子制御スロットル+走行モード獲得 「楽ッ速」の代表格が4代目に進化した。基本設計は従来型を踏襲しつつ細部を熟成、心臓部は電子制御スロットルを与えるとともに、排気系やFI設定の変更で、特[…]

関連記事

復活した250cc4気筒エンジンを引っさげ、遂にその姿を現したカワサキ・ニンジャZX-25R。まさに“祭り”と表現できそうな騒ぎの中、我々ヤングマシンは東京モーターショーのプレスデーでカワサキブースに[…]

関連記事

東京モーターショー2019で、ついに姿が明らかになったカワサキのスーパーチャージドネイキッド「Z H2」。H2の流れを汲む200馬力のエンジンを搭載したモンスターマシンだ。現地取材情報と激撮ショットか[…]

関連記事

いったんは生産終了となり、排ガス規制への対応とともにW800 STREET/CAFEの2本立てで復活したW800。フロント18インチホイールにリヤディスクブレーキなど、やや現代車寄りの装備となっていた[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報