バリバリ女子レーサーの一刀両断

レーシング女子・岡崎静夏のCBR250RR試乗インプレ【どこを走っても楽しめる、バイクの理想型】

  • 2019/12/27
'19ホンダCBR250RR×岡崎静夏

国内レースJ-GP3に参戦するなど活躍を続ける女性レーサー・岡崎静夏さんが、’19ホンダCBR250RR〈ABS〉に乗った。前稿のマシン詳細解説編に続き、今回は試乗インプレッションをお届けする。手の内に収まるパワー&サイズ感がお気に入りとのことで、女性らしい細やかな感性に満ちたレポートとなった。

'19ホンダCBR250RR×岡崎静夏

岡崎静夏(おかざき・しずか):チャーミングな笑顔でも中身はスパルタンな「バイクフリーク」。
’09〜’10年、MFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。

'19ホンダCBR250RR
’19 HONDA CBR250RR〈ABS〉直列2気筒エンジンとRRの称号を引っ提げて登場したのは’17年。スロットルバイワイヤシステムをコアとし、3つのライディングモード切り替えを搭載。倒立フロントフォークなど、走りの装備はクラスを超えている。最新モデルはカラーリングを変更。
主要諸元 ■全長2065 全幅725 全高1095 軸距1390 シート高790(各mm) 車重167kg ■水冷4スト直列2気筒DOHC4バルブ249cc 最高出力38ps/12500rpm 最大トルク2.3kg-m/11000rpm 6速リターン 燃料タンク容量14L ■タイヤサイズF=110/70-17 R=140/70-17

自分の意志通りに操れる。だからふだん使いもOK!

もう何度も乗らせてもらっているCBR250RRですが、改めてじっくり向き合うと、やっぱり楽しい! ヘルメットの中で思わずニコニコしてしまいます。

CBRの美点は、何と言っても速いこと! エンジンが単気筒から2気筒に変わった’17年には「すっごく速くなったな〜」と本当に驚きましたが、今もなお刺激的な速さ。

しかも、低回転域でのトルク感と高回転域の回り切り感が両立されていて、「よくできたエンジンだな〜」といつも感動してしまうんです。

ただ、「速い」と言ってもそこはニーゴー。600㏄や1000㏄のガチなスーパースポーツとは違って、私でも十分扱い切れます。

ちなみに確かに私は全日本ロードJ-GP3クラスで戦ってますが、街中でのスピード感はごくフツーの女子ですよ! その感覚からすると、CBR250RRでもう十分って感じです。

特に街乗りでは、住宅地の細い路地に入り込むこともありますよね。発進停止を繰り返す時などは、ニーゴーならではの軽さと、激し過ぎないパワーがすごくありがたく感じます。

それに、公道用バイクはレースする道具とは違います。だから絶対的なスピードよりも、「自分で操ってる〜」という手応えの方が大事。「操ってる感」については後でもう少し詳しく書きますが、CBRはその点でもとても満足感が高いバイクだと思います。

そしてサイズ感もちょうどいい。私でも気軽にまたがることができて、でもオモチャっぽさはまったくなくて、ディテールを眺めてもしっかりと本格スポーツバイクしていて、見応えがあります。

そう、街中でもすごく目立つし、存在感があるんですよね、CBRは。こんなことを言うのはナンですが、最近はちょっとおじさんっぽいバイクが多い中で、CBRはトンがっていてカッコいいと思います。

元気があってフレッシュで、いかにもスポーティなカウル付きのバイクは、やっぱり若い人の注目を集めて、ライダーを増やすためには大切だと思います。私もまだまだ若いですけど!

'19ホンダCBR250RR×岡崎静夏
軽量な車体、低回転域から扱いやすいエンジン特性で、ストップ&ゴーが多い街乗りもまったく苦にならないのがうれしい。スロットルやブレーキの操作に対して素直に反応してくれるから、安心して走りを楽しめます。

さて、さっきちょっと書きかけた「操ってる感」、私はとても大事な要素だと思っています。

「操る」というと、サーキットを中心とした激しめのスポーツライディングをイメージすると思いますが、実はストリートでこそ「操れる」ことが大切なんじゃないかな、と。

実際にストリートを走っていると、自分の手の内に収まり切らない、オーバースペックなバイクはとても怖いものです。公道では、何が起こるか分かりません。ネコや子供が飛び出してくるかもしれないし、一時停止を止まらないクルマがいるかもしれない。

そういう「いざ」という時に、サッと止まれるかどうか。あるいはサッと避けられるかどうか。車重の軽さやハンドリングの自由度の高さが、ものすごく利いてきます。

だから私は、ふだん使いのことを考えると「ニーゴーがいいな」と思うんです。しかも軽くて速くてハンドリングも軽快なCBRの素性は、安全なライディングのためにもすごく大事な要素じゃないかな。ハンドリングやエンジンのニュートラルな特性は、多くのライダーに安心をもたらすと思います。

'19ホンダCBR250RR×岡崎静夏
CBR250RR、スポーツライディングで本領発揮! エンジンもハンドリングもクイックに反応するので、とても気持ちいい走りです。気分や状況でモード切り替えできるので、楽しみの幅を広げてくれます。

よし、ここからは全日本ライダーらしいインプレで行きますよ!(笑)

サーキットに持ち込んでフルパフォーマンスを発揮させると、CBRはとってもエキサイティング! テンションが上がります。

実はサーキットでも、「手の内にある感じ」はとても大事。ハードブレーキングやスロットル全開など、限界域の走りでも、CBRは挙動が分かりやすいのが強みです。自分の操作でサスペンションがどう動き、それがどうタイヤに、そして路面に伝わるかが分かりやすいんですよね。

勝手な挙動が起こらずに、自分の操作した通りにバイクが動いてくれる。だから安心してもっと攻め込める。しかも軽いので、オーバースピードでフロントが切れ込んだり、スロットルを開けすぎてリヤが流れたりした時に、私でも対処できます。

ちょっとマニアックな話になってしまいましたが(笑)、ストリートもサーキットも根っこの部分は同じ。パワー感やサイズ感が手の内にあって、自分の操作した通りにバイクが動いてくれるという安心感は、ステージに関わらずライディングを楽しいものにしてくれるんです。

じっくり乗れば乗るほど、CBR250RRは街乗り、ワインディング、ツーリング、そしてサーキットと、どこで走っても楽しいバイクだな、と思います。移動のすべての時間を、特別なものにしてくれる1台です。

お気に入りポイントはデザイン!

アグレッシブでカッコいいデザインと、フロントフォークトップキャップといった細部まで手を抜かない機能部品。250ccクラスを感じさせない本気仕様がかなりイケメン!

'19ホンダCBR250RR
’19ホンダCBR250RR
'19ホンダCBR250RR×岡崎静夏
軽いとはいえ、女子が押し引きするのはそれなりの覚悟と腕力が必要かな。ハンドルの切れ角が少ないので、ちょっと気を使う部分もあります。タンクの出っ張りを腰に当てるようにすると、結構うまく取り回せました。

インプレッションまとめ

1. スタイリング

エッジの利いたフルカウルと、リッタースーパースポーツにも負けない凝ったデザインが、とにかくカッコいい!

2. ツーリング

とことん扱いやすくニュートラルな特性で、長時間乗っていても疲れにくいのが特長。ツーリングにもオススメ。

3. サーキット

ベストバランス! 限界域の挙動が分かりやすいから「攻めよう」と思えるし、何かあった際も対処幅が広いです。

4. 先進性

ライディングモード切り替えが素晴らしい。想像以上に特性が変化するので、状況によってポチポチ選ぶ楽しさが。

5. 実用性

タンデムは少し厳しいけど、それ以外のことは何でもそつなくこなせます。通勤も道中が楽しいので全然アリ!

'19ホンダCBR250RR×岡崎静夏

●まとめ:高橋 剛 ●写真:楠堂亜希 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ホンダ CBR250RR(2017-)の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CBR250RR(2017-)

ホンダ CBR250RR(2017-)

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 191 価格種別 中古車 49

本体

77.24万円

価格帯 67.9~88.6万円

本体価格

本体

75.11万円

価格帯 65.44~80.4万円

諸費用

5.26万円

価格帯 4.39~6.09万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

82.5万円

価格帯 73.99~92.99万円

乗り出し価格

乗り出し価格

68.55万円

価格帯 59.8~75.78万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す