第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

ゴー・ライド流SSTRで、目指せ日本海・千里浜!

東京から日本海へセロー激走!林道優先&高速1200km1泊2日旅〈往路編〉

  • 2019/12/2
ゴーライド at 毛無峠

日本人ライダーとして初めてパリ・ダカールラリーに参加し完走を果たしたオートバイ冒険家・風間深志氏が提唱する「SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)」。朝日とともに東の海を出発し、ゴールの石川県・千里浜にて日没を迎えるというツーリングイベントとして人気を集めており、我らがゴーライド副編集長・コイも過去3回の参戦を果たしている。さてさて今回の企画は、そのSSTRに敬意を表しつつも、これをゴーライド流に解釈したらどんなツーリング旅になるのか実験。当然ながら林道をゴリゴリ走り倒す1泊2日となったのであった…。本編はその往路、ゴール千里浜までの道程を辿る。

高速と林道を乗り継いで、目指すは日本海・千里浜!

ここ数年で人気上昇中、日の出とともに太平洋側からスタートし、日没までに日本海の千里浜なぎさドライブウェイにゴールするツーリングイベント「SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)」。ワタクシ(ゴーライド副編集長・コイ)は今年も友人の付き添いで千里浜まで走りゴールしているのだが、じつは過去3回の参戦すべてがスーパーカブ。ゴール地となる石川県・千里浜にて毎回颯爽と波打ち際を走り抜けるオフ車勢を見ながら、いつかオフ車でこの地を走ったるぞ! と心に誓っていたのだった…。

…というわけで、今回のツーリング企画を立てるにあたり、目的地として念願の千里浜をチョイスしたわけだが、ただ行って帰ってくるだけなど、ゴー・ライド的には笑止! そう、行くなら、どっぷりと「林道」というオプションをつけるべきだ。いやむしろ林道こそが主役であるべきだ! それこそが「ゴー・ライド流SSTR」だと。

とは言っても、今や令和元年。20〜30年前ならいざ知らず、どこもかしこも舗装化が進み、ダートをいまだに残す林道は首都圏に近いほど数少ない。そこでまず目をつけたのが、解禁されたばかりの中津川林道に並び、多くのオフロードライダーに昔から愛されてきたという「御荷鉾(みかほ)スーパー林道」。舗装化が進んだとはいえ、20km弱のダートを残す走り応えたっぷりのロングダート。群馬県から長野県に向けて一気に突き進むことができるのだ!

さらには時間の許す限り、「林道湯沢線」なども攻めてみたい。あとは高速を使って距離を詰めていけば、林道を楽しみながら目的地・千里浜にたどり着けるというものだろう。

東京出発〜首都高速〜関越道本庄児玉IC〜群馬県藤岡市

東大赤門前からスタート
【出発の地・赤門!】早朝4時、自宅のある東京本郷・赤門前を出発! これよりリアルに山々を越えて日本海・千里浜を目指す。相棒はセロー。
セローで高速移動中
林道走行に向けて体力温存のため、平均時速100km巡行でゆったりと林道までの距離を稼ぐ。

Go林道その1:御荷鉾スーパー林道(群馬県藤岡市〜長野県南牧村)

「御荷鉾林道」という名前だけは聞いたことがあったが、67.1kmという結構な規模のスーパー林道であることは今回初めて知った。

舗装化が進む前は、”スーパー”という名のとおり四国の剣山スーパー林道的なロングダート天国だったという。現在のダートはトータル20km弱ほどとはいえ、首都圏から日帰りで行けるロングダートとしてその人気は健在だ。

ゴールの石川県千里浜へは、高速を使い休憩なしで一気に行ったとしても総距離520kmで6時間半かかる。林道始点から一番近い「道の駅 上州おにし」で地図とにらめっこしてみたが、時間短縮のためにも最初の舗装路約20kmは完全にスルーし、ダート開始地点から御荷鉾に挑むことにした。

道の駅を出発し国道462号を西に進む。林道始点の分岐を横目で見送りながら直進し、県道46号を右折して進むと、目印となる「みかぼ森林公園」の看板と分岐が現れる。

御荷鉾スーパー林道マップ(スマホの方はピンチアウト、PCの方はクリックしてご覧ください)
御荷鉾スーパー林道
御荷鉾スーパー林道の東側ダート部分への入口がココ。そろそろダートが始まる!(1)
山の神の丘展望台
山の神の丘展望台。三国連峰や榛名山、武尊山に赤城山まで一望できる。東屋があり林道からすぐアクセスできるので、ココで一息いれるのもいい(2)
みかぼ森林公園
みかぼ森林公園区間では休憩しやすいポイントや東屋が点在。
八倉峠付近の崩落跡地
八倉峠付近に、崩落跡地と呼ばれる千切れた舗装路がむき出しになっている場所があった。この状態で放置ということに驚きだ。非日常を味わえる空間(3)
御荷鉾スーパー林道展望台
御荷鉾スーパー林道展望台は、二子山や武甲山のシルエットが目を引く絶景を臨める天空のテラス。時間を忘れる美しさだ(4)
御荷鉾スーパー林道出口
舗装路を経て西側ダートを走り切り、93号にあたる出口へ(5)

さて、御荷鉾スーパー林道を初めて走ってみた印象は、とにかく飽きがこない変化に富んだ林道! ということ。砂利フラット、ヌタ土、小ガレ、溝、石の多い固く荒れた路面など、いろいろなパターンの路面をギリギリ危なくないレベルで突きつけてくる。ベテランオフ乗りや上手い人はサラリと走破するかもしれないが、初心者に毛が生えたくらいのライダーには、それがとても練習になるのだ。また練習しに来ようと決意。

御荷鉾スーパー林道
少し砂利石が目立つくらいのフラットからちょっとキツめのガレ場、深い溝が走る路面や岩肌のような荒々しい路面まで、さまざまな顔を持つ御荷鉾。

南牧村〜上信越道佐久IC〜須坂長野東IC〜長野県高山村

御荷鉾林道に別れを告げ、群馬県南牧村から北北西に進路を取り、上信越道へ。そこから次なるターゲット長野県高山村にある「林道湯沢線」を目指し、高速移動。

セローで高速移動中

Go林道その2:林道湯沢線〜毛無峠(長野県高山村)

バイク乗りならオンオフ問わず一度はツーリングポイントとして聞いたことがあるだろう「毛無峠」。ここに高山村から約14kmのダートを通っていける全長約17.4kmの道、それが林道湯沢線だ。林道入口までは佐久方面から県道112号を東に走り、樋沢川を渡ってひとつめの分岐を右斜めに入る。そのまま直進していくと開いたゲートを越えた先にある湯沢線起点に出られる。

林道湯沢線マップ(スマホの方はピンチアウト、PCの方はクリックしてご覧ください)
112号から入り、舗装路をしばらく進みダートに入ると林道湯沢線起点に到着。ここから一瞬舗装路に戻るがすぐにダートが始まる。

この林道湯沢線は、中間点近くにある閻魔橋という橋を境に、前半と後半でその姿を大きく変えてくるフラット詐欺に遭いやすい林道。前半は石が多い少し固めの路面で、ゆるやかに高度を上げていく。後半は一気に高度を上げてくるのだが、深めの砂利になり溝やゴロ石とともに、ガレも顔をのぞかせてくる。簡単に動く軽めの砂利石を敷き詰めた路面のズルズル感が緊張をあおり、上りでも気を抜けない。ただ絶景高原林道と言われるだけのパーンと開けた景色は、きっとクセになるだろう。

突然開ける視界の先は絶景!こんなに高度を上げたのか、と感動を覚えるほど一気に山々を下に見下ろせる絶景ポイントだ。
林道湯沢線終点を抜け112号に戻る。ここから毛無峠までは目と鼻の先の距離。

112号に戻り少し走ると、樹木がなく山肌と草原の広がる毛無峠に着く。ここから湯沢林道の一部を見ることもできるので探してみよう。

ライダーに人気の毛無峠。名物標識である「群馬県」とともにパシャリ。この先はクサリが張られていて進入禁止だった。
絶景すぎるよ毛無峠!
激走しちゃうよ毛無峠!
天空の草原に佇む古びた鉄塔は、大正から昭和にかけて稼働した「小串硫黄鉱山」の遺構。廃墟&鉄塔好きとしてはたまらないコラボ。この時の伐採や硫黄精錬時に発生するガスが原因で樹木が枯れ、裸山になったという。
下りは峠を楽しむもよし 毛無峠側から林道湯沢線に入ると下り主体になって怖い。初心者ならば上りを楽しんで、毛無峠から112号を抜け高山に戻るのがオススメ。ここから石川に向け高速へ。

高山村〜上信越道信州中野IC〜北陸道〜金沢森本IC〜石川県千里浜

毛無峠の絶景とお別れし、さぁ本日のミッションはゴールの千里浜を目指すのみ。上信越道から北陸道に乗り、一気に石川県に突入!

信州中野IC
上信越道・信州中野ICから一路日本海へ!
日本海に沿って伸びる北陸道を高速移動。ようやく石川県に突入!
北陸道・金沢森本ICを抜けた! ゴールの千里浜まであと少し。
本日の宿にピットイン! チェックインギリギリの22時半に到着。ダッシュで宿に走る! 間に合った……。

なんとかゴールに辿り着きはしたものの、あたりはすでに真っ暗で、美しいはずの砂浜を拝むこともできず。千里浜なぎさドライブウェイ激走も明日にお預け。とにかく寝まふ。

…ということで続きは〈復路編〉にて。

※写真:関野 温

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。