新型水冷Vツイン「Revolution Max」搭載の2モデル

ハーレー初のアドベンチャー『PAN AMERICA』&ストリートファイター『BRONX』がミラノショーで公開

HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA / BRONX

ハーレーダビッドソンは、ミドル級製品を含む新しいセグメントへの拡大を実現する中期経営計画「More Roads to Harley-Davidson」に基づき、現在開催中のミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)において、ハーレー初のアドベンチャーツーリングモデル『PAN AMERICA』とストリートファイターモデル『BRONX』のプロトタイプを世界初公開した。ともに新型水冷Vツインエンジン「Revolution Max」を搭載する。

新型水冷Vツインエンジン「Revolution Max」

ハーレーダビッドソンの新たな水冷60度Vツインエンジン・Revolution Maxは、その形状によりデュアルダウンドラフトスロットルボディ用のスペースを確保。空気の流れが最大限になりパフォーマンス向上に繋がるよう設計された。また、エンジン重量を最小化、エンジンの振動を緩和して車両の耐久性を向上させるカウンターバランサーも内蔵している。

HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA / BRONX
新型水冷VツインRevolution Max(左:PAN AMERICA、右:BRONX)

ハーレー初のアドベンチャーモデル『PAN AMERICA』

『PAN AMERICA』は排気量1250ccのRevolution Maxエンジン、145馬力、最大トルク90ft-lbs以上を有するハーレー初のアドベンチャーモデル。過酷な環境を駆け抜ける耐久性を実現した、まさに”冒険家”のための二輪マルチツールと言えるだろう。2020年後半の発売が予定されているが、日本市場への導入の有無、詳細な導入時期、価格を含めた仕様の詳細は現時点で未定。 

HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA
【HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICA】
HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA
【HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICA】
HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA
【HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICA】
HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA
【HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICA】

ミドルクラスのストリートファイター『BRONX』

『BRONX』はミドルクラスのストリートファイターモデル。排気量975ccのRevolution Maxエンジン、115馬力、最大トルク70ft-lbs以上と、ミドルサイズながら妥協のない優れたパフォーマンスが期待できる。こちらのモデルも2020年後半発売予定、日本向けの販売情報等は未定だ。

HARLEY DAVIDSON BRONX
【HARLEY-DAVIDSON BRONX】
HARLEY DAVIDSON BRONX
【HARLEY-DAVIDSON BRONX】
HARLEY DAVIDSON BRONX
【HARLEY-DAVIDSON BRONX】
HARLEY DAVIDSON BRONX
【HARLEY-DAVIDSON BRONX】
HARLEY DAVIDSON BRONX
【HARLEY-DAVIDSON BRONX】

※情報提供:ハーレーダビットソン ジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

「ローライダーS」が帰ってきた! 2016年にセンセーショナルなデビューを果たし、惜しまれつつも2年足らずで姿を消してしまったあのSシリーズだ。新しくなったFXLRSは一体どんなモデルに仕上がって[…]

FXLRS LOWRIDER S
関連記事

SURESHOT SPEED SLIM CAFE Carbon Packageなんと、美しいことか。思わず溜息がこぼれる。タンク、フェンダー、シートカウルなど外装をカーボンとした見るからに軽快[…]

関連記事

[AD1]ヤングマシンを刊行する内外出版社がハーレー専門誌「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」を新創刊し、今日から販売がスタート! 編集者もユーザーも“一緒に”ハーレーという乗り物を楽し[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報