10月23日は各メーカー発表から目が離せない

[オーバー200馬力の競演?!]ドゥカティストリートファイターV4はカワサキZ H2と同日発表に!

  • 2019/10/16

ドゥカティがティーザー動画を公開した。以前からチラ見せしていたストリートファイターV4が、いよいよ2019年10月23日にお披露目される。208馬力に178kgと驚異的な数字が並ぶが、同日に発表予定のカワサキZ H2とガチンコ勝負になることは避けられない?!

東京モーターショー、プレスデー初日に海外発表

2019年10月23日は東京モーターショーが開幕する日。一般公開は24日午後以降となるが、23日には各メーカーがこぞってプレスカンファレンスを開催する。その中で発表される見込みなのは、カワサキのスーパーチャージドZこと“Z H2”および4気筒250ccのスポーツバイク、そしてヤマハのLMWによる新提案などである。

今回の東京モーターショーは海外メーカーの出展が少なく、重要な発表をするとしているアディバ、主催者プログラムエリアに展示予定のBRPジャパンおよびピアッジオグループジャパンのみとなっている。

とは言うものの、11月5日に開幕するミラノショーことEICMA 2019まで海外メジャー勢が黙っているかと思ったらとんでもない。BMWは噂のビッグツインを搭載したクルーザーの姿がキャッチされはじめ、トライアンフは日本GP(10月18~20日)でデイトナMoto2™ 765リミテッドエディションを公開予定。そして注目したいのはドゥカティだ。

ドゥカティは10月23日に本国イタリアで「2020ドゥカティワールドプレミア」と名付けた独自の発表を行うとしているが、ここでブランニューモデルのストリートファイターV4が発表されることはもはや公然の秘密と言っていい。すでにプロトタイプは発表済みで、全容がわかりくくなるような塗装が施されていたとはいえ、市販車の姿がかなり明確に想像できるぐらいにオープンになっている。あとは、灯火類などでどこまで表情が変わるのか……。そうしたなかで公開されたのが下記のティーザー動画だ。

208馬力は想像以上に“まんまパニガーレ”

ティーザー動画の内容はきわめてシンプルだ。書いてあるのは「デスモセディチストラダーレ(V4エンジン)」「バイプレーンウィング(2枚羽)」「パニガーレV4の電子制御が入っている」「178kg(おそらく乾燥重量で、パニガーレV4は175kg)」「高いハンドルバー」「カウルを引き算」「208hp/12750rpm」……以上である。そしてドゥカティワールドプレミアの日時、10月23日11時30分(日本時間18時30分)を知らせて終了……。

車重に関してはおそらく乾燥重量でカウル付きのパニガーレV4よりも3kg重くなっていることから、燃料タンクがスチール製だったりといったモディファイが考えられ、もしそうだとすれば戦略的な価格も期待できるかもしれない。208馬力は、ベースモデルのパニガーレが214馬力であることを考えれば、低中速トルクを増強しながらもデチューンする様子はまったく感じられない数値だ。

カワサキZ H2は、ニンジャH2をベースとしているのであれば231馬力の潜在能力を持っていることになるが、これがどのくらいの馬力に合わせてくるのか注目したい。いずれもクローズドな環境以外では解放することが許されない馬力ではあるが、そんな物凄いマシンに跨っているという実感は、大いなる所有感をもたらしてくれるだろう。MVアグスタのブルターレ1000セリエオロ、アプリリアのトゥオーノV4 1100と合わせて、スーパーネイキッドクラスが俄かに熱を帯びてきた。

すでに発表されているプロトタイプ。

すでに発表されているプロトタイプ(その2)。

[復習]ストリートファイターV4のプロトタイプ、そして国産勢の隠し玉は……

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)