第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

パワー差にコントロール性で挑むYZF-R25の真価とは?

【YZF-R25 vs ライバル】250ccスポーツ 実測徹底比較 [#02 加速/減速テスト・サーキットデータ解析]

  • 2019/8/7

ついに国内デビューを果たした新生YZF-R25。以前に公開した記事ではインドネシア・セントゥールサーキットでのテストを紹介したが、今回は日本でライバルを一堂に集め、サーキット&ストリートで徹底的に乗り倒した! 今回はサーキットでのデータを解析するとともに、0-120km/h加速テストと80km/hからのABS制動テストをレポートする。

データ解析[1]:サーキットタイム

データロガーでサーキットの走りを解析。ストレートや高速コーナーではCBRとニンジャが速く、中低速コーナーで新R25がタイムを稼いでいた事実が判明した。

全区間でメリハリのあるRR、新R25はコーナー勝負

[TEST TRACK:袖ヶ浦フォレストレースウェイ]FIA 規格の本格レーシングコース。多彩なコーナーと適度なアップダウンを備え、森の中を走り抜けるのが特徴。首都圏からはアクアライン経由でアクセスしやすく、2輪&4輪の走行会や草レースで人気だ。

テストを行った袖ヶ浦フォレストレースウェイにおける各セクションの速度をグラフ化したもの。速度の伸びは鈍い新YZF-R25だが、ボトムで速度が落ちておらず、コーナリングスピードがひと際速いことがわかる。全体にまんべんなく速いのはCBRで、ニンジャ250はコーナーで落ちた分をパワーで取り返している印象だ。旧R25はコーナーでの限界が低く、速度の乗りも今一つ。

上記コース図の[1]~[6]のセクションを見ると、CBRはホームストレートでトップスピードを出し、以降も減速と加速のメリハリが圧巻。ニンジャは[2]~[3]の高速コーナーで最速タイムを出すなど、CBRに迫ったが、最終コーナー立ち上がりからCBRが大きく引き離している。新R25は、登りの中速コーナーである[4]や、ヘアピン手前の[5]~[6]で速く、コーナリング区間でタイムを削ったことがわかる。旧R25は、直線は新型と同等ながら、やはりコーナーで差が開いた。

結果は前回の記事[#01 サーキットで運動性能対決!]のとおり、CBR250RRがラップタイム/最高速度ともにトップ。スペックどおりの結果に。

インドネシアでのテストで新R25が好走だった理由は?

ギャップで荒れたセントゥールでは、硬さの中にしなやかさを秘めた新R25の足まわりが真価を発揮。収束性の高さと踏ん張りで好タイムを出した。CBRはイニシャルやダンピングが硬めで、好路面寄りのセッティング。細かく車体が跳ね、タイムを落とした。

2019年3月に行われたテストでは、柔らかい足まわりの旧R25はギャップで跳ね、大きくタイムロス。インドネシア育ちのR25だけに、新型は荒れた路面も考慮した?

サーキットデータの記録にはGPS DATA LOGGER デジスパイス3を利用

国内外のサーキットをカバーし、タイムや速度に加え、ライン取りやコーナーごとの速度まで解析できるGPSデータロガー。48×37×15.5mmと小型で、重さも28g。バイクへの取り付けにも最適だ。4万3200円。

データ解析[2]:エンジンパワー

シャーシダイナモで後輪出力を測定したところ、スペックどおりCBRがトップを獲得。新旧R25はエンジンはなぜか最高速付近で若干の違いが?

カタログ値と比較すると、全車一律で5馬力程度の数値ダウンが見られるが、これはエンジンのクランク軸で測定するメーカーと、後輪で測定するシャーシダイナモの違いによるものだ。

CBRがスペックどおりトップとなったが、低中速トルクに厚みのあるニンジャ250は綺麗なパワーカーブを描いた。

トップエンドで伸びるCBR、新R25はパワーが落ちない?

後輪出力の実測値は、CBRが順当に最高値をマークした。一方、綺麗なパワーカーブを描いたのはニンジャ。8400rpmまで出力、トルクともCBRを上回った。新旧R25も8000rpmまでCBRといい勝負をしたが、以降はCBRが盛り返し、ライバルが頭打ちした1万2000rpm超でも唯一伸びを見せた。R25は新旧とも同じエンジンながら、新型は1万2000rpm超でパワーを維持。最高速付近で1psほど差が出る。ECUを変更した可能性も?

2017年12月測定時は、CBRが34.7psを記録したが、今回はダウン。これは、気温が低いと酸素量が増え、最高出力がアップするのが原因(前回は気温9度)。今回は曇りで気圧が低いことも影響した模様だ。

CHASSIS DYNAMOMETER:ブルーライトニングレーシング

パワーチェックはダイノマシンを搭載した「BLRラボ・スーパートラック」を所有するブルーライトレーシングさんに依頼。全国どこでも出張パワーチェックが可能だ。自社製インジェクションコントローラー「i-CON」の出張セッティングやイベントで全国を駆け回っている。なお、「250は気温などのコンディションでバラつきが出やすい」とのこと。

ブルーライトニングレーシング 神奈川県平塚市西八幡4-4-12 http://www.blr-jp.com/

データ解析[3]:0-120km/h加速テスト

ゼロ発進から全開での加速性能を測定。エンジン出力が大きい方が有利だが、まさに結果はその通り。パワーチェックで上位の2車が速さを見せつけた。

RRとニンジャがブッチギリ! パワー差がダイレクトに出た。

頭ひとつリードしたのはCBRだった。R25は差を埋められず

0→100km/h、0→120km/h加速ともCBRが頭一つ抜きん出た。2番手はニンジャ。ほぼ互角でいい勝負をしているが、最高出力と高回転パワーに勝るCBRには惜しくも一歩及ばなかった。とはいえ、数字上では僅差でも、車載映像ではかなりの差として現れている。

3番手は新R25だが、同じエンジンを搭載するため、当然ながら新旧との差はほぼなし。これは体感的にも同様で、乗り手でわずかな違いが出た。CBR&ニンジャとは明確にパワー感の差があり、2番手のニンジャと比べても0-100km/hで0.8秒差、0-120km/hで1.3秒差がついている。これは見た目にも明らかで、距離を増すごとにグングンとニンジャがリードを広げていった。

データ解析[4]:80-0km/h ABS減速テスト

80km/hで走行中にフルブレーキングを行い、絶対制動力とABSの作動性をチェック。新R25の倒立フォークがタイヤのグリップを引き出し、最も短い制動距離をマークした。

制動距離、コントロール性とも倒立の新R25がダントツ!

温めれば効力がアップするR25、新型は唯一ストッピーもこなす

テスト車は全てABS仕様。短制動では、ABSの作動タイミングやリリース度合いが重要となる。結果は、新R25が圧勝。これはサスの影響が大きい。よく動き、コシがある倒立フォークは、前輪のグリップ力を引き出し、タイヤがロックしにくい。ABS介入のタイミングは遅く、制動を抜く間隔も自然。このコントロール性は秀逸で、後輪を浮かせるストッピーも唯一できた。ただし、ディスクが冷えていると効きが弱いのは難。旧型は同じブレーキだが、サスが柔らかいため、距離が伸びた。

CBRとニンジャは、ABSの介入が早く、制動を抜く間隔もタタタタと短い。そのため、制動距離が伸びる結果に。CBRはFフォークの踏ん張りがR25より弱いが、安定感はある。ニンジャは特にABSのリリースが速く、サスが硬いため、リヤが跳ねるのだが、初期から制動力は抜群。公道では安全な側面もある。

QSTARZ LT-Q6000S:80km/hはキュースターズで統一

デジスパイスと同様にGPS内臓の多用途ラップタイマー。ここでは、車種ごとのメーター誤差を解消するため、実速値を表示する速度計として使用。80km/h統一でABSテスト開始ラインまで走行した。6万1560円。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。