第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

~ゼロヨン対決の夢を追った記録~

【復刻・バイクで社会科見学】ニンジャZX-14R vs 航空自衛隊機!?[地対空 異種最速バトル]〈前編〉

  • 2019/6/22

バイクと戦闘機を、ゼロヨンで対決させてみたい……! 一度そう思ったら最後、もう我々は止まらなかった。無理かどうかは、やってみなくちゃ分からない。やれるだけのことはやってみようじゃないか! 純粋な男子マインドに突き動かされ、交渉、交渉、また交渉。そしてついに、航空自衛隊入間基地の門が開いた!!

●文:高橋 剛 ●写真:長谷川 徹 ●取材協力:航空自衛隊 入間基地
[ヤングマシン2013年10月号より復刻]

【超対決】バイク vs ジェット飛行機:KAWASAKI Ninja ZX-14R vs Japan Air Self-Defence Force T-4

“一番速いバイク”が亜音速の 住人に挑む!

「バイクと飛行機って、競争したら どっちが速いんだ?」

そもそもの発端は、ヨタ話の中か ら飛び出た、軽い一言だった。

いやもちろん、我々だってそれなりのオトナだ。バイクと飛行機の速さを比べたところで、意味なんかないことはよーく分かってる。今さら説明するまでもないけれど、片や陸を駆け、片や空を飛ぶ乗り物だ。両者に求められる性能や機能はまるで違うし、もちろん見てくれだってまったく違う。

でもこのふたつには、共通して我々を惹きつける何かがある。車体を傾けながら、地上を走り抜けるバイク。機体を傾けながら、空を駆け巡る飛行機。「バンクさせて旋回する」ということ以上に、このふたつの乗り物には、何か共通するマインドがある。

Ninja ZX-14RとT-4には共通する魅力がある……!

結局のところ、バイクも飛行機も、カッコいいのだ。老若男女、誰もが心の中に持っている「男の子」がウズウズするカッコよさ。動機がシンプルだからこそ、長く、我々を突き動かし続ける。

……突き動かされるままに、鼻息荒く航空自衛隊に直撃した。「戦闘機とゼロヨン対決させてくれませんか?」と。 バカげていると思うかもしれないが、バカかどうかは、やってみなけりゃ分からないのだ。

答えはズバリ、NOだった。そりゃそうだ。空気を猛烈な勢いで噴射させるジェット機と一緒に走ることなど、危険極まりない。しかも戦闘機の性能を暴くなんて……。「じゃあせめて、バイクと一緒に写真を撮らせてほしい」と食い下がった。

何と! それはOKだという。しかしコクピットの撮影もリクエストすると、戦闘機は機密上NG、ただし練習機のT-4ならOKとのことだった。

戦闘機の細部撮影は叶わなかったが、練習機T-4ならOK。いや、もう十分です!(ディテールは〈後編〉にて)

成果アリ! 果たして我々は、ハイエースにニンジャZX-14Rを搭載し、密かにT-4のゼロヨンデータを採らせてもらえないかとポケットにデジスパイス(GPSロガー)を忍ばせて、航空自衛隊入間基地の門をくぐった。そして格納庫脇のエプロンにて、同じ川崎重工業製のZX-14RとT-4中等練習機が、顔を合わせたのである。

それはもう、素晴らしい瞬間だった。バイクと飛行機の巡り会いは、得も言われぬ感動に満ちていた。だが出てくる言葉は「カッコいい!」だけだった。単なる男の子である。

飛行機と共に走る夢は叶わなかった。デジスパイスでのデータ採りも不可能だった。でも、それらを軽く吹き飛ばすカッコよさだった。

ああでも、やっぱり飛行機と共にバイクを走らせてみたい。そういえば戦闘機とのゼロヨン対決、航空自衛隊の回答は「絶対不可能」というより、「相当ハードルが高い」というニュアンスだったな……。純粋系夢追い男子としては、再挑戦か?(※その後、まだ実現していません)

溜息の出るような至福の時間が、2019年の今でも脳裏に蘇る。

バイク代表はもちろんニンジャ:[陸]レシプロエンジン代表 Ninja ZX-14R

・川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー製
・水冷4スト並列4気筒 DOHC4バルブ 1441cc
・最高出力 200ps
・装備重量 266kg

練習機とはいえ、亜音速の住人。T-4と勝負するべきはバイク界の最速王だ。迷わず選ばれたのは、Ninja ZX-14R。最高性能のバイクが、いざ参る!

KAWASAKI Ninja ZX-14R[2013]

実はカワサキ製:[空]ターボファンエンジン代表 T-4

・川崎重工業航空宇宙カンパニー製
・IHI製 F3-IHI-30×2基
・推力 1670kg×2 (1040km/h飛行時・約1万2865ps相当)
・運用自重5640kg

小回りの効く軽量な機体による素直な操縦性、ジェットエンジンに よる優れた運動性能で、パイロット成に活用されている。アクロバットチーム・ブルーインパルスの3代目機種でもある。

JASDF 中等練習機 T-4

同門対決!!!

航空自衛隊入間基地のエプロン地区(駐機場)に、ZX-14Rを潜入させることに成功! T-4中等練習機との勝負は、同じ川崎重工によって製造された「同門対決」。果たして実現なるのか……!?(※なりませんでした)

Ninja ZX-14R vs T-4

取材協力 航空自衛隊入間基地

池袋から西武池袋線で約40分。埼玉県狭山市と入間市にまたがる首都防衛の要衝。18個の部隊と約4300名の隊員を擁する、航空自衛隊最大級の基地。T-4中等練習機のほか、C-1中型戦術輸送機などを配備している。

航空自衛隊 入間基地

航空自衛隊 入間基地

航空自衛隊 入間基地

無駄を削ぎ落とした機能美が、舞台や数値を超えた共通項だ

国家機密の壁に阻まれ、ZX-14RとT-4のゼロヨン直接対決はならなかった。ちっちゃなデジスパイスをセットして、データを得ることもできなかった。機内に取り付けて万一落下した場合の危険性への配慮と、やはり具体的なデータを公表することの難しさがあった。

しかしT-4は、目の前をバンバンと離陸していく。ターボファン特有のエンジン音を轟かせながら……。

チャンス! 我々が独自かつ目分量でざっくりと手元計測を敢行したところ、T-4のゼロヨンはおおよそ15秒。ZX-14Rの9秒台にははるか及ばず、ニンジャ400R(当時)と同程度、という意外な結果が判明した。

これはターボファンエンジンの特性によるもの。バイクは、2次曲線的に短時間で加速するが、ジェット機は直線的な加速が長く続く。だからバイクほどの加速度(速度の変化量)が得られず、体感加速はさほど強烈ではないのだ。

実際、T-4パイロットにしてCB750乗りの石井真幸さんからは、「離陸時の加速で言えば、バイクの方が速いような気がする」という証言が得られた(後編にインタビュー掲載)。ちなみに「着陸時の減速度はT-4の方が上」とのこと。さすがは飛行機、カーボンディスクやアンチスキッドシステム(バイクで言うABS)を生み出しただけのことはある。

冒頭に述べたように、確かにあまりに異種同士のこの対決、数値を並べたところで事実上の意味はない。しかしZX-14RとT-4を並べて、よく分かった。「目的に対して技術の粋を尽くす」というストイックさこそが、男の子マインドをくすぐる「カッコよさ」の源だということが。

舞台が陸でも、空でも、それは変わらない真理。だから我々はいつまでも、バイクと飛行機に憧れ続ける。

[編集部で手元計測]地上ではニンジャが「予想外の」圧勝![ゼロヨン・タイム比較(参考)]

Ninja 250…………15.58秒
T-4…………………約15秒
Ninja 400R………14.868秒
Ninja 1000………11.626秒
Ninja ZX-14R……9.907秒

[T-4]0-400m:約15秒(本誌推定)/最高速度マッハ約0.9(約1040km/h)

[T-4] 秒速約288mですが、なにか?

[Ninja ZX-14R]0-400m:9秒907/最高速度297.57km/h(実測)

[Ninja ZX-14R]ゼロヨン圧勝です!

ただし、T4にとって300km/hはただの通過点でしかない!

短時間で一気に加速するZX-14Rに対して、ジェット機のT-4は直線的に長く加速する。0→1000m勝負ならT-4の逆転が予想されるが、500~600m、250km/h前後で離陸してしまう……。

最高速度くらべ:トップスピードは戦闘機が圧巻!!

ゼロヨンはバイクが圧倒的に有利だが、ほどなく飛行機は離陸し、さらに加速し続ける。最高速を比較すると、戦闘機が圧勝! 音速をやすやすと突破し、約300km/hで地上を走るZX-14Rの頭上を、その10倍、3000km/hという圧倒的な速さで飛び去っていく。空気抵抗を示すCD値が0.1と言われる機体に(カウル付きバイクは0.3~0.5とされる)、20万馬力以上の超ハイパワーエンジンを搭載した戦闘機。最大出力領域では、バイクとは比べるべくもない超絶パフォーマンスを発揮する。国民の安全を守るための性能は、ハンパないのだ。

そのまま勝負を続けたら……!? 最高速領域のバトルをシミュレート!

F-15イーグル=マッハ約2.5(約3060km/h)
F-4ファントム=マッハ約2.2(約2695km/h)
T-4=マッハ約0.9(約1040km/h)
B747=約950km/h
ゼロ戦=約500km/h
東北新幹線=約320km/h
Ninja ZX-14R=297.57km/h(本誌実測)
国産乗用車=180km/h(リミッター作動値)
Ninja250=158.84km/h(本誌実測)
自転車=約70km/h
スーパーカブ50=約61.7km/h(本誌実測)
ハヤブサ(鳥)=約390km/h
チーター=約110km/h
ウサイン・ボルト=約44.6km/h

JASDF 中等練習機 T-4

JASDF 中等練習機 T-4

JASDF 中等練習機 T-4

JASDF 中等練習機 T-4

JASDF 中等練習機 T-4

JASDF 中等練習機 T-4

〈後編〉はコチラ

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

高橋 剛

高橋 剛

記事一覧を見る

カート上がりのバイク野郎。心震わす原稿が得意で、あのスポーツ名門誌・Sports Graphic Numberにも寄稿したりしなかったり。セッティングさえ出れば怖いものなしの隠れ文豪。