キャラ被りナシで迷います

ホンダ人気の原付二種×5台イッキ乗りテスト#2〈主要装備編〉

ホンダ原付二種×5台イッキ乗りテスト

法定最高速度は60km/hで二段階右折不要など、なにかとメリットの多い原付二種。このクラスに個性的な13機種を投入しているホンダ車から5機種(モンキー125、CB125R、クロスカブ110、グロム、PCX)をピックアップし、往復240kmの下道ツーリングテストを敢行、それぞれの個性をたっぷりと比較した。本稿#2では、前稿のプロフィール紹介に引き続き、各車の主要装備面について比較する。

↓【#1:プロフィール編を読む】↓

エンジン&マフラー

モンキー125

モンキー125

PGM-FIと4速マニュアルミッションを備えたグロムの空冷単気筒をベースに、モンキーのコンセプトに合わせて最適化。力強くスムーズな特性を狙った。クランクケースカバーは専用品だ。マフラーは5車で唯一のアップタイプとなる。

CB125R

CB125R

SOHC水冷単気筒は、タイホンダ製の欧州仕様=CBR125Rがベース。吸気をストレート化した前後に長いエアクリーナーボックスや、2室構造のショートマフラー、PGM-F1のセッティング変更で、13psのハイパワーを発生する。

クロスカブ110

クロスカブ110

スーパーカブ110譲りのタフな空冷シングルを搭載。セル/キック併用式で、自動遠心クラッチ式4速ミッションが特徴だ。カートリッジ式オイルフィルターや旧型よりサイズアップしたチェーンを採用する。マフラーガードは専用品。

グロム

グロム

空冷ユニットはカブ系のウェーブ125iをベースに、専用クランクケースの採用や吸排気系の変更などで低中回転域のトルクを向上。ハンドクラッチ化に伴い、クランクマスを15%軽減したクランクシャフトを用い、軽快な加速感を狙った。

PCX

PCX

グローバルに展開されるeSPエンジンは、’18でエアクリーナーとマフラーの形状&内部構造を変更し、高回転化に対応。変速比の幅も拡大した。5車唯一のアイドリングストップは、バッテリー電圧が低下すると自動停止する。

足まわり

モンキー125

モンキー125

アルミ切削仕上げのアウターチューブを採用する倒立フォークに2ピストンキャリパーを組み合わせる。ABS仕様は前側のみが作動する。リヤは長円断面の専用アームに2本ショックを採用。前後とも130mm幅の極太タイヤを履く。

CB125R

CB125R

フロントはφ41mm倒立式フォークに、5車中唯一となるラジアルマント式のニッシン製の対向4ピストンキャリパーを組み合わせる。ブレーキディスクは前φ296mm+後φ220mmで、前後ともウェーブタイプだ。

クロスカブ110

クロスカブ110

前後とも17インチのワイヤースポークホイールに、溝の深いセミブロックタイヤを履く。フロントフォークは正立式のテレスコピック、リヤは2本ショックとなる。

グロム

グロム

フロントはφ31mm倒立式フォークに2ピストンキャリパーとφ220mmディスクを装備。リヤはモノショックにシングルピストンキャリパー+φ190mmディスクとなる。12インチY字スポークホイールはモンキーと共通だが、タイヤはサイズと銘柄が異なる。

PCX

PCX

前後とも14インチを採用。フロントにはφ220mmディスク+3ピストンキャリパー、リヤの2本サスには3段階のバネレートを持つスプリングを採用する。ブレーキは前後連動式で、ABSの設定はなし。

タイヤ特性の違い

今回の5台、ホイール径は3種類に大別される。モンキーとグロムが採用する12インチ、PCXの14インチ、そしてCB125Rとクロスカブの17インチだ。タイヤ径が大きくなるほど安定性が増し、反対に小さくほど軽快性や旋回性が高まる傾向にある。12インチの2台はタイヤの偏平率が異なり、モンキーのほうが外径が大きいが、軽快感では同車が上だ。PCXは最新のモデルチェンジでフロントが1サイズ、リヤは2サイズも太くなり、同じ14インチながら接地感が高まっている。17インチ勢のCBとクロスカブは、前者は原付二種としては珍しくラジアルを採用する。一方、クロスカブはチューブ仕様の細めのタイヤであり、ホイール径こそ同じだが操安性は対照的だ。

HONDA MONKEY 125/GROM

【12インチ】(左)モンキー125:ブロック(右)グロム:ストリート

HONDA PCX

【14インチ】PCX:ストリート

HONDA CROSS CUB 110/CB125R

【17インチ】(左)クロスカブ110:ブロック(右)CB125R:ストリート

灯火類

モンキー125

モンキー125

ウインカーを含め全てLED。ラウンド形状のモダンなヘッドライトは、ロー/ハイを取り囲むリング状のポジション灯が特徴的。テールも顔と共通デザインの丸型ランプを採用する。

CB125R

CB125R

兄貴分のCB1000Rをイメージした薄型のLED丸眼ヘッドライトは、個性的な上下2分割式。ローで上側のみ発光する。テールランプもLEDで、2重構造レンズによるラウンド形状としている。

クロスカブ110

クロスカブ110

スーパーカブPRO同様の小ぶりな丸型LEDヘッドライトを採用。これを専用パイプガードで囲み、ヘビーデューティな雰囲気を醸し出す。ウインカーやテールランプはハロゲンバルブとなる。

グロム

グロム

スクエア形状の前後LEDライトを導入。ヘッドライトは上下2分割式で、ブルーのリフレクターも相まってクールな印象だ。ローで上側のみ点灯する。ウインカーは前後ともハロゲンだ。

PCX

PCX

フルLEDを採用。ウインカーを一体化した大型のコンビネーションランプは、両サイドに車体色のカバーをあしらい、シャープな印象。テールランプは上下2段式で、X形状に点灯する。

メーターパネル&積載性

モンキー125

モンキー125

(左)小ぶりなケースにメッキベゼルを備えた反転液晶の単眼メーター。燃料計と速度、オド、トリップを示し、インジケーターを下部にまとめて配置する。メインキーONで速度計の「00」がウインクするアニメ演出がユニーク。(右)汎用のシートバッグを取り付けるとライダーの座面が限りなく制限されてしまうため、身につけるバッグの携行か、荷掛けフックを配したホンダ純正アクセサリーのリヤキャリア(写真右・1万4904円)の装着を推奨したい。

CB125R

CB125R

(左)薄型&軽量な反転液晶メーターを採用。スポーティなバーグラフ式タコメーターや、燃料計、トリップ×2、燃費を表示する。CB250Rと共通デザインだが、125はギヤ段数も示す。シフトアップインジケーターなども装備。(右)荷掛けフックの設定はないが、サブフレーム後部とピリオンシートを利用したバッグの取り付けが可能。バッグの寸法によるが、パッセンジャー部へ自然に収まる荷姿で、日帰り程度のツーリングなら快適にこなせる。

クロスカブ110

クロスカブ110

(左)5車唯一のアナログメーターで、中央に速度計とオド、下部に燃料計を装備。左サイドにギヤポジション、右側にインジケーターを集約する。背景にあしらったカモフラージュ柄が、アウトドアな雰囲気を醸し出す。(右)写真はキジマ製ダブルシート&グラブバーを装着した荷姿。グラブバーを利用すると固定も容易に行え、ライダーの座面も十分に残る。STDのリヤキャリアは荷掛けフックも配す。いずれも理想的な積載性が嬉しい。

グロム

グロム

(左)ミドルバイクにも採用される本格的なフル液晶メーター。バーグラフ式の回転計と燃料計、オド、トリップ、時計などを表示し、ブルーのバックライトが特徴的だ。両サイドのボタンが大型で、グローブでも押しやすい。(右)荷掛けフックの設定はなし。一体型のシート後部とフレームでバッグを固定できる。ライダーの体格によっては、気持ち良く走るために座る位置を調整する工夫が必要だが、少しのお出かけ程度ならストレスは感じない。

PCX

PCX

(左)未来的なデザインに反転液晶を採用。速度計の下に時計、燃料計、平均燃費、オドを示す。中央に表示が集約され、視線移動が少ないのが特徴だ。左右に大型のウインカー表示灯も設置する。スマートキーは5車唯一の装備だ。(右)シート下に28Lの収納スペースを設定。ジェットヘルメット+αが収まり、標準でショートステイ程度を楽々こなす輸送能力は、他の4車より抜きん出ている。フロントのインナーボックスには12Vの電源も配備。

…というわけで、次稿#3ではクローズドコースでの加速性能と最高速をチェックする。

【#3:加速性能編に続く】

●写真:真弓悟史

※ヤングマシン2019年9月号掲載記事をベースに再構成

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。