いきなりライバル比較も!

【動画】新型ヤマハYZF-R25に先行試乗!【#1 ライディングポジション編】

  • 2019/2/27

欧州では新型YZF-R3が発売され、アジアでも新型YZF-R25はすでに走り出している。日本でも登場は秒読み段階となり、大阪/東京モーターサイクルショーでの展示も確実。それでも、一刻も早く見たい! 乗りたい! 触りたい! というヤンマシ読者の期待を一身に受け、丸山浩がインドネシア、セントゥールサーキットへ飛んだ!

ポジションチェックだけでもキャラクターはかなり分かる

今回の記事は3月23日発売のヤングマシン5月号に掲載されるが、WEBヤングマシンでは先行して丸山浩による動画レポートをお送りする! 数回に分けてお届けする予定の動画レポート、皮切りとなる第1回はライディングポジションから。

足着きや前傾度、ニーグリップのしやすさ、伏せたときのスクリーンの具合、そしてサスペンションの動きに至るまで、跨ってバイクを揺するだけでもプロライダーは多くの情報を収集する。

CBR250RR、新型YZF-R25、従来型YZF-R25、ニンジャ250の4台を比較! シート高の数値そのままの印象とはならず?

ライディングポジションをざっくり言うと……?

各車シート高:新型YZF-R25【780mm】/従来型YZF-R25【780mm】/ニンジャ250【795mm】/CBR250RR【790mm】

・新型YZF-R25は、スポーツバイクとして最もスタンダードなポジションになった。街中からサーキットまで違和感なく乗ることができる。

・従来型YZF-R25は、サスペンションがよく沈むので足着きはとても良好。ハンドルが高いのがサーキットでは気になるが、街中では非常に乗りやすい。

・ニンジャ250は、これぞスタンダードバイク。スポーツバイク的なスタンダードは新型R25だけど。足着きはヒザが曲がる余裕あり。400ccのクラス感。

・CBR250RRは前傾が強く腰高感はあるけど両足はベッタリと着く。新型R25に近い。伏せるとスクリーンもタンクの上も狭い。コンパクトに伏せる必要あり。

サスペンションの感じはどう?

・新型R25はだいぶしっかりしている。バネレートも高そう。

・CBR250RRのほうが動く感じはする。倒立フォークも入っているけど……。

・従来型R25は柔らかい。サーキットを本気で攻めると……?

・ニンジャ250も柔らかいけど、リヤはダンパーが利いている感じ。

サスペンションは車体を揺すって判定。しかし事前に軽く走行してみたフィーリングとやや食い違う部分もあり……。やっぱりちゃんと走ってみなきゃわからない! というわけで次回をお楽しみに!

[動画]YZF-R25・インドネシアテスト[ポジションチェック回]

関連する記事/リンク

ヤマハ YZF-R25の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ YZF-R25

ヤマハ YZF-R25

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 326 価格種別 中古車 98

本体

61.1万円

価格帯 43.42~64.26万円

本体価格

本体

44.06万円

価格帯 37.8~51.47万円

諸費用

―万円

価格帯 3.3~5.72万円

諸費用

諸費用

3.83万円

価格帯 1.62~1.79万円

乗り出し価格

58.04万円

価格帯 49.14~67.56万円

乗り出し価格

乗り出し価格

47.9万円

価格帯 39.42~53.27万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

丸山 浩

丸山 浩 丸山 浩

記事一覧を見る

「全国2000万人のヤングマシン読者諸君!」の呼びかけでおなじみのヤングマシン誌メインテスター。レーシングライダー出身だがユーザーである一般ライダーの目線を忘れない。