YZF-Rファミリーのセンターに陣取る

【国内発表直前!】ヤマハ’19新型YZF-R3/YZF-R125試乗インプレッション【R125はどうなる?】

エンジンや骨格はそのままに、フェイスリフトといくつかのテクニカルな改訂を受けたYZF-R3(国内仕様では車体を共有するYZF-R25も同時発売の見込み)。ヤマハのスポーツバイクの中ではちょうど中間の位置づけとなるが、日常を走る資質も見失ってはいない。そんなR3と、日本への導入は未定だが全てが新しいYZF-R125に、ドイツのバイク雑誌『PS』が試乗し、レポートを届けてくれた。

たくさんのバイクを持ちたくても……/YZF-R3

多くのライダーはバイクでいっぱいになったガレージを所有することを夢見ているだろう。少なくとも5台は欲しい! いや、せめて公道用のバイクと、サーキット用にもう1台を持てれば文句は言うまい! ……しかし、特に若いライダーの場合、この種の欲望は、ほとんど空想で終わってしまう。これから乗り始めたいビギナーで、いった誰がそのような艦隊を編成することができるだろうか。

しかし、解決策はある。その名は『YZF-R3』だ。5895ユーロ(約71万円/日本仕様の予想価格は70万円以下)という買いやすさで、中身を考えれば実際の価値はさらに増しているといっていい。

(中略)

【YAMAHA YZF-R3 2019(EU)】主要諸元■全長2090 全幅720 全高1135 軸距1380 シート高780(各mm) 車重169kg(装備)■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 321cc 42ps/10750rpm 3.0kg-m/9000rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■ブレーキF=φ298mmディスク+2ポットキャリパー R=φ220mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=110/70-17 R=140/70-17 ●ドイツ国内価格:5895ユーロ

コックピットを覗くと、さらなる変化が明らかになる。まず読み取りやすいLCDスピードメーターのほかに、ギヤポジションインジケーター、調整可能なシフトタイミングインジケーター、燃料残量計、そして表示バリエーションの豊かな距離計が備えられている。もう一方では、モトGPスタイルで肉抜きされたアルミ製トップブリッジが目を惹く。ハンドルバーの位置は22mm下げられ、絞り角は2度開いた。こうしてよりスポーティなライディングポジションとなったわけだが、それでもYZF-R3は快適な部類に入る。これは780mmという低めのシートのおかげもあるだろう。リアルレーサーにしたいのならば、ここからシートを数インチほど上げればいい。

さて、YZF-R3はどのくらいスポーティなのか。サーキットを縦横に走り回った周回を振り返ってみると、コースはメインストレートを除けば長い直線がなく、ギヤチェンジは本当に忙しい。3速から4速、そして5速、6速へ。瞬く間に3速へと戻り、また最初から繰り返す。しかし、ギヤレシオを3つ下げるという作業は、タイトフックコーナーでは時として絶対に必要というわけでもない。この321ccエンジンはいつも十分なトルクを発生してくれるからだ。

※詳細はヤングマシン4月号に掲載します

従来モデルと同じく、321ccの並列2気筒は10750回転で42馬力を発生する。ラジエターは小さいが、フロントサイレンサー(エンジン下のボックスサイレンサー)はそれなりのボリューム感。

MotoGPスタイルでスリットが開けられたトップブリッジ。ロッシのレースバイクであるYZR-M1を彷彿とさせる。

KYB製の倒立フォークを新採用。インナーチューブ径はφ37mmだ。

【YZF-R125】これまででもっとも人気のある125cc

この新しいR125は第3世代となり、ほぼ全てが刷新されている。2008年にヤマハが最初のYZF-R125を発表したとき、この8分の1リッターのマシンがこれほどの成功を収めると想像したものはいなかっただろう。全ての16歳がこのマシンを欲しいと思っているように見えるほどだ。若者のためのスーパースポーツは、しばしばヤマハ史上最高のベストセラーとなってきた。特にドイツ、そしてイギリス、イタリア、スペイン、フランス、そしてノルウェーでも、非常に人気があるのだ。

最初のモデルが登場してから10年が経った今、125ccの第3世代はスターティングブロックに入っている。欧州ヤマハの広報マンは「この製品はプレミアムなものですよ」と語り、ヤマハがどれほどこのマシンのモデルチェンジに真剣に取り組んでいたか、そしてプロジェクトにどれだけ徹底的にアプローチしたかを強調した。

YAMAHA YZF-R125(EU)

マシンについてざっと説明すると、法定最大出力の15psを発生するエンジンに、MotoGP風の外観とより現代的なデザイン、より軽量でより正確なハンドリングを備えている。さらに、高いトップスピードを実現しながら、その領域での快適性やユーザーフレンドリーさも実現しているという。これらの野心的な目標を達成するために、エンジンからフレーム、そしてシャーシまで、全てが新しくなった。

これらの急進的かつ根本的な治療法が、いかに効果的なものなのかを明らかにしよう。なぜなら、このニューモデルは現代の125ccスポーツのなかでもベストといっていいからだ。跨ってみて、YZF-R3と比べると、R125のほうが高い位置に座っている。目前の眺めはフロントホイールのフィーリングが格別であることを期待させる。倒立フォークはφ41mmで、R3のφ37mmと比べて4mmも太く、間違いなく剛性も高い。この小さなヤマハは大きな飛躍を果たしているにもかかわらず、さらに背の高いライダーにも十分なスペースを提供している。

【YAMAHA YZF-R125 2019(EU)】主要諸元■全長1955 全幅680 全高1065 軸距1355 シート高825(各mm) 車重142kg(装備)■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124.7cc 15ps/9000rpm 1.16kg-m/8000rpm 変速機6段 燃料タンク容量11.5L■ブレーキF=φ292mmディスク+2ポットキャリパー R=φ220mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=100/80-17 R=130/70-17 ●ドイツ国内価格:4995ユーロ

125ccの可変バルブ機構つきエンジン

しかし、もっとも重要なのはエンジンで、とりわけ7400rpmで2つの異なるカムプロファイルを切り替える可変バルブ機構(VVA)は、今回のモデルチェンジ最大のトピックといっていいだろう。また、シリンダーヘッドも新しくなっており、大径で短い吸排気バルブを備えている。圧縮比は従来型と変わっていないものの、燃焼室は小さくなっていて、より良い燃焼効率が追求されている。新しい燃料噴射システムと大幅に拡大されたエアボックスを組み合わせることで、シングルエンジンのトルクは最適化され、スロットルを大きく開けた際のレスポンスも柔らかい。

ただ、エンジンが従来型よりも明らかにスムーズになっているかどうかにかかわらず、基本的にフルスロットルで15馬力を絞り出すように操縦していると、これをきちんと説明するのは難しい。だが、新しいR125は(ライダーの脳内の)モードを切り替える必要はない。従来型は7000rpmから上をキープする必要があったが、新型はこれ以下からきちんと加速する。残念ながらVVAの切り替わりを感じ取ることはできない(非常に目立たないのだ)が、その代わりにコックピットにはVVAディスプレイがあり、視覚的にバルブ制御の切り替わりを知ることができる。

燃料タンクの上に伏せ、風の抵抗を受け流しながら125ccに鞭を入れてみると、最高速度はメーター読みで134km/hだった。これでコーナーに入るときには非常に活力のあるヤマハを感じられる。若きバレンティーノ・ロッシになりたいなら、コイツしかない!

※日本への導入は今のところ未定のまま

コックピットの中でLCD計器は情報をはっきり見分けることができ、シフトタイミングライトとギヤポジションインジケーターを提供する。

レーシングマシンの雰囲気に浸ることができるブレーキレバーガード。意図しないブレーキ操作を避けるという意味では、市街地でも通勤バトルなどで実際に実際に役に立ることもあるかもしれない……?

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

特集/連載

  1. ナイケン
  2. 兄弟車試乗インプレ対決
  3. Moldel A(A型)
  4. HONDA CROSS CUB 110/50
バイク王
Z900RS x STRIKER