マシン・オブ・ザ・イヤー2018
特集:兄弟車試乗インプレ対決

ヤマハMT-09 vs MT-07試乗インプレ対決#2【街乗り&高速走行】

ヤマハMT-09 vs MT-07

兄弟車のパフォーマンスの違いを徹底的に検証する本特集、845ccの3気筒エンジンが独特かつ強烈なダッシュを生むMT-09と、2気筒688ccエンジンが爽快かつ刺激的な走りを生むMT-07について、走りの違いはどこにあるのか? 東京上野のヤングマシン編集部〜西伊豆間の往復約400kmをテスター4名が走り、個人的採点を施した。本稿では試乗ツーリングのうち、街乗りと高速走行についてレポートする。


【特集:兄弟車試乗インプレ対決】
〈Z900 vs Z650編〉
#1:主要スペック&ライポジ比較
#2:街乗り&高速走行
#3:ワインディング&採点結果
〈MT-09 vs MT-07編〉
#1:主要スペック&ライポジ比較
#2:街乗り&高速走行
#3:ワインディング&採点結果


ヤマハMT-09

【YAMAHA MT-09 100万4400円 3気筒 116㎰ 845cc】

ヤマハMT-07

【YAMAHA MT-07 77万7600円 2気筒 73㎰ 688cc】

テスター4名(左から)サーキット走行を知り尽くした男・伊丹孝裕、ガジェット&雑学王・八百山ゆーすけ、ユーザー代表Youtubeクリエイター・二宮祥平、YM編集部のインプレデータバンク・松田大樹

STAGE1:街乗り

まずは低速域での扱いやすさやストップ&ゴーでのストレスのなさを検証すべく、街中で4台を乗り比べ、5点満点で個人的に評価してもらった。

兄貴分のトルクか、弟分の開けやすさか。兄貴分の安定感か、弟分の軽やかさか。それぞれのどこを評価して、なにを取るかだが、どちらをどう選んでも「こんなはずじゃなかったのに…」的な失敗はないだろう。

ヤマハMT-09 vs MT-07

(左)MT-09(右)MT-07

【伊丹:MT-09=3/5PT、MT-07=4/5PT】エンジンの扱いやすさはMT-07、トルクフルな粘りではMT-09にが有利。と言うほどの不満はないが、あえて▲を挙げるのなら、MT-09のエンジン音は街中ではやや耳障り、MT-07は腰高で見た目よりスポーティ過ぎるか。

【八百山:MT-09=4/5PT、MT-07=5/5PT】街乗りでは、やはりその軽さや手の内で操れる扱いやすさが大事。MT-07の軽さ、コンパクトさは魅力だ。一方、兄貴分のMT-09は背の高さがどうしてもネックになってしまう。気負わずに乗れるMT-07のサイズ感は安心だ。

【二宮:MT-09=3/5PT、MT-07=5/5PT】多くの信号と渋滞を強いられる街乗りでは、意外にもMT-09の電子制御よりもMT-07の低速感が○。もっとも、暑くても雨でも乗りたいという欲求があれば、優劣はまったくない。

【松田:MT-09=4/5PT、MT-07=5/5PT】MT-07が軽快、MT-09は乗り心地がいいと言えるが、どちらもフツーに街乗りできる。タウンスピードでのエンジンフィールがバツグンに気持ちいいMT-07は、270度クランクらしいダカダカ感が楽しい。

※TOTAL〈街乗り〉:MT-09=14/20PT|MT-07=19/20PT


STAGE2:高速道路

街を抜けた一行は高速道路を使って移動。ここでは巡航時の快適性や防風性、安定性などをテストし、それぞれのモデルが持つツーリング性能をあらわにしてみた。

結果、多くのテスターが語る通り、MT-09についてはライディングポジションの向き不向きが。シート座面の傾斜がキツく、ハンドルはワイド、ステップも後退気味にセットされていることがネックになった。

ヤマハMT-09 vs MT-07

(左)MT-09(右)MT-07

【伊丹:MT-09=3/5PT、Z650=3/5PT】MT-09はゆとりのあるエンジンパワーを活かせるかと予想したものの、風圧を受けやすい起きた上体がマイナスに働いた。MT-07も空力的に厳しい。

【八百山:MT-09=3/5PT、MT-07=4/5PT】長距離を淡々と走る高速では、排気量が大きく振動の少ない方が快適。その点では3気筒のMT-09に軍配が上がる。両車とも体が起きたポジションで、走行風をまともに受ける。とくにMT-09はシートが細身で、モタードコンセプトと相まって収まりどころのないポジションが、高速のロングランでは疲れやすいと感じた。

【二宮:MT-09=3/5PT、MT-07=2/5PT】高速巡航ではフェアリングがなくモロに走行風を顔面に受けるため、両車ともマイナス1点。MT-09は走行は安定していたが、斜めシートでお尻が痛すぎて改良の余地あり。MT-07は横風でフラつく。比較的短いホイールベースは高速は不得意。

【松田:MT-09=3/5PT、MT-07=4/5PT】MT-07は5000rpmを超えるとシート回りの微振動が出てきてハイペースがやや辛い。MT-09はエンジンは上質感があるが、後退したステップや前傾の強いシート、フワフワしたサスで快適性や安心感は高くない。「そっちが欲しいならトレーサー買ってよ」ってことですね。

※TOTAL〈高速走行〉:MT-09=12/20PT|MT-07=13/20PT


ここまでで街乗り〜高速走行を経たMT-09とMT-07。次稿ではワインディングの走りを比較し、採点結果を発表する。引き続きお楽しみに。


【特集:兄弟車試乗インプレ対決】
〈Z900 vs Z650編〉
#1:主要スペック&ライポジ比較
#2:街乗り&高速走行
#3:ワインディング&採点結果
〈MT-09 vs MT-07編〉
#1:主要スペック&ライポジ比較
#2:街乗り&高速走行
#3:ワインディング&採点結果


●文:伊丹孝裕/八百山ゆーすけ/二宮祥平/松田大樹 ●写真:真弓悟史/松井 慎
※『ヤングマシン2018年10月号』掲載記事をベースに再構成

kas

kas いわゆるWeb担的な黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)
愛車:シトロエン2馬力号(自分的には"屋根付き四輪バイク"の位置付け)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->