2018 NEW NAKED TEST

MT-09とZ900、どっちが買い?!

人気のヤマハMTシリーズに対抗すべく、続々と登場するライバル群。過熱の一途を辿るネイキッドカテゴリーにおける好敵手の実力をチェックしよう。今回は、3気筒vs4気筒のストリートファイターが火花を散らす!

●テスター/丸山浩(写真右):ご存じ国際ライダーにして本誌メインテスター。MT-09 は何度も試乗済みだが、Z900は初乗りなので興味津々。35 ℃超の中、都内~箱根を走りまくった!
●まとめ/沼尾宏明(写真左):MT開発者へのインタビュー経験が豊富なライター。初バイクがゼファー400で、カワサキのネイキッドが大好物だが、MTの軽快さも気になっている。

表情豊かvsフラット キャラの違いは明確だ

デビュー当時、まるで往年の2ストローク車のような猛烈なロケットダッシュが話題になったMT-09。加えて、ソフトかつロングストロークの足まわりや、モタード的なスタイルをミックスさせた独自の世界観で、多くのライダーを魅了した。2代目となる現行型も基本的な特性は不変だ。まずエンジンモードをSTDにして走り出す。極低速でドロドロと粘り強く、回転を上げるとパルス感を伴いながらスムーズに加速していく。右手一つで加減速を取り出すことでき、ヒラヒラと軽い車体も相まって、街乗りは得意だ。

MT-09(YAMAHA)’14年の発売以来、大ヒットを飛ばした新生MT第1弾。過激なダッシュが持ち味の845cc3気筒をアルミフレームに搭載し、ミドルクラス並みの車重193㎏をマークする。’17でフル調整式のFフォークや、LEDヘッドライトなどの攻撃的なルックスを獲得した。

ただし、大胆にスロットルを捻ると前輪が軽々と浮き上がるほどの加速を示す。4000rpm程度で強烈なパンチ感があり、8000rpmでもう一伸びする。回転域によって表情を変え、4気筒のように高回転まで回さずとも怒濤のパワーを味わえるのは3気筒の利点だ。STDモードは右手の動きに忠実で、大人しい走りも可能だが、Aモードだとハイスロットル的に少しのアクセル開度で加速ゾーンに突入。より過激さを強調した味付けとなる。

一方、Z900は、カワサキ伝統のブランドである「Z」の名を継承するとおり、熟成された直4フィールが魅力。発進からトルクフルで、フラットに加速するため、実に扱いやすい。MTや兄弟モデルのZ900RSのようなテイストこそ希薄だが、心地いい振動と6000回転以降の伸び感が愉快。中年以上のライダーが慣れ親しんでいる「ザ・直4」といった感覚だ。エンジンモードは非装備だが、特に不都合は感じない。

Z900(KAWASAKI)欧州でスーパーNKブームを確立したZ1000の弟分。Z1000ベースの948cc直4は125psを発生し、これを独自の鋼管フレームに積む。車重は210㎏。’17年に欧州でデビューし、国内には今春から投入。

車体も軽快で、兄貴分のZ1000より街乗りが得意。ただ、さすがにMTと比べると重さを感じてしまう。ライポジはMTに比べて、やや前傾気味なのが特徴。ハンドルを大きく切った際、外側の腕が届きやすいのはMTで、サスもよく動くため、Uターンなどの小回りはMTに軍配が上がる。足着き性に関しては若干Zの方が良く、安心感が高い。  続いて高速道路では、Zの巡航性能が光った。安定した直進性と穏やかな加速感、軽く前傾したライポジが100㎞/hクルーズにピッタリ。移動手段として優秀だ。  MTはサスがよく動き、路面の衝撃吸収性はいいが、安定感はそれなり。一方で回転域ごとに刻々と表情が変わるため、走っていて飽きない。高速道路を単なる移動ではなく、マイペースに楽しみたい人向きだ。

(MT-09/シート高:820㎜)またがる前は高く感じるが、サスが沈むので足着きは良好。両つま先の腹がシッカリ接地し、足も真下に降ろせる。ハンドル位置が手前で、前寄りの着座位置のため、上体は直立。ステップ位置も低く、オフ車の雰囲気が漂う。(168㎝/61㎏)

(Z900/シート高:795㎜)ステアリングの高さはMTと同等だが、ハンドルの位置が遠めなので、軽く上体が前傾する。ステップ位置はMTより後ろ気味でロードスポーツらしいポジションだ。足着きは、かかとがわずかに浮く程度で、安心感がある。

Zは、淡々と長時間&長距離を巡航するのが得意。高い直進安定性と、適度に前傾する姿勢が100㎞ /hクルーズにピタリとハマる。変化がつかみやすい直4のエンジンフィールも疲れにくさに貢献。座面が広く、コシのあるシートも快適だ。

MTは、回転域に応じて加減速にメリハリがつけれらるため、ロングランでも飽きずに走れる。決して高速走行が苦手なわけではないが、標準設定だと若干サスがフワフワしており、直進性ならZが優秀だ。また、上体が起きたライポジも風圧を受けやすく、ライダーが前傾姿勢を取る必要がある。シートは、前側が細目でクッションが柔らかく、衝撃吸収性の面では、オツリが来る場面があるものの良好。逆にZは段差にガツンと反応するが、その後の収束性が高い。

市街地ではどちらも扱いやすいが、より手軽なのはMT。まるで400ccクラスのように取り回しが軽く、コンビニへの買い出しや、通勤もお手の物だ。それでいて、大人しい走りにも刺激的な走りにも柔軟に対応できる。上体が 立ったライポジも街乗りでラクだ。Zは素直なエンジン特性で街中でも扱いやすい。MTと比較しなければ、十分車体も軽快だ。ただし、ハンドルを切った際に外腕が届きにくく、Uターンなどの小回りはMTの方がイージーだ。

ピュアな速さか、操る楽しさか!?

ワインディングでは、さらに2台のキャラクターが鮮明になった。純粋な速さならZ、操る楽しみが濃厚なのがMTというのが結論だ。 まずZは、軽く前傾したスポーティなポジションから、自然かつ安定したハンドリングを見せる。締まったサスによりブレーキの絶対制動力を引き出しやすく、加速感が一定のため、立ち上がりもキマりやすい。ビギナーはコーナーを選ばずソツなく走ることができ、ベテランならサーキットレベルでも通用するほど速い。スポーツバイクとして、かなり高レベルにまとまっているのだ。高回転域のパワーはMTを凌ぐほどで非常に楽しいが、この領域を公道で存分に味わうのは難しい。

一方のMTは、クイックな倒し込みが武器。ただし、ライダーが走りを組み立てる必要がある。コーナーには前傾による荷重や、ブレーキングで柔らかいサスをしっかり縮めて進入。車体を安定させたまま旋回し、出口では美味しい回転域に合わせて立ち上がっていく。激しく加速する回転域に入ってしまったり、上手くハマらないコーナーも当然出てくるが、キマった時は最高に気持ちいい。相当な速さとはいえ、楽しい領域がZより手前に設定されており、公道でファンライドを満喫できるのだ。 難しいライテクが必要と思うかも知れないが、ある程度バイクに慣れた中級レベルのライダーならそうでもない。試すうちに上手く走れるポイントがすぐ見つかる。また、車体が軽快なため、ノンビリ走るならビギナーでも扱いやすい一面をしっかり併せ持つ。飛ばさない時や雨天時は、アクセルに対してマイルドに反応するBモードを使うのもアリだ。

2台ともステージを選ばないキャラクターながら、Z900は幅広いライダーに推奨できる、バランスの取れたロードスポーツ。MT-09はトリッキーな側面があり、ある程度のスキルを必要とするものの、刺激的な一面と軽量さからくるシーンを選ばない気軽さを両立している。Zはメインバイク向け、MTは趣味性の高い2台目として相棒に選びたい。僕(丸山)ならサーキット用にYZF-R1、ストリート用にMT-09という組み合わせ で楽しみたいね!

Zは概ね予想外の挙動がなく、安心。MTは特性をつかんで、適度なペースなら走りやすい。高速コーナーでハングオフ、タイトな峠ではモタード的なリーンアウトがシックリきたりと自由度が高く、探るのが面白い。(沼尾)

Z900は自然なバンクと舵角、素直な加速により、タイトな峠道から高速コーナーまで安定して旋回できる。Z1000では、ここまで自在に曲がらない。スポーツ性能は非常に高く、純粋な速さならMTを上回るほどだ。(丸山)

●2人乗り:どちらも一長一短。MTは加速とピッチングが激しいので、前後ライダーとも気を遣う。Bモードが丁度いいだろう。後席はステップの位置が高く、ヒザが曲がるので長時間はキビシイが、シートの座り心地自体はいい。Zは運転しやすい反面、リヤシートが硬く小さいので居住性がイマイチ。どちらもアシストグリップは非装備だ。

●押し引き:MTは、サイドスタンドの引き起こしから車重193㎏という数値以上に軽さを感じる。ハンドルも高く、押し引きは楽勝だ。Zはハンドルがやや低く遠いが、大型にしてはラクな部類。

個性とコスパのMT、安心&優等生なZ

昔のRZ250/350は、「誰がこんな凄いバイクに乗るんだ!」と言われたものだが、MT-09はその再来と言える。電子制御が進み、エンジンのモード切り替えが可能になったことで市販できたのだろうが、ここまで過激なバイクをよくぞ出してくれた! 時代が移り変わっても、こうしたバイクを求める層は確実に一定数いるのだ。 Zは、伝統のビッグブランドを踏まえ、昔ながらの「直4」のよさを前面に押し出している。新興ブランドで個性のカタマリのようなMTとは対照的に、いい意味で優等生なモデルだ。ビギナーにはZがオススメ、MTはバイクに慣れた人向けだろう。

価格帯は2台ともほぼ100万円だが、MTは電子デバイスや足まわりを充実させながら、Zの+約5万円に抑えている。このコストパフォーマンスは圧倒的。類い希なキャラといい、MTブランドに懸けるヤマハの意気込みが伝わってくる。

●エンジン:MTの845c水冷3気筒は、YZF-R1のクロスプレーンクランクが持つメリットを「コンセプト」として投入。乗り手の意思に応じ、リニアなトルクを発生させる。Zは、Z1000の水冷直4をボアダウンし、948ccに設定した。

●メーターパネル:MTは、片側にオフセットした小型のフル液晶メーターを採用。バーグラフ式の回転計やギヤポジションなどを表示する。SPにはより高級感のある反転液晶を与えた。Zは反転液晶パネルにアナログ風のタコメーターが特徴。ギヤ段数を中央に示し、回転計は3パターンの表示から選べる。

●シート:MTはライポジの自由度が高い前後一体型シートを採用。前側を大きく絞り込んだ形状だ。SPは、滑りにくいメッシュ地の上質なシート表皮とブルーのダブルステッチがスポーティ。Zは前後分割式で、フロントシートの座面が広め。MTより硬めのクッションを採用する。

●サスペンション:MT、Zともφ41㎜倒立フォークと水平配置のリンク式モノサスを装備。MTはフロントにラジアルキャリパーを採用し、STD はプリロードのほか、右で伸側、左で圧側減衰力が調整できる。リヤはプリロード&伸側を調整可能。SPは前後フル調整式で、フロントの圧側は高速/低速の2wayも調整できる。リヤのリモートアジャスターも便利だ。Zはフロントの調整機構を左側に集約。前後ともプリロード&伸側を変更できる。

MTは、KYB製フォークとオーリンズRサスで脚を強化した上級版=SP(111万2400円)を設定。ストローク奥でしっかり路面に追従するため、サスが落ち着き、タイヤのグリップ力を引き出すことが可能。サーキットにも対応する実力派だ。

●撮影:山内潤也

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。

この著者の最新の記事

関連記事