発売日は3月1日と正式発表

2018新型Z900RSカフェが135万円で発売

  • 2018/2/1

2018年2月1日、カワサキがZ900RSカフェの国内仕様を正式発表した。発売日は3月1日で日本独自のグレーも用意される。価格はSTDのZ900RSより5万4000円~2万1600円の価格上昇分でビキニカウルはじめ専用パーツが装備されるのだ。

パールストームグレーは希少色

「よりスポーティな雰囲気を高めたカフェレーサー仕様、Z900RSCAFEもラインナップする。専用装備としてフロントカウル、ブラック塗装仕上げのローポジションハンドル、カフェレーサースタイルの段付きシート等が装着され、車体色とグラフィックも専用となる。スタンダードのZ900RSとは一味違うオートバイライフが楽しめる」(リリースより)というのがカフェの特徴。12月1日に発売されたZ900RSは黒と火の玉の2色をラインナップするが、人気は圧倒的に後者。Z900RSカフェは欧州と日本でしか発売されておらず、さらにパールストームグレーは日本だけのカラー。STDの黒もそうだが、いずれ最も希少価値が上がるのはカフェのグレーに?!

KAWASAKI Z900RS CAFE 2018年型国内仕様 価格:135万円 発売日:3月1日】上がヴィンテージライムグリーン、下がパールストームグレーの2色をラインナップ。

Z900RSとの装備の違いは?

Z900RS CAFE専用装備
・カフェレーサースタイルのフロントカウル
・ブラック塗装仕上げのローポジションハンドル
・カフェレーサースタイルに合わせ短縮したミラーステー
・カフェレーサースタイルの段付きシート
・ヘアライン仕上げのサイレンサー、マフラーボディカバー、エキゾーストパイプカバー
・オリジナルカラー&グラフィック
・ヘッドライトハウジング上部の専用デカール
・エンジンカバーに採用された専用エンブレム

STDのZ900RSより5万4000円~2万1600円の価格上昇分でビキニカウルはじめ専用パーツが装備されるカフェ仕様はお買い得と言えるだろう。あとは好みの問題だ。

Z900RSのマシン詳細その1はこちらへ、その2はこちらへ
Z900RSカフェのマシン詳細はこちら
Z900RSとZ900RSカフェのライディングポジションはこちら
Z900RSのインプレ動画はこちら
Z900RS vs ライバル比較テスト動画はこちら

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ