マシン・オブ・ザ・イヤー2018
発売日は3月1日と正式発表

2018新型Z900RSカフェが135万円で発売

2018年2月1日、カワサキがZ900RSカフェの国内仕様を正式発表した。発売日は3月1日で日本独自のグレーも用意される。価格はSTDのZ900RSより5万4000円~2万1600円の価格上昇分でビキニカウルはじめ専用パーツが装備されるのだ。

パールストームグレーは希少色

「よりスポーティな雰囲気を高めたカフェレーサー仕様、Z900RSCAFEもラインナップする。専用装備としてフロントカウル、ブラック塗装仕上げのローポジションハンドル、カフェレーサースタイルの段付きシート等が装着され、車体色とグラフィックも専用となる。スタンダードのZ900RSとは一味違うオートバイライフが楽しめる」(リリースより)というのがカフェの特徴。12月1日に発売されたZ900RSは黒と火の玉の2色をラインナップするが、人気は圧倒的に後者。Z900RSカフェは欧州と日本でしか発売されておらず、さらにパールストームグレーは日本だけのカラー。STDの黒もそうだが、いずれ最も希少価値が上がるのはカフェのグレーに?!

【KAWASAKI Z900RS CAFE 2018年型国内仕様 価格:135万円 発売日:3月1日】上がヴィンテージライムグリーン、下がパールストームグレーの2色をラインナップ。

Z900RSとの装備の違いは?

Z900RS CAFE専用装備
・カフェレーサースタイルのフロントカウル
・ブラック塗装仕上げのローポジションハンドル
・カフェレーサースタイルに合わせ短縮したミラーステー
・カフェレーサースタイルの段付きシート
・ヘアライン仕上げのサイレンサー、マフラーボディカバー、エキゾーストパイプカバー
・オリジナルカラー&グラフィック
・ヘッドライトハウジング上部の専用デカール
・エンジンカバーに採用された専用エンブレム

STDのZ900RSより5万4000円~2万1600円の価格上昇分でビキニカウルはじめ専用パーツが装備されるカフェ仕様はお買い得と言えるだろう。あとは好みの問題だ。

Z900RSのマシン詳細その1はこちらへ、その2はこちらへ
Z900RSカフェのマシン詳細はこちら
Z900RSとZ900RSカフェのライディングポジションはこちら
Z900RSのインプレ動画はこちら
Z900RS vs ライバル比較テスト動画はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018