“リッターキラー”の異名を獲得

あっさり200km/h超、カワサキ750ターボのサウンド【名車”音感図鑑”|映像アリ】

  • 2017/9/13
カワサキ750ターボ

名車はどんな音を奏でるのか? ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜粋。本稿では「世界最強のターボモデル」をコンセプトに開発されたマシン・カワサキ750ターボ(1984年)を解説しつつ、そのサウンドをお届けする。

●ライダー:丸山 浩 ●車両協力:ZEPPAN UEMATSU
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ナナハンでイレブンを喰らう

’80年代には異端のロータリーエンジンが出現した一方、レシプロエンジンでも’70年代の後半からターボチャージャーを装着した四輪車が続々と登場。二輪車でも’78年にホンダがCX500ターボを発売。’82年にスズキXN85、’83年にヤマハXJ650Tが発売されたのに続き、カワサキが’84年に投入したのがこの750ターボだ。「世界最強のターボモデル」をコンセプトに開発されたマシンで、GPz750系の空冷DOHC並列4気筒に日立製のタービンを装着することで、当時のフラッグシップであるGPz1100に匹敵する112psを発生。最高速は235km/hを記録し、”リッターキラー”の異名を取ったのである。

カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ
カワサキ750ターボ

■全長2190 全幅740 全高1260 軸距1490 シート高780(各mm) 車重233kg(乾) ■空冷4スト並列4気筒DOHC2バルブ(ターボ) 738㏄ 112ps/9000rpm 10.1kg-m/6500rpm  ■タイヤF=110/90V18 R=130/80V18

カワサキ750ターボのサウンド付き映像はこちら↓

※撮影はテストコースであるJARI(日本自動車研究所)の外周路で行なったものです。

※撮影車両は納車整備前の状態で借用しているため、時折、エンジン音のばらつきや排気口からの白煙を確認できることがあります。

最新の記事