第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

真冬だけの装備じゃありません

グリップヒーター必須の季節


●記事提供: ライドハイ編集部

慣れたライダーは夏場を含む4シーズン必須

秋も深まり、気温が10℃を下回るようになるとバイク・ライディングで必須なのがグリップヒーター。

指先が冷たくなると、ブレーキやクラッチのレバー操作が辛くなる。これがヒーターをONにすれば、手の平から暖かく、操作がしやすい云々どころではなく、あの寒さで緊張した状態から解放されるので、疲れ方から違ってくるという大差がつく。

既に使ってきた実績のある慣れたライダーなら、夏場でも雨降りでスイッチONにして濡れたグローブが気にならない快適さや、春や秋でも陽が落ちてから標高のある山を走るときに強い味方だったりと、むしろグリップヒーターがないバイクライフなど考えられないと痛感しているはず。

とくに寒くなってもグローブを薄手のままでいられることも大きい。

厚手のグローブは操作性が悪いだけでなく、内側に貼ってある防寒素材が血行を妨げる上に、手指や手の平はどんなに寒かろうが必ず汗をかくため、これを吸って冷たさを倍加する。

ツーリングバイクではなく、スーパースポーツだろうと必須の装備なのは間違いない。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース