しがみつく? ぶらさがる?|RIDE HI

【Q&A】ハングオンとハングオフ、どっちが正しいの?

●記事提供: ライドハイ編集部

正しくは「ハングオフ」だが……

いまやスポーツライディングで“腰をイン側に落とすのは当たり前”になっているメジャーな「リーンイン」のフォーム。ちなみに日本が空前のバイクブームに沸いた80年代初頭、このフォームは『ハングオン』と呼ばれていた。世界GPにアメリカンライダーが台頭し、頂点クラスのWGP500で“キング”ケニー・ロバーツ選手と“ファスト”フレディ・スペンサー選手のチャンピオン争いは大いにライダーたちを沸かせ、大きく腰をズラして路面にヒザを擦りつけるコーナリングフォームは「ハングオン」と呼ばれ、とにかくマネしてヒザを突き出して走るライダーが後を絶たなかった。

当時のレーシングマシンはバンク角が浅くタイヤも限界が低かったため、身体をオフセットすることで車体をなるべく傾けないようにした……等、ハングオンする理由には珍説もあったが、理由はともかく派手なフォームとハングオンという言葉の響きをカッコ良く感じていた。

……ところが、いつしかハングオンは「ハングオフ」と呼ばれるようになっていた。ハングオンは和製英語で、欧米ではハングオフと呼ぶのが正しい……というのが理由だ。

しかし英語でもHang Onという言葉は存在し、“しがみつく、掴む”といった意味なので、あながち間違ってなくもないかも……?


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース