ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

銀シャリ鰻、北海道まで“下道1000キロバイク旅”無謀にも出発。「ホントに何も起きない、けど何か好き」の声

銀シャリ鰻、北海道まで“下道1000キロバイク旅”

お笑いコンビ・銀シャリの鰻和弘さんが、自身のYouTubeチャンネル『銀シャリチャンネル【公式】』にて、バイクで北海道を目指す旅に出た様子を披露しました。休みは4日間。季節は真夏、距離は片道約1000キロ、もちろん下道のみ。今回も過酷そうです…。

ねとらぼ交通課

鰻さんの愛車は、125ccの人気レジャーバイク・ホンダCT125ハンターカブ。一発試験で免許を取り(関連記事)、住まいから遠く離れた三重県でバイクを手に入れて、真冬に東京まで10時間以上“下道のみ”で帰る(関連記事)という、一見すると無謀とも取れるバイク愛を見せつけ、多くのカブヌシ/原付二種ライダーをびっくりさせました。

そんな、気ままにバイクで走るのが好きな鰻さん。2022年夏は「よし、次は北海道や! ざっと片道1000km」「休みを4日取りました。まる2日で苫小牧まで行く」と、またしても一見無謀、でもまったりフリーダム感あふれるバイク旅を行うことにしたのでした。

出発は仕事終わりの深夜、東京駅。「メインのが壊れると嫌だからね」(関連記事)とナビ用に古いスマホを、「前よりかだいぶ楽になってる」という新しいヘルメット、バイクにはツライ雨天に備えて「1万円以上のガチな雨カッパも買った」と、実は準備バッチリ。愛車ハンターカブにまたがり、ブーンと走り出しました。

銀シャリ鰻、北海道まで“下道1000キロバイク旅”

「東京~北海道、下道1000キロのバイク旅行くよー」と意気込む鰻さん。北海道を周遊するツーリング、ではなく「北海道まで愛車で行って帰ってくる」のが鰻流の楽しみ方。 [写真タップで拡大]

夜通し走って「そろそろキツくなってきたわ」「取りあえず寝ますー」 真夏の日中炎天下、しかも信号待ちで止まる下道はバイクにとって過酷すぎるので、比較的涼しくて道路もすいている夜間に距離を稼ぐのは正解かもです。さすが。

でもまだ福島県付近、走行距離は約250km。「え、あんだけ走ったのにまだ4分の1かー」 北海道はやっぱり遠いな…。

銀シャリ鰻、北海道まで“下道1000キロバイク旅”

徹夜で走ってすっかり朝に「まだ4分の1かー」「北海道はやっぱり遠いな…」とボヤく鰻さん。 [写真タップで拡大]

そして「早朝宇都宮着いた→店開いていないけど餃子をどうにかして食べる方法を延々悩む」とか、謎なのんびり感。事件らしい事件はないのに、なぜか見続けてしまう不思議。あぁぁ、のんびりバイク旅したいなー。トラブルなくちゃんと北海道へ着けるといいですね。

 ファンからも「無事に到着することを願っています」「ホントに特に何も起きないけど、何か好き」「バイク旅待ってましたー!」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※画像はYouTubeチャンネル『銀シャリチャンネル【公式】』より。 ※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース