ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

ヒロミ、”50年モノのバイクを磨くだけ”の休日を過ごす。「見てる人は全く興味ないかもね。でもね、これが楽しいんだよ」

ヒロミ、"50年モノのバイクを磨くだけ"の休日を過ごす

タレントのヒロミさんが、自身のYouTubeチャンネル『Hiromi factory チャンネル』にて、バイクのエンジンをひたすら磨き続けるという華麗な休日の様子を披露しています。

ねとらぼ交通課

ヒロミさんは先日、57歳の”自身”の誕プレとして昭和時代の名バイク「スズキGT550」を購入。車体は1972年製、レストアしてピカピカに復活させることを前提に手に入れたこの名車は、整備のため購入早々バラバラにされ、再び走り出す日を待っています(関連記事)

「かなりいい車体なんだけど、まずエンジンの汚れがちょっと気になるなぁ」

「時代ものですから」 相応に汚れていた、GT550の2ストエンジン。

そこで今回行なったのが、掃除と”磨き”。経年で汚れたところ、くすんだところをゴシゴシと、電動工具も駆使して磨き磨き続けて、とにかくピカピカになるまで磨き上げるのです。

「おじさんはね、こういうのが大好きなのよ」「キレイになっていくのが気持ちいいんだよ。分かるかなー」「見てる人は全く興味ないかもね」「でもね、これが楽しいんだよ」……なぜか動画を見続けちゃう不思議。

「よし、きれいになってきた!」

「お、ここも汚れてるなぁ」 細かい部品を外して、細部まで徹底磨き。とにかく黙々と磨き続けます。

こうしてくすんでいたエンジンは周囲が映り込むくらいピッカピカに。おぉぉ~!

「いい感じになってきましたよ」 おぉぉ! 映り込むくらいピカピカに輝いてきたー!

「なかなかじゃない?」「イイ感じ♪」「全体の仕上がりは今度エンジンを載せるときにお見せしますね」 ガレージで愛車を磨き続けるだけの楽しい休日、皆さんもいかがですか?

ファンからは、「こういう作業動画ずっと観てられる」「磨きは楽しいですよねー♪」「気持ちいいし、愛着がより一層わきますよね」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

「ピカピカに結構いい感じになってきました!」と仕上がりの成果にごきげんのヒロミさん。たぶんまだ前半。今後より”磨き”をかけていくようです。

動画はこちら↓


※画像はYouTubeチャンネル『Hiromi factory チャンネル』より。 ※本記事は”ねとらぼ交通課”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

ホームGoogleマップに神アプデ来たぞおぉぉ! 有料道路の通行料金表示が可能に
WEBヤングマシン|新車バイクニュース