HRC創立40周年に輝かしい栄光の1ページが刻まれた

【2022年鈴鹿8耐 決勝レース】圧倒的な強さを見せつけたTeam HRCが優勝!ホンダに8年ぶりの勝利をもたらす

2022年鈴鹿8耐の決勝レースは、ホンダワークスのTeam HRCが全車周回遅れにする圧倒的な強を見せつけて優勝。ホンダに8年ぶりの優勝をもたらした。2位にKawasaki Racing Team Suzuka 8H、連覇を阻まれた。3位には予選22位から這い上がったYOSHIMURA SERT Motul。ライダーのコメントともに、決勝を振り返ろう!

●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之) ●写真:大西としや

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

MIGLIORE|ミリオーレ|鈴鹿8耐|レーシングヒーロー

決勝当日の天候は晴れ。ドライコンディションで、ル・マン式スタートによって45台が一斉にスタートを切った。 [写真タップで拡大]

3年ぶりの開催となった8耐、暑い夏が幕を閉じた

午前11時30分、恒例のルマン式スタート決勝レースがスタート!ホールショットは予選4番手のF.C.C. TSR Honda France:ジョシュ・フックが奪う。Team HRC:高橋巧、Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(以下KRT):レオン・ハスラムと続く。

オープニングラップはジョシュ・フックが制し、バックストレートで高橋巧をパスしたレオン・ハスラムが2番手、高橋巧が3番手、4番手SDG Honda Racing:浦本修充、5番手Astemo Honda Dream SI Racing:作本輝介、そして予選22番手からスタートしたYOSHIMURA SERT Motul(以下ヨシムラ)グレッグ・ブラックがなんと7番手にまで順位を上げてきた。予選3番手のYART – Yamaha Official Team EWC(以下YART):ニッコロ・カネパはスタートでエンジンがかからず大きく出遅れて22番手まで順位を落とす。

2周目のスプーンカーブ。Astemo Honda Dream SI Racing作本が転倒、そのマシンが前方を走るSDG Honda Racing浦本を直撃。2台はスポンジバリアに食い込みマシンは大破した。バックストレートでTeam HRC高橋がトップに立ったところでセーフティカー(SC)が入る。

SC明けのヘアピンでヨシムラ:グレッグ・ブラックがKRT:レオン・ハスラムのインを突き2番手、そしてスプーンのイン側からTeam HRC:高橋をパスしてトップに浮上!しかし翌周のS字一つ目でKRT:レオン・ハスラムが抜き返してトップに浮上。バックストレートでTeam HRC高橋はヨシムラ:グレッグ・ブラックをパス、そしてホームストレートではKRTレオン・ハスラムをあっさりと抜いてトップに浮上する。高橋は2分7秒台を連発、11周目には2分7秒147と6秒台も見えるタイムをマーク。29周目にピットインまでに2位以下に9秒849ものマージンを築く。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース