RaceReport|Racing Heroes

【鈴鹿8耐合同テスト1日目】トップはチームHRCの2’06.349。夜間走行でカワサキファクトリーも6秒台に!

三重県・鈴鹿サーキットで8月4〜7日に開催される「2022 FIM世界耐久選手権(EWC) “コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」。3年ぶりの開催となる8耐にむけて、7月5日・6日に合同テストが開催された。

●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

ナイトセッション(夜間走行)も行われた7月の合同テスト

鈴鹿8耐に向けた鈴鹿サーキット主催合同テストが開催された。今回はEWCにフル参戦しているF.C.C. TSR Honda France、YART YAMAHA、YOSHIMURA SERT Motulなど海外チームも参加、鈴鹿8耐らしい雰囲気になってきた。Kawasaki Racing Team(KRT)は、ジョナサン・レイとアレックス・ローズが参加。前回参加したレオン・ハスラムは参加していない。

走行枠をAグループ、Bグループに分けて、45分間走行2本、75分間走行1本、夜間走行1時間 10分とたっぷり走る時間があった。長崎に上陸した台風4号の影響で今日は一日降雨だと予想していたが、台風の進路が逸れたため、雨は午前中で止んだが、1回目(A Gr.)2回目(B Gr.)の走行はウェットからハーフウェットに変わるコンディション。


※本記事は”ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース