第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ツインカム4気筒900ccのZ1で大排気量市場をリード

「大排気量のカワサキ」はいかにして確立されたのか? キーポイントはメグロ、CB750フォア、Z1


●レポート:中村友彦 ●写真:八重洲出版 ●編集:モーサイ編集部(上野茂岐)

驚異の飛躍を遂げたカワサキ

あたかも事前に申し合わせをしたかのように、1970年前後は日欧の二輪メーカーが、新世代のビッグバイクを続々と発表した時代である。そして当時を代表するモデルと言ったら、多くの人が筆頭に挙げるのは、ホンダCB750フォアだろう。歴史を振り返ってみれば、イギリスでは1900年代初頭から並列/直列4気筒車が存在したし、1966年にはイタリアのMVアグスタから並列4気筒を搭載する600GTが登場したものの、「一般的な量産車」という注釈を付けるなら、1969年から発売が始まったCB750フォアは、世界初の並列4気筒車だったのだから。

ただし、あの時代に最も意表を突く展開を見せてくれたのは、カワサキだったのかもしれない。逆に言うなら、すでに世界GPで数々の栄冠を獲得していたホンダにとって、並列4気筒の量産車は決して無謀な挑戦ではなかったし、1970年代初頭に登場した4ストロークツインのヤマハXS-1や2ストロークトリプルのスズキGT750も、それまでの各社の動向や当時の状況を考えれば、順当なモデル……という見方ができなくはなかったのだ。

もちろん、このあたりの見解は各人各様だが、1960年代中盤のカワサキは他3メーカーのようなレースでの実績がほとんど無く、ライバル勢と互角に戦えるスポーツモデルは2ストロークツインのA1/A7のみで、4ストロークの大型車はメグロから継承したW1のみだったのである。そんなメーカーが、わずか数年後に世界のビッグバイク市場をリードするポジションに就くとは、当時は誰も想像できなかったのではないだろうか。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース