第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

本物のロボをホンダが作った|モーサイ

アシモのご先祖P2、P3は素晴らしいプラモデルがあるのに「悲しいかな、アシモのキットは発売されなかった」


●レポート:HIROFUMIX(Twitter/@hirofumix_plus) ●導入文;モーサイ編集部 ●写真:HIROFUMIX/ホンダ

ホンダを代表する存在、アシモ

「人の役に立つロボット」を目指し、2000年に登場したホンダ アシモ(ASIMO)。

バランスを取りながら歩く、指を使って作業ができるということに留まらず、人間の音声を認識したり、ある程度の自律行動もできる人型ロボットです。

ホンダのロボット開発の歴史は1986年から始まっており、2足歩行を検証するため造られた足だけのE0~E6、その後、手足のついたP1~P3へと進化していきます。

そして2000年にアシモが登場するわけですが、アシモ自体もマイナーチェンジが繰り返し行われてきました。

さて、アシモと言えば今やスーパーカブやシビックと並ぶホンダを代表する存在。プラモデルの一つくらいあるのではないか……と思いきや、模型専門webメディアnippperによるとこれまでプラモデルは発売されていないのだとか。一方、アシモのご先祖たるP2、P3のプラモデルはあるというのです!


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース