記事へ戻る

【10/17】18年で10回の王座を獲得した、ホンダ「NSR500」の変遷 “二輪世界グランプリ Garage Collection”

絶対的王者のミック・ドゥーハンが不確定要素を嫌う慎重派だったため、1997年に爆発タイミングをビッグバンからスクリーマー:180度等間隔同爆に戻したこと以外は、1995~1999年のNSR500には大きな進化が無かった。ただし20世紀末になっても戦闘力の高さは健在で、ミック・ドゥーハンが第4戦以降を欠場した1999年は、アレックス・クリビーレがスぺイン人初の世界GP500王座を獲得。