トランポには微妙かも……?

100万円台で登場だと?! ホンダが「N-VAN」ベースの新型軽商用EVを2024年春に発売!

ホンダは、商用からホビー用途、バイク乗りにはトランポとしても使われている軽バン「N-VAN(エヌバン)」をベースとした新型軽商用車EV(電気自動車)を2024年春に発売すると発表した。


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:ホンダ

航続距離は目標200km

ホンダはエヌバンをベースとした新型軽商用車EVを2024年春に発売する! 2050年にホンダがかかわるすべての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルの実現を目指すホンダは、四輪においては2030年までにグローバルで30機種のEV展開を予定している。

そんな中でホンダは、日本市場では生活を支え暮らしに欠かせないクルマとして軽自動車があり、EVの普及にあたっては重要な領域ととらえている。その先鋒として、電動化のニーズが高く、実現に向けて相性のいい軽商用車EVを展開するというわけだ。

この新型軽商用車EVの車名は未発表ながら、商用からホビー用、ライダーにとっては一部でトランポとして馴染みのある軽商用車「N-VAN(エヌバン)」をベースとすることが明らかにされた。

【参考】現行N-VAN 助手席ピラーレスが実現する大開口 [写真タップで拡大]

N-VANは、大容量の荷室空間と、助手席側のセンターピラーレスが実現する荷室空間の使い勝手の良さ、アレンジ力の高さが特長で、仕事も趣味も自分らしく生活を楽しみたいというニーズに対応するクルマとして評価されている。

新型軽商用EVは、この使い勝手を踏襲しながら、EVならではの高い静粛性や、ストップ&ゴーの多い交通環境に適した、力強い加速を実現。これにより、近年需要の高まる街中でのラストワンマイル配送などの商用利用に加え、個人のの日常使いにも柔軟に対応する、日本の暮らしになじむEVとなることを目指すとしている。

航続距離は200kmを目指すというから、都市部や郊外での商用ニーズにはバッチリ。さらに、趣味や日々の買い物などにも十分対応してくれそうだ。ただし、トランポとしての実用度で言えば、ユーザーが在住する場所によるものの、都市部から距離のあるサーキットなどにバイクを運搬する用途にはちょっと足りないかもしれない。

注目の価格は、ガソリン車と同等の100万円台からの設定とすることで、カーボンニュートラルの実現に向けてEVの普及と進めるとした。ガソリン車のN-VANは127万6000円からなので、これと同等になるならEVの購入に踏み切るユーザーも少なくなさそうだ。

「N-VAN」ベースの軽商用EV(プロトタイプ)

「N-VAN」ベースの軽商用EV(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

参考:11月5日には新型EVのコンセプトモデル「e:N2 Concept」を世界初公開

中国・上海で開催中の第五回中国国際輸入博覧会にて、EV「e:N(イーエヌ)」シリーズ第2弾のコンセプトモデル「e:N2 Concept(イーエヌツー コンセプト)」を世界初公開。

e:N2 Concept
e:N2 Concept

e:N2 Concept [写真タップで拡大]

e:N2 Concept

e:N2 Concept [写真タップで拡大]

e:N2 Concept
e:N2 Concept

e:N2 Concept [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース