農業・牧畜向けのオフローダー

働く4スト! カワサキKLXベースの「ストックマン」がインドネシアで登場、タフな造りが魅力

カワサキインドネシアは、空冷単気筒エンジンを搭載したトレールバイク・KLX230をベースとした働くバイク「ストックマン」を発売。いわゆる“アグリカルチャーバイク”、つまり農業や牧畜での使用に最適化したバイクだ。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ)

右にもサイドスタンドがあるよ!

KLXといえば、初代KLX250が登場したときのキャッチコピー“闘う4スト”を覚えているベテランライダーも多いことだろうが、今回カワサキインドネシアが発売したのは“働く4スト”といってもいいかもしれない「ストックマン」だ。

ベースモデルは日本でも販売されている空冷単気筒のKLX230で、農場や牧場で使うのに適した頑丈なスキッドプレートやエンジンガード、大型キャリア、大型リヤフェンダーなどを備えている。

さらに、前後にはエンデューロタイヤを履き、左右にアルミ製レバーガード、ギヤを入れっぱなしで停車しておけるクラッチレバーロック、、デュアルサイドスタンド(左右にスタンドがある!)と、使い勝手も一般的なトレールバイクと異なるのが特徴だ。

ストックマンの車名は以前からあり、直近ではスーパーシェルパをベースとした250cc版がオーストラリアなど各地で販売されている。

上記発表から数日遅れて新型ストックマンの詳細も公開された。

※当初からエンジン出力の19ps/7600rpm・2.0kg-m/6100rpm、インドネシア価格5750万ルピア(日本円換算約50万3000円・12/1現在)、2022年12月発売などが明らかになっている

日本では2007年まで販売されたスーパーシェルパ。KLX250のエンジンを空冷化し、低中速トルク重視のキャラクターとした。ヤマハのセローに近い路線で、ひと回りパワフルなエンジンが特徴だった。 [写真タップで拡大]

スーパーシェルパをベースとした現行ストックマン(オーストラリア仕様)。農場などクローズドな場で使用されるのが前提のためウインカーなどは装備していない。これはインドネシア仕様の新型も同じ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI STOCKMAN[2023 Indonesia model]

カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル
カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル

KAWASAKI STOCKMAN[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル
カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル

KAWASAKI STOCKMAN[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

車名STOCKMAN
型式
全長×全幅×全高2105×920×1110mm
軸距1350mm
最低地上高220mm
シート高845mm
キャスター/トレール
装備重量137kg
エンジン型式空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ
総排気量233cc
内径×行程67.0×66.0mm
圧縮比9.4:1
最高出力19ps/7600rpm
最大トルク2.0kg-m/6100rpm
変速機6段リターン
燃料タンク容量7.5L
WMTCモード燃費
ブレーキ前φ265mmディスク+2ポットキャリパー
ブレーキ後φ220ディスク+1ポットキャリパー
タイヤサイズ前80/100-21
タイヤサイズ後100/100-18
乗車定員
価格5750万ルピア(参考)
発売時期2022年12月(インドネシア)
カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル

バルブ式の大型ヘッドライトで夜の農場でも安心。フロントにはフラップ付きのキャリアを装備する。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル

アルミ製レバーガードやクラッチレバーロックを備える。ウインカーはないがウインカースイッチはある模様。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル

シンプルなメーターはKLX230譲り。リヤABSをカットできることがわかる。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ストックマン|インドネシア仕様|2023年モデル

リヤキャリアはいかにも頑丈そう。各々が仕事に合わせてカスタムできる。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース