記事へ戻る

【2/15】鈴木哲夫 MFJ会長が語る、持続可能なバイクライフへの取り組み

【鈴木哲夫(すずきてつお)】'83年4月本田技研工業株式会社入社、'83年12月本田技術研究所朝霞研究所 第二設計ブロックに配属され、CB400Super four、CBR1100XX Super Blackbirdなどの車体設計を担当するなど数々の市販車に加え、レーシングマシンの開発にも従事。'19年にMFJ会長に就任。国内外の二輪マーケット、レース業界の事情にも精通している。