第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

KTM 1290スーパーデュークシリーズ3機種を乗り比べ! 試乗ショートインプレッション〈Rエヴォ/GT/R〉

富士スピードウェイのショートコースと周辺のワインディングを使ってKTMの試乗会が開催され、様々な最新モデルに試乗できる機会を得た。本記事では、KTM伝統のネイキッド=デューク系のトップモデル 1290スーパーデューク Rエヴォ/GT/Rの3機種を乗り比べたインプレッションを紹介する。


●文:ヤングマシン編集部(小川勤) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:KTM



KTM 1290スーパーデューク Rエヴォ:もっとも電脳化が進んだネイキッド

The BEAST(野獣)のペットネームを与えられて’14年にデビューした1290スーパーデュークRは着々と進化続け、数ある外車のアグレッシブなネイキッドの中でも最強の領域にいる。そんな隙のない1台が’22年にEVOとなってさらに進化。電子制御式サスペンションを搭載し、さらなる高みに踏み込んできた。

その装備は各メーカーがラインナップするスーパースポーツ以上ともいえ、KTMが考える理想のネイキッドのカタチがここにある。

KTM 1290スーパーデューク Rエヴォ

【KTM 1200 SUPER DUKE R EVO】ボディカラーはオレンジベースとブラックベースの2種類。クロモリ製フレームは軽量でありつつ高い剛性を確保。モードを上げていってもそのシャシーは驚くほど従順。緊張感よりも楽しさが湧き上がるバイクだ。●価格:249万9000円 [写真タップで拡大]



180psを誇る1301ccのVツインエンジンは、とにかくパワフル。これが野獣の所以である。そのエンジンを伝統のトレリスフレームに搭載し、電子制御でそのスペックを手なずけてきた。

ポジションは楽だが、シートは高く、そのハンドリングはどこまでもシャープ。独特の不等間隔爆発が生み出すエンジンはトラクションを感じやすく、アクセルを開けるのが本当に楽しい。

テスト車両はオプションのテックパック(15万8024円)を搭載。アンチダイブ機能やリヤサスペンションのプリロード、5種類から選べるダンピング特性など、様々な電子制御を組み合わせることで、自分の好みやシーンに特化した最強のビーストをつくり出すことが可能だ。

KTM 1290スーパーデューク Rエヴォ|リヤサスペンション
KTM 1290スーパーデューク Rエヴォ|フロントサスペンション

前後サスペンションの減衰力調整機構からハーネスが出て、連続的に減衰力を変化させる。リヤはプリロード調整部分にアクチュエーターを装備。スイッチ操作だけで様々な変更が可能だ。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーデューク Rエヴォ|メーター表示

パワーをかけた時に働くMTC(トラクションコントロール)とスライド時に機能するMSR(スリップ制御)も搭載。ライドモードはトラック/パフォーマンス/スポーツ/ストリート/レインの5種類から選べる。 [写真タップで拡大]



KTM 1290スーパーデュークGT:ライダーはもちろんパッセンジャーもフルサポート

KTMのスポーツツアラーというカテゴリーに唯一ラインナップされるのがこの1290スーパーデュークGT。ベースはデュークRだが、ポジションや電子制御をツーリング方向に振り、快適性を向上させている。ハンドリングは先の2台よりはかなり安定方向。しかし、ハンドル幅は狭く乗っている感覚はネイキッドそのもので、その加速はアグレッシブ。

いかに長距離を快適に走るか、パッセンジャーを疲れさせないかをテーマにあらゆる改良が行われ、リヤのサスペンションストロークやガソリンタンク容量も確保されている。

KTM 1290スーパーデュークGT

【1290 SUPER DUKE GT】175psとパワーは十分。テックパック(14万8567円)を装備することで、クイックシフト+/MSR/アダプティブブレーキライト/ヒルホールドコントロールがプラスされる。●価格:244万9000円 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーデュークGT
KTM 1290スーパーデュークGT

GTは、快適に旅をするための電子制御が充実。トラクションコントロールなどの介入度はライディングモードによって変化する。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーデュークGT
KTM 1290スーパーデュークGT

サスペンションの設定を選ぶときもこうしたイラスト表示だととてもわかりやすい。写真は荷物だけの時とパッセンジャー+荷物の場合。 [写真タップで拡大]



KTM 1290スーパーデュークR:ネイキッドでもっともスポーティ

EVOが登場したがスタンダードのRもパフォーマンスの高さは健在。基本的にEVOとの違いはサスペンションでこちらの各部調整機構は機械式になっている。オプションのテックパック(12万8290円)も装備することで、クイックシフト+/MSR/アダプティブブレーキライトがプラスされる。電子制御式サスペンションの設定選びに自信がない方はこちらがオススメだ。

KTM 1290スーパーデュークR

【1290 SUPER DUKE R】●価格:228万円 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーデュークR|メーター

KTMの電子制御は直感的に使えるものばかりで、その情報はメーター内で把握できる。フォークトップには手で調整できる減衰力調整機構を装備。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース