第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

エディ・ローソンも参戦!

ケニー・ロバーツ、歴史的な激闘~引退のシーズン 最後を飾るTBCビッグロードレース【初DVD化第3弾 1983年編】

ウィック・ビジュアル・ビューロウは、バイク専門クラウドファンディングサイト『2輪市場』にて、TBCビッグロードレースを初めてDVD化して10作品を発売する。第3弾は1983年編、海外から出場したライダーはケニー・ロバーツとエディ・ローソンだ。



フレディ・スペンサーとの死闘を経て、日本のファンの眼に姿を焼き付けてくれたケニー・ロバーツ

1983年のグランプリシーンは、フレディ・スペンサーとケニー・ロバーツの歴史に残る死闘が今も語り継がれている。この年の2人は、フレディ・スペンサーがシーズン前半にリードを築き、後半にケニー・ロバーツが盛り返すというドラマを展開。全12戦を6勝ずつ分け合いながら、最終的にはわずか2ポイント差でスペンサーがタイトルを獲得した。終わってみれば表彰台の中央に立ったのは年間を通してこの2人だけだったという伝説のシーズンだ。

最終戦サンマリノGPでタイトルを獲得したスペンサーは、その翌週末に鈴鹿で開催された日本GPに出場し、格の違いを見せつけた。

一方、このシーズンを最後にグランプリを引退すると表明していたロバーツは、日本のファンの前でYZR500を駆る最後のレースとしてTBCビッグロードレースに参戦。同年からWGP参戦を開始したチームメイトのエディ・ローソンを引き連れ、スポーツランドSUGOに姿を現した。ローソンにとっては、WGPマシンを駆って日本のファンの前を走るのはこれが初めてだ。

迎え撃つ日本人ライダーは、浅見貞男、平忠彦、河崎裕之といった面々。やはり優勝したのはロバーツだったが、それはランキング2位に終わったシーズンのうっ憤を晴らすかのように、キングの走りを見せつけるレースだった。

TBCビッグロードレース初DVD化・第3弾は1983年編だ。当時の雰囲気そのままの映像をぜひお手元に。

ケニー・ロバーツ [写真タップで拡大]

エディ・ローソン [写真タップで拡大]

YZR500×ケニー・ロバーツ [写真タップで拡大]

平忠彦 [写真タップで拡大]

国際格式レースが日本になかった時代に誕生したのがTBCビッグロードレース

1977年、TBC東北放送は開局25周年を記念し、スポーツランドSUGOにて特別なレースを開催した。当時の日本では国際格式レースがなく、海外のライダーを見ることができる唯一のレースとして誕生したビッグイベントは、その名をTBCビッグロードレースといった。1977年~1980年は毎年5月/10月の2回開催であったが、1981年より年1回の開催に変更された。

グランプリのシーズン終了後に開催されることにより、WGPのスーパースターも参戦できたことが特別なレースたるゆえん。特に1980年10月開催からは、それまでのF750カテゴリーからWGPと同じ500ccマシンでの開催となり、GPライダー&GPマシンの組み合わせがファンを熱狂させた。

そんなTBCビッグロードレースを、モトGP公式DVDの制作などで知られるウィック・ビジュアル・ビューロウが初めてDVD化して発売するのが本DVDシリーズだ。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース