2021年にフルモデルチェンジ

ホンダ「ディオ110」に新色ブラック登場! 継続色と合わせて全4色のカラーバリエーションに

ホンダは、扱いやすく経済性に優れた原付二種スクーター「ディオ110(Dio110)」にニューカラーのポセイドンブラックメタリックを追加し、2022年7月28日に発売すると発表した。価格や諸元に変更はない。

●外部リンク:ホンダ

新設計エンジン&新設計フレームeSAFを採用した昨年モデルに追加カラー

ディオ110は、扱いやすい空冷109cc単気筒エンジン「eSP」を、プレス材による高張力鋼板フレーム「eSAF」に搭載し、低価格で利便性にも優れたホンダの原付二種スクーター。2021年2月にフルモデルチェンジした最新モデルに切り替わっており、今回発表されたのは追加カラーだ。

従来のマットギャラクシーブラックメタリックに代わり、新色として登場したのはポセイドンブラックメタリック。この色とパールジャスミンホワイト、ディセントシルバーメタリックの価格は24万2000円で、マットスターリーブルーメタリックのみ24万5300円と変更はない。

ディオ110はスマートキーや多機能メーターを採用し、シート下の収納スペースは容量約18L、フロントにあるフタ付きのインナーボックスは500mlのペットボトルが収納可能だ。コンビニフックも備え、センタースタンド&サイドスタンドを標準装備する。大径14インチの前後ホイールや快活な新設計エンジン、新フレームにより、走りのグレード感はベストセラーのPCXに迫ったと感じられるほどで、通勤の強い味方にオススメの1台だ。なお、WMTCモード燃費は59.4km/Lでタンク容量は4.9L。想定できる航続距離は約290kmだ。

シート下の収納スペースにはフルフェイスヘルメット(形状による)も収納可能。 [写真タップで拡大]

Honda Dio110[2022 model]

主要諸元■全長1870 全幅685 全高1100 軸距1255 シート高760(各mm) 車重96kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.7ps/7500rpm 0.92kg-m/5750rpm Vベルト無段変速 燃料タンク容量4.9L■タイヤサイズF=80/90-14 R=90/90-14 ●価格&色:24万2000円(黒、白、銀)/24万5300円(青) ●発売日:2022年7月28日(新色。従来色は継続販売)

Honda Dio110

Honda Dio110 ポセイドンブラックメタリック(新色) ●24万2000円 [写真タップで拡大]

Honda Dio110

Honda Dio110 パールジャスミンホワイト(継続色) ●24万2000円 [写真タップで拡大]

Honda Dio110

Honda Dio110 ディセントシルバーメタリック(継続色) ●24万2000円 [写真タップで拡大]

Honda Dio110

Honda Dio110 マットスターリーブルーメタリック(継続色) ●24万5300円 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース