大型二輪免許のMT教習車/AT限定向けAT教習車

新型はNC750Xベース! ホンダが大型二輪教習車「NC750L(MT仕様/AT仕様)」を発表

●外部リンク:ホンダ

ホンダは、「大型二輪免許」および「AT(オートマチック・トランスミッション)限定大型二輪免許」の教習車として、「NC750L(MT教習車仕様)」と「NC750L(AT教習車仕様)」を全国の自動車教習所を対象に2022年7月21日に発売する。

従来はNC750Sをベースとしていたが、現在のラインナップからなくなっているため、新たにクロスオーバースタイルのNC750Xをベース車に選定。AT限定大型二輪免許教習に向けた車両としてDCT仕様もラインナップし、低重心で扱いやすいエンジン特性のNC750Lで、MT/AT教習のどちらもカバーする。

扱いやすさを重視してか、ベース車のNC750Xよりもシート高を低く抑え(800→793mm)、最低地上高も下げる(140→125mm)などしたうえで、教習車専用の特殊装備を付加。教習車としての特性を考慮した各部の変更を行うことで、教習時に頻繁に使用する極低速域での操作性や低中速域での扱いやすさと、取りまわしやすさに配慮したという。エンジンの出力はかなり抑えられていて、市販車の58ps/6750rpmに対しNC750Lは37ps/5500rpmに。

このほか、転倒ダメージを軽減するバンパー類、教習生の運転状況を指導員へ視覚的に伝える表示ランプを装備する。カラーリングはパールグレアホワイトの1色だ。

参考:NC750L(教習車仕様)[2016 model] 2016年10月にマイナーチェンジを受けた従来型のNC750L(教習車仕様)は、NC750Sをベースとしていた。発売当時価格は89万5320円(消費税8%込み)だった。 [写真タップで拡大]

HONDA NC750L(MT教習車仕様)/NC750L(AT教習車仕様)[2022 model]

主要諸元■全長2205 全幅845 全高1200 軸距1530[1525] シート高は793(各mm) 車重218《228》kg[228《237》]kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 37ps/5500rpm 5.8kg-m/3500rpm 変速機6段[6段DCT] 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●価格:110万円[121万円] ●色:白 ●発売日:2022年7月21日

HONDA NC750L(MT教習車仕様)[2022 model]

HONDA NC750L(MT教習車仕様)[2022 model] [写真タップで拡大]

NC750L(AT教習車仕様)[2022 model]

NC750L(AT教習車仕様)[2022 model] [写真タップで拡大]

その他のホンダ製教習車

上記のほか、ホンダが以前発売した教習仕様には、普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」や小型限定普通二輪教習車「CB125F 教習車仕様」がある。400は2017年11月発売、125は2015年11月発売だった。ちなみにCB125Fは欧州で販売している車両をベースとしたものだった。CB400SFの生産終了にともなう今後の教習車の行方も気になるところだ。

CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)

CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)グリントウェーブブルーメタリック ●発売時価格:90万2880円(消費税8%) [写真タップで拡大]

CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)

CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)パールフラッシュイエロー ●発売時価格:90万2880円(消費税8%) [写真タップで拡大]

CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)

CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)キャンディーブレイジングレッド(ツートーン) ●発売時価格:93万5280円(消費税8%) [写真タップで拡大]

CB125F 教習車仕様

CB125F 教習車仕様 ●発売時価格:48万6000円(消費税8%) [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース