チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ガンナー50/100とは一味違う?

ダックス125のライバルは大砲野郎?! フェニックス「ガンナー」シリーズ最高峰、125が初見参【東京MCショー】

大砲のような懐中電灯のような、ひと目見たら忘れない超独特なフォルムのレジャーバイク「ガンナー」は、微笑みの国タイで生産されるが、日本の名チューナーも関わって開発されたシッカリ者。そのガンナーにシリーズ最高峰の125が加わった。タンデムも楽しめる縦型エンジンのガンナー125は、話題沸騰の胴長短足犬の好敵手となるか!?

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:フェニックスエンジニアリング

微笑みの国からやってきた、見れば笑顔ほころぶ円筒形

ボディを兼ねるフレームに燃料タンクを内蔵し、小径ホイールでキビキビ走るレジャーバイクといえば、いま話題のダックス125……だけじゃない! コンセプトはけっこう近いのに、胴長短足のダックスフンドではなく、まったく異なるバズーカ砲のようなフォルムの「ガンナー」だ。タイのフェニックス・エンジニアリングが生産し、日本では月木レーシングが総販売代理店を務める。

月木レーシングといえば古くからのバイクファンなら、鈴鹿8時間耐久レース参戦をはじめ、カワサキ系バイクのチューニングやエキゾーストシステムの開発・生産でもお馴染み。じつはガンナーにおいても販売だけでなく、月木レーシングの代表を務める名チューナーの月木博康氏が開発に関わっているという。

ルックスはファニーだが、しっかりしたバックボーン支えられ、第1弾のガンナー50が日本上陸以来注目を浴びており、ユーザーの要望から原付二種のガンナー100も登場。そして2022年、縦型125ccエンジンを搭載したシリーズ最高峰の「ガンナー125」が誕生し、モーターサイクルショーに合わせて日本に上陸した。

もちろん縦型エンジンは大きなトピックだが、ガンナー125の目玉は「タンデム可能」なこと。50/100より一皮大きくなった大砲(フレーム)にロングシートとピリオンステップを装備。ますますダックスのライバルとしての存在感を強めた、といえるだろう。

フェニックス ガンナー 125

フェニックス ガンナー 125[PHOENIX GUNNER 125] [写真タップで拡大]

PHOENIX GUNNER 125[2022 model]

主要諸元■全長1770 全幅720 全高1070 軸距1200(各mm) 車重105kg■空冷4ストローク単気筒SOHC 124cc 変速機5段リターン 燃料タンク5.5L■タイヤサイズF=100/90-12 R=120/70-12 ●価格:36万800円 ●色:黄、赤 ●発売時期:2022年夏頃

125は縦型エンジンを搭載!

フェニックス ガンナー 125 エンジン
フェニックス ガンナー 125 エンジン

新たに採用された縦型エンジンはボア×ストローク56.5×49.5mmの124cc。燃料供給はいまや希少なキャブレター! エンジン始動はセルモーター/キック併用式だ。50&100は4速だが、125は5速ミッションを装備する。ちなみにホンダのダックスは横型エンジンだが、元祖ダックスの時代には派生モデルとしてCB50系の縦型エンジンを積んだノーティダックスがラインナップされたこともあった。 [写真タップで拡大]

フェニックス ガンナー 125 テールランプ
フェニックス ガンナー 125 ヘッドライト

ヘッドランプはガンナーのトップモデルだけにLEDライトを装備。テールランプも筒型の車体にピッタリ収まる丸型。車体右下の銀色の筒はエアクリーナーケースだ。 [写真タップで拡大]

フェニックス ガンナー 125 シート
フェニックス ガンナー 125 ステップ

ロングシートとピリオンステップを装備して、ガンナーで初のタンデム可能モデルとなった。車体左側の銀色の筒は電装パーツが収まり、小物も収納できる。 [写真タップで拡大]

フェニックス ガンナー 125 メーター
フェニックス ガンナー 125 マフラー

タコメーターは今や希少になりつつあるアナログ式をあえて採用し、スピードは下部の液晶に表示。マフラーは50/100と異なり、排気量の増加に対応して大型のテーパーメガホンを装備。 [写真タップで拡大]

フェニックス ガンナー 125 後輪
フェニックス ガンナー 125 前輪

12インチの小径タイヤやブレーキ類は50/100と基本的に同じだが、フロントフォークは異なる。 [写真タップで拡大]

懐中電灯っぽい50と100も健在だ!

2021年のガンナー50日本上陸と同時に、マニアの心を掴んで離さないバズーカ砲の様なルックス。燃料タンクを内蔵した筒状のメインフレームから伸びたダブルクレードルに、スーパーカブ系をモチーフとする空冷横型エンジンを抱く。そしてガンナー50ユーザーや予備軍からの強い要望に応え、排気量をアップした原付2種のガンナー100が登場した。

フェニックス ガンナー 50 100

手前の青がガンナー50で奥の白がガンナー100。車名ロゴの数字の他は、サイズもルックスも同一だ。 [写真タップで拡大]

PHOENIX GUNNER 50/100[2022 model]

主要諸元■全長1670 全幅690 全高1270 軸距1150 シート高802(各mm) 車重80kg■空冷4ストローク単気筒SOHC 49cc[97.2cc] 3.3ps/8000rpm[-] 0.30kg-m/7500rpm[-] 変速機4段リターン 燃料タンク3.5L■ブレーキF=φ220mm ディスク R=φ190mmディスク タイヤサイズF=100/90-12 R=120/70-12 ●価格:26万1800円[29万4800円] ●色:黄、赤、白、黒、青、緑 ●発売中 ※[ ]内はGUNNER 100

GPXも進化が止まらない!

GPX Demon GR200R

月木レーシングが母体のGPXジャパンが輸入するタイのGPXも多数を出品。ネオクラシックやコミューター等もラインナップし、もっともスポーティなモデルが写真のDemon GR200Rだ。198ccの水冷単気筒エンジンは、従来モデルの2バルブから新型では4バルブに進化してパワーもトルクもアップ。ワンメイクレースも開催される、本格スポーツマシンだ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームホンダ新型「スーパーカブ110」登場! 新エンジン&足まわり強化、カラーバリエーションはほぼ継続
WEBヤングマシン|新車バイクニュース