チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

1983年の激闘、1985年のダブルタイトルの裏にあったものとは

目標額の250%を突破! フレディ・スペンサーの自叙伝「FEEL My Story」クラファンで日本語版を発売

ウィック・ビジュアル・ビューロウは、2017年にアメリカで出版されたフレディ・スペンサー初の自叙伝「FEEL My Story」の日本語版を、クラウドファンディングで出版すると発表した。マクアケだけの早割販売は1月30日までだ!

世界グランプリ250&500ダブルタイトル獲得の偉業と、葛藤する人生

MotoGPの公式DVDなどで知られるウィック・ビジュアル・ビューロウは、1980年代に天才と呼ばれ、21歳258日で500ccクラスを制覇したフレディ・スペンサーの自叙伝を翻訳し、日本語版として発売する。出版不況と言われるこの時代に、クラウドファンディング「Makuake」を利用して読者の手元に届けるという、新しいチャレンジだ。

フレディ・スペンサーが初めて自分のことを綴ったという自叙伝「FEEL My Story」の日本語版制作はすでに佳境に入っており、年始にはじまったプロジェクトはスタート5日目で目標額100万円を達成。そして残り2日となった1月28日時点では、目標額の250%を突破している。とはいうものの、フレディにしっかりとギャラを支払うにはまだまだ不十分だろう。

ストーリーはこれまで語られなかったフレディの少年時代、世界の頂点、離婚、そして現在のプライベートを明らかにするもので、なかでも1983年から1985年にかけてのストーリーは、グイグイと引き込まれていくのだという。

日本製のバイク、ホンダを駆り、
世界グランプリ・ロードレースに参戦。

1983年に500ccクラスを制覇。
21才258日の史上最年少記録は30年間破られていない。

1985年には250cc&500ccのダブルタイトルを獲得。
その記録は36年経った今でも破られていない。

ライダーとして頂点まで登り詰め、
順風満帆にも見える人生。

本当に順風満帆だったのか。

アメリカ南部育ちのフレディ少年がバイクと出会う前
そして出会ってからの人生。
実は彼は人生において葛藤を抱えていた。

そんなすべてが明かされたフレディ・スペンサー初の自叙伝の
日本語版制作のプロジェクトです。

――「FEEL My Story」自叙伝日本語版制作PROJECTより――

フレディ・スペンサーが人生を書き綴った、初の自叙伝を日本のファンに読んで欲しい。そんな想いで立ち上げられたプロジェクトを、ぜひ応援したい。

書籍はMakuake限定割引価格(10%OFF)で1980円、そして書籍+Tシャツ(6600円)、書籍+お名前紙面掲載(7700円)、書籍+Tシャツ+マグカップ+アクリルフィギュアスタンド(8800円)、書籍+フレディ直筆サイン入り(1万1000円)などがラインナップされる(超早割は終了済)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウは、1990年の設立よりMotoGP公式DVD、鈴鹿8体、マン島TTといったレースのDVDを数多く制作してきた。また、二輪メーカーのプロモーション映像制作や書籍の販売も手掛けてきた。バレンティーノ・ロッシの書籍「The 500ccワールドチャンピオン」「MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック」などは読んだことのある方もいるのでは?

今回のプロジェクトは、同社にとってもチャレンジだ。書籍は2022年3月末までにお手元に届く予定となっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームKTCのおすすめ工具×4選【耐久性が高く視認性に優れるゴールド仕様の限定ラチェットetc.】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース