カワサキモータースジャパンが新チーム立ち上げ

カワサキプラザ レーシングチームが岩戸亮介を起用、全日本選手権ST1000/鈴鹿8耐SSTに参戦

カワサキモータースジャパンは、新たに「Kawasaki Plaza Racing Team」を立ちあげ、2022年シーズンの全日本選手権ST1000クラスおよび鈴鹿8時間耐久レースSSTクラスに参戦することを発表した。チーム監督は西嶋修氏、ライダーは岩戸亮介選手、マシンはもちろん2022年モデルのニンジャZX-10Rだ。

西島 修 監督 [写真タップで拡大]

西嶋修監督のコメント

「変わりゆくモータリゼーションの中で、モーターサイクルに関心を持つ方は年々増えています。だからこそ日本中にいるカワサキファン、カワサキユーザーの皆さんが、全国のカワサキプラザ店を通じモータースポーツの面白さ、モーターサイクルの楽しさを共感できるチーム作りをしたいと思っています。

また同時に一歩ずつではありますが勝てる体制作り、ライダーがレースに集中できる環境作りにも取り組みカワサキファンの皆さんに応援して頂ける様に全力で頑張りたいと思います。」

岩戸 亮介 選手 [写真タップで拡大]

岩戸亮介選手のコメント

「2022シーズンは3年ぶりの全日本選手権フル参戦を、Kawasaki Plaza Racing Teamという素晴らしい体制で実現していただきました。関係された方々には大変感謝しております。

約2年間コロナ禍によりレース活動が上手く進められない期間中、トレーニングを必死に続けてきました。今シーズンはその成果を活かし、まずはKawasakiのマシンを表彰台の中央へ、そしてこの大きなチャンスをしっかりシリーズチャンピオンという最高の結果にする為に、一生懸命取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願い致します!」


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム【モトクロnetレポート】溝口哲也選手が実感した現在の全日本
WEBヤングマシン|新車バイクニュース