トライアンフ ストリートスクランブラー試乗インプレッション【おおらかでクラシカルな世界観に没入】

トライアンフ ストリートスクランブラー

トライアンフ ボンネビルT100の派生車である「ストリートスクランブラー」に試乗した。ボンネビルT100は’21年にユーロ5に対応しつつ55→65psとなったが、こちらは’19年にひと足早く同様のメニューを実施しており、’21年モデルは小変更のみ。ボンネビルT100とは異なるフロント19インチの走りやいかに?

●まとめ:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:トライアンフ

’21 トライアンフ ストリートスクランブラー

トライアンフ ストリートスクランブラー

【’21 TRIUMPH STREET SCRAMBLER】■全高1180 軸距1445 シート高790(各mm) 車重223kg ■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ900cc 65ps[47.8kW]/7250rpm 8.1kg-m[80Nm]/3250rpm変速機5段 燃料タンク容量12L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク■タイヤサイズF=100/90-19 R=150/70R17 ●色:黒 灰1 灰2 ●価格:131万円~ [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー

【ユーロ5適合エンジン搭載&各部をブラッシュアップ】’19年に55→65ps化されているので’21年は小変更のみ。ヘッドライトステーやスロットルボディカバーの意匠が変更され、左サイドカバーはアルミ製のナンバーボード付きに。フロントキャリパーは’19年からブレンボだ。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー|ライディングポジション

シート高は790mm。右側のエキゾーストパイプにより左右で足着き性が異なるが、それでも良好な部類だ。ライディングポジション全体のバランスも良し。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー リミテッドエディション

【’21 TRIUMPH STREET SCRAMBLER SANDSTORM LIMITED EDITION】マットストームグレーの特別色をまとった限定車。世界775台限定生産で、うち50台が日本に入荷される。フロントのアップフェンダー/リヤのフェンダーレスキット/アルミ製アンダーガード/ヘッドライトグリル/コンパクトなLEDテールランプなどを採用する。●価格:139万円 [写真タップで拡大]

[◯] 大きなピッチングからバンク主体で旋回する

エンジンや車体など主要部分は共通のまま、構成パーツを変えることで多機種を展開するトライアンフのモダンクラシックシリーズ。以前試乗したボンネビルT100と今回のストリートスクランブラーとの違いは、主にフロントホイール径とマフラーのレイアウト、そしてライディングポジションの3点に集約される。いずれも往年のオフ車の外観に近付けるための大切な要素だが、実は走りまでスクランブラー的に変化していた。

ボンネビルT100の18インチから19インチへと1サイズ大径化されたフロントホイールと右2本出しアップマフラーによる高重心化、そしてハンドルとステップ位置の変更でアップライトになったライディングポジションにより、発生するピッチングはボンネビルT100よりも大きめだ。さらに舵角の付き方も穏やかなので、バンク角主体で大らかに向きを変えるハンドリングとなっている。これに対してボンネビルT100は素直に旋回するオンロードモデル的な特性であり、見た目だけでなく走りまで差別化を図っているのだ。

エンジンは900ccの水冷並列2気筒で、最高出力と最大トルクの発生回転数がわずかに異なるが、ほぼ共通と言っていい。ミドルクラス以上のパラツインの多くが270度位相クランクを採用し、このエンジンもその例に漏れないのだが、特にスムーズな回転上昇の中に混じる味わい深い鼓動感は、唯一無二と断言できる。ライディングモードはロード/レイン/オフロードがあり、オフロードにするとABSとトラクションコントロールがカットされる。ロードモードでもレスポンスは鋭すぎず、市街地から高速道路まで特に不満なく扱えた。

ブレーキは、’19年モデルでフロントキャリパーがニッシンからブレンボに変更されており、’21年型もこれを継続する。入力初期からコントローラブルで、シングルディスクながら十分な絶対制動力を発揮する。リヤキャリパーは初出の’17年型からニッシン製で、これも微速域から扱いやすく、ABSの介入も適切だ。

個人的に空冷時代から好きだったスクランブラー。その最新モデルはさらに味わい深く進化していた。

トライアンフ ストリートスクランブラー|エンジン
[写真タップで拡大]

【空冷のルックスを追求した水冷パラツイン】触媒ボックスを巧みに隠した右2本出しアップマフラーは、エキゾーストパイプ、サイレンサーともステンレス製だ。900ccの水冷SOHC4バルブ並列2気筒は270度位相クランクを採用。3250rpmという低い回転数で最大トルク8.1kg -mを発揮。

トライアンフ ストリートスクランブラー|サスペンション|ホイール|タイヤ
トライアンフ ストリートスクランブラー|サスペンション|ホイール|タイヤ

KYB製φ41mmカートリッジ式フォークとプリロード調整可能なリヤショックは、ともにホイールトラベル量120mm。ホイールはフロント19インチ/リヤ17インチで、標準装着タイヤはメッツラー・ツアランスだ。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー|ヘッドライト|ウインカー
トライアンフ ストリートスクランブラー|テールランプ|ウインカー

ヘッドライトステーは’21年モデルで新デザインに。ヘッドライトはマルチリフレクター+フィラメント球で、前後ウインカーはクリアレンズを選択。テールランプはLEDだがクラシカルな雰囲気が漂う。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー|テーパードハンドルバー
トライアンフ ストリートスクランブラー|メーター

【回転計を省略したシンプルなメーター】幅が広くてグリップ位置の高いテーパードハンドルバーを採用。ライディングモードはロード/レイン/オフロードがあり、オフロードではABSとトラクションコントロールがキャンセルされる。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー|燃料タンク
トライアンフ ストリートスクランブラー|シート

燃料タンク容量は公称12Lで、ニーグリップしやすい形状だ。シートは前後別体式で、’21年モデルでは質感の高い表皮に変更されている。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートスクランブラー|ステップバー
[写真タップで拡大]

ステップバーは兄弟車のストリートツインよりも前寄りにある。ラバーを外すとオフロードブーツに対応した形状に。

[△] シリーズ共通の熱さ。特に暑い日は気になる

ダウンマフラーのT100でも感じる足の熱さ。ストリートスクランブラーはアップマフラーなのでそれがより顕著に。暑い日ほど覚悟は必要だろう。それと、タコメーターがないのも気になるところ。純正アクセサリー群の中にも見当たらず。

[こんな人におすすめ] 全身コーデでカッコよく乗ってほしい

ネオクラシックの中でも確立された感のある”スクランブラー”というジャンル。トライアンフはスタイリングだけでなく走りでも差別化を図っており、そこに感心した次第。クラシカルなコーディネートでこの世界観に没頭してほしい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報