カワサキW800ヒストリー|モーサイ

登場から10年【カワサキW800誕生ストーリー】 開発者に聞いた「空冷・クラシックテイストへのこだわり」

●レポート:縞田行雄/阪本一史 ●写真:久住伸之/カワサキ/八重洲出版 ●編集:上野茂岐(モーサイ編集部

W650の後継として、2011年に登場したW800

1999年のW650登場からは20年以上、この後、2011年に登場したW800となってからも10年を経過したカワサキWシリーズ。

年々厳しくなる排出ガス規制の影響で2016年には一度生産終了となるものの(こちらを当記事では表記上「初代W800」とする)、2019年には核となる空冷バーチカルツインをより進化させて再登場(こちらを「2代目W800」とする)、欧州の最新排出ガス規制「ユーロ5」もクリアさせた。

ライバルに比肩する排気量での動力性能の確保、フレームと足まわりの性能向上も果たしており、世界的なネオクラシックカテゴリーの人気にも対応してきた。

また2019年に再登場した現行モデル(2代目)はアシスト&スリッパークラッチやLED灯火類など現代的な装備も投入。3種類のバリエーションを展開する。
アップハンドルの装備に加えソリッドなデザインをまとったフロント18インチ仕様の「W800ストリート」、スポーティなローハンドル+カフェレーサー風シート+ミニカウルを装備したフロント18インチ仕様の「W800カフェ」、2020年に追加されたフロント19インチホイールのクラシカルな「W800」である。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報