教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】頻繁に立ちゴケ……を回避したい!

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●イラスト:藤原らんか ●写真:長谷川徹

A.停車寸前の身構えを常に意識しよう

乗り始めた頃には誰も経験する苦い思い出のひとつ。それが立ちゴケですね。

いまだにボクも、たまにしてしまうこともあります。大事な愛車を傷つけてしまう情けなさで意気消沈。よく分かります。

スーパースポーツのように、特にシート高があり、ハンドルが幅狭く低い位置にあると、バランスを崩したときに支える術もなく、あえなくバタンとやってしまいがちです。

まずお聞きしたいのが、バイクに慣れていないのに、足が地面に届きにくくはありませんか?

両足が踵までベッタリ地面に着いてバイクを支えられていれば、当然ですが立ちゴケする確率は低くなります。でもつま先がようやく届く状態だったら、しかも真下に降ろしてわずかに届く状態だとしたら……、不安は募るばかりですよネ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報